LED

2013年10月24日

LED専門ページ立ち上げました。


画像1


http://led-yoshida.com/

この度蟲氾津店ではLED専用ページを立ち上げました。

大手の店舗や事務所ではなく、住宅、店舗、中小企業の倉庫、工場
事務所などのお客様に提案していければと思っております。

マンション、アパートの共用部なども引き続き提案していきたいです。

LED照明の需要はまだまだあり、設置を検討されてるお客様が
いらっしゃると思います。

当社の特徴は提案、契約工事まで全て自社で行ます。
(協力会社にお願いする場合でも担当者が付きます。)

又、メーカー保証5年間、ローン支払いなどもクレジット会社を通じて、
行っております。

今年6月の記事ですが、LEDに関する記事を掲載します。
http://www.group.fuji-keizai.co.jp/mgz/mg1306/1306b1.html
この記事だと急拡大とはいきませんが、安定していく市場だと言えるでしょう。

「家は小口だから相談しにくい」などとお考えの方はいませんか?

まずは吉田電工のメール、電話、FAXでもいいのでお気軽にご相談下さい。

事前に本数や種類、1日の点灯時間など解れば見積と設備償却期間
を算定します。

設備償却期間は3年から7年位で算定可能かと思います。

何卒よろしくお願いします。


yosidadenkou at 11:46|PermalinkComments(0)

2013年03月02日

スマートエネルギーWeek2013

画像1

昨日はお客様からスマートエネルギーWeek2013の無料券を頂き、
有明ビッグサイトまで行ってきました。

画像2

水素・燃料電池 太陽光電池 太陽光発電システム施工 風力発電 スマートグリッド エコハウス
LEDなど国内、海外を問わず各メーカーが勢ぞろいしてブースを出してました。

画像3

電気屋なので、一番初めに行ったのはネグロス電工さんです。

展示会のブースにネグロスがあると必ず行きます。

なぜか落ち着くのは、電気屋ならみんな一緒でしょう。

画像4

画像5

画像8

今回は太陽光発電の施工金物や工具関係などを中心に見てきました。

メガソーラーバブルが起こっている中施工面での効率をいかに上げるかで、
各メーカー様々な取り組みをしていました。

例えば、マンションなどの陸屋根に基礎コンクリートを打設しないで、水のタンクを
入れてそれを基礎代わりにして、モジュールパネルを設置する工法。

画像7

こちらのブースでは足場の単管パイプでモジュール用の架台を作り、
工期と単価を圧縮する工法。

住宅屋根用の太陽光発電では、屋根に穴をあけずに取付金物をあける工法

住宅屋根ようの足場材や、荷揚げ工具など。

イノベーションのスピードにびっくりした展示会でした。

メガソーラーに関しては、投資目的の施主さん側を考慮して基礎を作らずに、
単管パイプや杭などを地中に直接打ち込み、設備投資が償却次第撤去転用が
可能な土地活用を考えた工法が主流になってきているようです。

これも、全量買い取り制度が実施された効果が出たのでしょう。

他にも見たいブースがたくさんありましたが、時間も限られており全部を見ることはでき
無かったですが、工期圧縮と低コストをテーマに各メーカー取り組んでいるようです。

それとLEDなどの省エネ照明もいくつかありました、こちらはすぐに提案出来そうな
物もあったので、さっそく準備したいです。

カタログも一杯もって帰ってきたので、内容を精査して提案できるように準備をしたいと
思います。


yosidadenkou at 08:05|PermalinkComments(0)

2012年01月13日

ガソリンスタンドではセラミックメタルハライドランプをお勧めします。

省エネ水銀灯取付3

















以前仕事をさせてもらった、ガソリンスタンドのランプと安定器交換現場の写真です。

以前こちらのお客様は、400Wの水銀灯を使用されてました。

年数も経ち、節電対策も兼ねて「水銀灯のリニューアルを」との依頼から、
蟲氾津店でGSユアサで販売してる、「セラミックハライドランプ230W型」を提案させて貰い、
OKを頂いて施行させて貰いました。

工事は高所作業車をリースして、一日で完成しました。

省エネ安定器交換1

400Wから230Wに消費電力は下がりますが、照度は同等レベルとなっているので、
43%の省エネとなってます。

こちらのスタンドは一日平均3時間位の点灯ですが、設備償却期間は5年前後となってます。

配線は既設を再使用するので、再使用に支障がないか絶縁検査を行い施工を行います。

自分のブログを見た方で、LED化や省エネ設備機器交換工事を行う場合は、
既設配管、電線、スイッチなどを再使用する場合が多いので、使う事に支障が無いか
施行業者に確認をしてもらうように必ず依頼をして下さい。

LED化工事や、水銀灯の省エネ型導入を検討されている方は蟲氾津店まで、
お気軽に御相談を下さい。

yosidadenkou at 14:49|PermalinkComments(2)

2011年12月02日

笹目川イルミネーション昼間と夜

笹目川イルミネーション昼間6






























笹目川イルミネーション昼間2

笹目川イルミネーション昼間4

笹目川イルミネーション昼間3

戸田市美笹(みささ)商店会様が、昨年から開始をした笹目川イルミネーションです。

蟲氾津店では、仮設の引込工事を担当させて貰いました。

こちらのイルミネーションは、桜の木を起点にして笹目川を横断する形で、LEDライトを
扇状に張っています。

イルミネーションの計画と購入、飾り付けは商店会の方が昨年に引き続き、施行されました。

会長様が若くて、センスもある方なので自分たちで飾り付けをするのを、可能にしてます。

笹目川イルミネーション2

笹目川イルミネーション1

夜になると、このようなイルミネーションになります。

今年は、場所を離さず一か所に集めてイルミネーションを張り出してます。

笹目川イルミネーション3

笹目川イルミネーション4

笹目川イルミネーション5

笹目川イルミネーション6

笹目川冬の風物詩として、ずっと続くといいですね。


yosidadenkou at 19:34|PermalinkComments(0)

2011年12月01日

LED工事は吉田電工へ 

LEDダウンライト取付3

LEDダウンライト取付1

LEDダウンライト取付2

最近LED工事を施行させて頂いた現場を紹介します。

この建物は、共同住宅で既設ダウンライトをLED化する工事でした。

既設ダウンライトが27Wの蛍光灯を使用していて、今回リニューアルしたのがLED照明の
9Wタイプなので、電気量は3分の1となります。

又、寿命が40,000時間となっていて、ランプ交換の手間も3分の1となり、
維持管理人件費も圧縮出来ます。

マンションなどの共同住宅のエレベーターホールでは、終日電気を点灯している建物も
多いので、費用対効果は出やすいです。

吉田電工では、LED導入時のイニシャルコストと導入後のランニングコストを計算して、
お客様に見積書提出します。

共同住宅の管理組合の方でも、お気軽にご相談をお願いします。


yosidadenkou at 22:14|PermalinkComments(0)

2011年10月06日

戸田市暮らし便利帳

IMG_6748






























戸田市が今年から始めた新しい試みの一つ、「戸田市暮らしの便利帳」です。

これは、戸田市内6万世帯に配布されて、行政の案内、生活していく中で
役所に対して行う、手続きの案内。

病院、観光、歴史、祭り、TOCOバス案内など内容もかなり充実した生活ガイドマップです。

各ページには、案内だけでなく戸田市内の企業、商店、病院などの医療関係、教育関係などが
それぞれに広告を出してます。

IMG_1239

蟲氾津店も113ページにある、エコリフォームのコーナーに太陽光発電とLED関係
の宣伝を中心にしたコーナーを掲載しました。

IMG_1260

写真は戸田市文化会館と、実家の太陽光パネルの写真です。

この本なら、皆さん捨てずに取っておいて目にも止まると思うので、
ご相談が増えていけばと思います。



yosidadenkou at 21:54|PermalinkComments(0)

2011年07月29日

店舗のダウンライトをLEDに交換しませんか?

電球色LEDダウンライト2

夏本番になり、節電対策を家庭、企業、商店などで実施をされています。

商店などでは、節電対策では照明のLED化などが、節電対策ではかなり有効です。

こちらの店舗では、既設のダウンライトはミニハロゲンの100Wを使用していました。

オーナー様から、節電対策で照明器具のLED化を依頼されて、照明器具の交換をさせて頂きました。

既設ランプが100WでLEDのダウンライトの消費電力が13Wなので、
87%の節電となりました。(照度は同レベルです。)

電球色LEDダウンライト1

ハロゲンランプからLEDに変わった事により、電球から発せられる熱量も少なくなり、
店舗のエアコンの使用代も、かなり削減されたようです。

こちらでは、工事料金も含めた金額を3年掛からずに回収可能との試算も出ました。

LEDの電球タイプを取り付けても、節電効果はありますが、ランプ口金の問題そして
デザイン性なども、考慮して検討する事をお勧めします。

蟲氾津店では、LED化工事の見積依頼を受けた場合は

 1.現地調査 
 
 2.見積と設備償却期間の試算 
 
 3. 照明器具カタログ提出

を必ずしてから、契約・工事を行います。

パターンによって違いが出ますが、店舗系ならば3年から5年の間での設備償却
事務所などの蛍光灯などでは、7年から10年位で設備償却が可能ならば、
お客様に導入をお勧めしています。

省エネ設備を導入する場合は、設置をして何年位で償却出来るかを、
業者に必ず確認をして下さい。







yosidadenkou at 08:38|PermalinkComments(0)

2011年04月21日

LED照明の需要が伸びています。

IMG_0606[1]






















今朝の日経新聞の一面からですが、LED照明器具の需要が大幅に伸びているようです。

大手メーカーでは、パナソニック、東芝、NEC、三菱電機などが有名ですが、リコーも参戦するようです。

LEDは大手メーカーだけでなく、中小企業も数多く制作販売しており、
製品に対する信頼性が選ばれる重要性になっています。

店舗などのダウンライトのリニューアルでは、ダイコー電機が値段も安く品質がいいので、お勧めです。

吉田電工でも、何度かLED照明器具交換工事は経験済みなので、
イニシャルコストとランニングコストを計算した、提案書の作成による、
見積提出が可能となっています。

LEDの課題は電球からのリニューアルの場合、費用対効果がかなり大きいですが、
蛍光灯からのリニューアルだと、償却期間がかなり掛かるので、そこが普及への鍵となります。

自分がツイッターに以前書きましたが、外灯を全てLEDに変えていけば、
かなりの節電効果が期待出来ます。

今回の震災で一から外灯を付ける所は、全てLEDにしてもらい街作りのモデルに
して頂ければと思います。

蛍光灯部門のLED化に大手企業が本格的に参入すると、 中小企業のシェアがかなり
奪われて行く心配があります。

吉田電工でも、LEDの工事部門を売上のベースになるように、力を入れていきたいです。





yosidadenkou at 20:09|PermalinkComments(0)

2009年11月21日

省エネ設備補助金制度

a0222e9d.jpg

e24831f9.jpg

今朝の日経新聞埼玉版に出ていましたが、首都圏企業ではLEDや太陽光発電などの省エネ設備導入が急ピッチで行われているようです。

大手企業が中心だと思われますが、資金力のある所は省エネ設備採用が速いようです。

吉田電工でもこれから力をいれて行きたい分野ですね。

一方埼玉県の補正予算で行われている、中小企業向け省エネ設備補助金の執行状況についての記事がありました。

8月から、総予算6億円でスタートしていますが、まだ全体の3割も満たない利用状況だそうです。

省エネ設備だと、店舗などではLED照明を採用した場合に、全体の2割の補助が受けれます。

年度末ギリギリまで、利用出来そうなので興味のある方は弊社まで連絡を下さい。



yosidadenkou at 17:09|PermalinkComments(0)