電気工事

2020年05月26日

固定費を確保しよう

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言も昨日解除になりました。徐々に経済も再開されますが通常のように戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。

当社も今月末で決算となり来季に向けて経営指針書つくりの真っ最中です。
来期のスローガンを決め行動目標を作っていきます。

最近会社のお金を考えたときに「固定費の確保」が財務安定、黒字経営を継続するのに重要だと改めて学んでおります。(まあ当たり前のことですが)

固定費には
1.人件費 
2.家賃などの賃借料 
3.福利厚生費 
4.リース代 
5.保険代 
6.税理士社労士の顧問料 
7.退職金 
8.確定拠出年金の会社負担分
9.借入金の利息
10.その他
などがあげられます

新型コロナウイルス発生後感染対策 各社資金繰りに動く中私はまず。
1.会社の現金(普通預金 定期預金)がいくらあるか再度確認
2.固定費が一年間いくらかかるか再度試算
3.緊急の借り入れが必要か判断
4.借り入れをする場合は繰り上げ返済が可能な借入金
と順番を決めて動きました。

企業は売り上げから変動費(材料費 外注費 燃料費 仕掛金の差異)を引いて固定費に当てます。
固定費から出た利益で賞与を払い、法人税を払い借入金を返済します。

毎月の固定費が確保出来るかが永続的に発展できるかのカギです。

工事会社の場合は売り上げのなかに必ず変動費が含まれます。この変動費で利益を大きくするレバレッジをかけれるかが重要です。現場内でコストダウンも図り工具や段取りをよくして生産性を上げるなど、やる事はたくさんありますが一つ一つ解決する積み重ねで大きな成果が生まれます。

一人で作業をするより数人で作業をする方が出来高か大きいです。
社内で出来ないことを外部に委託をして施工してもらえれば出来高は上がります。
受注現場で支給の材料を減らせば1件当たりの受注高は上がります。

顧客にいかに高い価値を与える事が出来るかで価格は決まります。
今後競合他社の研究も怠らず弱みを克服して価値に変える企業つくりをして行きます。

外出を控える中考えたり調べたりする時間が増えて計画を立てやすく社内に解りやすく説明することが出来そうです。

あーでも出かけてないから経済を回してはないなあ。自分の支払いは相手の所得です。これも忘れずに自分だけが良ければいいという考え方にならないようにします。

それではまた。
 


yosidadenkou at 10:43|PermalinkComments(0)

2020年05月05日

手仕事の強み

皆さんこんにちは新型コロナウイルスの対応で各事業者の皆さん大変だと思います。

  いかなる環境におかれても「経営を維持発展させていく」取り組みをFacebook  ブログ You tubeなどでみており私自身も元気をいただいております。

現在「テレワーク」で在宅勤務をしている人、会議もアプリを使った「テレビ会議」が増えていっております。コロナが終息してもこの波は変わらないでしょう。

「テレワーク」や「テレビ会議」が増えると何が起こって行くのか考えてみました。

 

1.大きい事務所などが必要なくなる(今、計画中の新築大型物件を見直す動きが出ます)

2.貸し会議室などの需要が減る

3.テレワークが増えると、都内で住むより地方に住む人が増える(地域経済は発展する)

4.大型マンションなどの需要が減る(わざわざ家賃や分譲価格が高い所に住む人が減りそう)

5.駅前の飲食店より住宅地の飲食店が繁盛する(朝・昼は家で、夕飯を外食で)

6.景気後退により投資案件(マンション・アパート・テナント)などの件数が減る
7.テレビ会議室やライティングを工夫した部屋作りの提案が必要になる。
8.書斎付きの家に住みたい人が増える

などなど、人の価値観がここ数か月で大きく変わって来ています。当社にも少しずつ影響が出ます。受注案件も変わって行くでしょう。

 

例えば…

1)公共工事・インフラ整備関係の工事

2)在宅が増える事による法人顧客の設備投資案件(食品・生活必需品)

3)電気通信業

4)在宅でのセキュリティー対策工事

5)既存オフィスのリニューアル(新しい需要に向けて貸し出す方法を変える)

6)物流関係設備の仕事

 

当社の現場仕事はテレワークでは出来ないです。ここで、テレワークは誰にでも専門性が出ずらい仕事なのではと考えてました。

当社の行う「技術力」「人間力」を前面にだした“手仕事”“現場の最前線での仕事”は、これからも需要があります。技術職は覚えるまでに時間が掛かりますが、覚えれば「一生の力」です。それを束ねる組織体は「社会やお客様から高い評価」を得ます。今まで以上に新しい仕事にも取り組んで行き、技術力を強化して、「同業他社から一歩抜き出た会社」を目指します。

こんなことを妄想して実現に向けて新しい期をスタートします。

代表取締役 吉田雄亮



yosidadenkou at 12:02|PermalinkComments(0)

2019年11月06日

ベトナムハノイ視察


皆さんおはようございます!
気温が下がり朝布団から出るのをもう少し長くしたい季節となって来ました。111日〜115日までベトナムハノイに行って来ました。以前からベトナム進出をしているお客様の会社を視察したいと仲間の経営者と話していましたが、今回やっと実現しました。

初日から3日間は観光やゴルフなどを行いました。現地法人さんの代表と

交流を深める事により、関係性の強化も同時に行うのも旅の目的です。又日本から同行した協力会社の代表者、お客様の入社10年以上の社員さんとも色々話をしてみたかったです。仕事以外で他社の社員さんのお話を聞く機会は少ないです。

IMG_3601

 

IMG_3604

 

ベトナムハノイで現地法人を立ち上げ8年がたつそうです、現在は日本人スタッフだけでなく現地の人も採用してました。その中の二人のベトナム人は日本で一定期間研修をして現地法人で働いて貰っているそうです。

日本で人材育成を行い、現地で法人会社を設立し日本のビジネスモデルを輸出する。実際には考え方の違いやお客様の意向、働く人の意識などで上手く進まない事もあると聞きました。現在は現地中小企業向けに新しいサービスを展開する為に、開発を進めているそうです。


お客様現地法人視察後に国内大手計装会社の現場を見て来ました。ベトナムでは自動制御だけでなく設備、電気、弱電、計装を全て発注するスタイルだそうです。今回の上記のような受注で設備、電気、弱電などは現地の会社に発注をしてました。

IMG_3606

IMG_3608

建築の運搬用エレベーターです。日本では建物に向かって平行ですが羽だし垂直に取り付けてます。建物本体柱スラブは鉄筋コンクリートで界壁などの間仕切りはレンガを使ってました。躯体構造も日本よりは質素です。

ベトナムは地震が無いので耐震基準も低いので、柱なども細い作りでした。現在建築ラッシュで高度成長期の日本もこんな感じだったのかなあと思います。

 IMG_3609

IMG_3612 (1)

IMG_3613

IMG_3614


天井裏はありますが塩ビ配管をしてIV線の施工でした、共用廊下は共通ダクトを使ってます。

又壁のボックスはレンガを斫り配管とボックスを埋めています。

IMG_3623

 

ボックスの塗代は正方形でしたやはり各国で基準があります

配線器具も長方形ではなく正方形でした仕上げはすっきりとしたデザインでした。

 

IMG_3619

IMG_3620

現地の電気工事屋さんですダクト内の配線工事を行ってました。腰道具はしてなかったです、脚立のデザインも日本とは違いますね。

電工さんの1か月の給与は日本よりかなり抑えられてます。現場作業より現場管理の人はもう少し待遇が良いと聞きました。

日本で電気工事を覚えて国内の電工さんや代理人より高い技術で良い給与がもらえるような、「日本育ち電気屋ブランド」のようなものが出来れば、多くの外国の若者が日本で働きにきてくれて「人手不足」の解消になると思います。現場の安全面は日本の方が上でした各国でお客様の求める物が違ってきます。いかにニーズに合わせて高い評価を得るか企業として価値の提供が高くなる事により良い金額で受注が出来ます。

 IMG_3632

 

IMG_3660

 

海外に行くと食事 考え方 物価など様々な事の違いが解ります。自分自身を見つめ直す良い機会です。今後年に1回か2回は行くようにしたいです。

 

                                代表取締役 吉田雄亮

yosidadenkou at 10:26|PermalinkComments(0)

2012年11月02日

行先表示も重要です。

集中リモコンプルボックス行き先表示

















こちらの写真は以前役所の現場での竣工写真です。

プルボックス内のケーブルに行先表示がついてます。

行先表示は、電線がどこの分電盤からどこの負荷(コンセント、照明、エアコンなど)
に行ってるかを表す物です。

表示があれば、改修工事の場合に調査がしやすく、誤って電線を切るなどの
事故を防ぐ確率が上がっていきます。

施工の際は、あとから工事をやる人がでどれだけ施工し易かったり、調査しやすい
なども考えるとお客様への信頼も増えますね。

株式会社 吉田電工 URL
http://www.yosida-denkou.co.jp/

株式会社 吉田電工 facebookページ
http://www.facebook.com/yosidadenkou


yosidadenkou at 17:05|PermalinkComments(0)

2012年03月01日

ベテラン健在

IMG_8545

蟲氾津店では社員だけでは受注現場をこなしきれないので、協力会社に仕事をお願いしてます。

写真の現場ではケーブルラック工事を行ってます。

2名の方とも大ベテランで、困った時にはいつも頼りにしてる社長さんです。

自分は良く「工事の業界は前例主義が強い」と社員に話をしていますが、こちらの社長さん
は「前例主義の手本」として、仕事をしながら若い人たちに伝えていってます。

この日の作業中自分が少し手伝おうすると、ベテラン二人に「大丈夫だから」と言われてしまい、
最近現場作業が減ってる自分の動きでは、頼りなかったようです。

今建築業界では、若い人の力が不足してこちらの社長さんのような人たちの力が、多分に必要な
時代になってきてます。(後継者不足は農業だけではなく、建築業界でも同じような構図です。)

今年の初頭に「60才以降も正規雇用を促す法整備」などのニュースが流れましたが、「会社や
社会が必要とされるならば年齢は全く問題ない」と自分は感じました。

年配なら、技術、経験、知識を持っているので、それを武器に社会に貢献する事は可能だと思います。

出来る事なら、その経験や技術を若いひとに伝えていって欲しいですけどね。

そんな事を感じた現場での一こまでした。


yosidadenkou at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月23日

スマートメーター本格導入となりそうです。

IMG_0832






























昨日の日経新聞からですが、スマートメーターを東京電力が本格導入するようです。
福島第一原発事故後賠償金や原発収束など、課題を多く抱えていますが、
「イノベーションによる、ビジネスモデルの転換」も、視野にして、
信頼回復に努める考えもあるようです。

スマートメーターの導入により、毎月の電力量検針がいらなくなり人件費削減などの
メリットや、ピークカット電力量制御など今後の電力不足や低コスト体質への変換などの
メリットはあります。

スマートメーター導入による、イニシャルコストはありますが長い目で考えると、
導入の方向に行くのは順当な流れでしょう。

当社に目を向けると、メーターから先の屋内配線工事や取り付け機器の変化も
当然あるので、どういう風に変化していくかしっかり見て対応していきたいです。

yosidadenkou at 22:36|PermalinkComments(0)

2011年11月27日

2011年上戸田イルミネーションがスタートしました。



2011年上戸田イルミネーション6

2011年上戸田イルミネーション3

2011年上戸田イルミネーション2

2011年上戸田イルミネーション4


今年の上戸田イルミンーションが、昨日の17時より点灯開始となりました。

昨年と違い、ケヤキではなくて後谷公園と戸田市文化会館駐車場両サイドの垣根に、
飾り付けをする形に変更しました。

戸田では毎年恒例で、冬の風物詩となりましたが来年以降も続いていって欲しいものです。

先日のブログでも掲載しましたが、仮設引き込み工事は蟲氾津店で施工させてもらいました。

来年の2月までの予定で、点灯時間は17時から24時までとなってます。

自分も子供を連れて何回か通る事があるので、ちょっとは自慢できますね。

yosidadenkou at 10:52|PermalinkComments(0)

2011年07月11日

昨日から気仙沼に向かいました

IMG_8570






















6月から岩手県山田町に行っていた、東日本大震災仮設住宅工事の応援ですが、
6月一杯で作業を終えて先週戻ってきたのは、お伝えしました。

その後次回は、宮城県気仙沼市の仮設住宅工事に来て欲しいとの依頼があり、
昨日から2名の社員さんに、行ってもらいました。

今回は7月一杯となりますが、暑くなっきて工期もかなり厳しい中での作業なので、
無理をせず、手戻りなく、仕上げもきれいな仕事をしてきて欲しいです。

今回若い社員は自分から又行きたいと申し出てくれました。

成長してきている

岩手の時は、現地に陣中見舞いが出来なかったので、今回は時間を作って行きたいと
思っています。

気仙沼でも吉田電工をしっかりアピール出来るように、頑張って欲しいです。

写真が見づらくで申し訳ありませんでした。

仕事で震災復興に貢献出来る方達は、普段以上に心を込めて仕事をして頂ければと思います。

yosidadenkou at 19:23|PermalinkComments(0)

2011年07月09日

工事会社の出勤風景

ffc2d249.jpg

本日は土日仕事で、朝から脚立や工具を満載して社員さんが段取りをしてました。

吉田電工では毎朝見られる光景ですが、朝は個人の出勤用の車と会社の車を入れ替えて、
材料や工具を積んで現場に向かいます。

朝が早い時や、前日に積み込みを終わらせる時もありますが、朝はいつもこんな感じになっています。

付近住民の方に迷惑をかけないように、なるべく駐車をしないように心掛けています。

今日の段取り次第で、明日は休めるので頑張ります。



yosidadenkou at 11:53|PermalinkComments(0)

2011年07月01日

岩手県仮設住宅工事

山田町仮設住宅

弊社がいつも仕事をお願いしてる、協力会社の社長から岩手県で仮設住宅工事の応援を依頼されました。

蟲氾津店としても、東日本大震災発生後から「自分達の得意分野で貢献を」と考えていたので、
社員を2名6月9日から派遣しました。

本日無事に帰ってきて、現地での電気工事会社の方や、協力会社の社長からも、
いい評価を頂く事が出来て大変嬉しいです。

自分も現地に行きたかったのですが、社員さんは弊社の良さを現地で表現してくれてたようです。

仮設住宅メーター廻り

震災後復興の遅れが指摘されていますが、岩手県では順調に作業が進んだようです。

メディアも復興が進んできている事も、しっかり放映してもらいたいです。

この後ですが、宮城県の方に親会社様が乗り込むので、そちらにも来て欲しいとの依頼がありました。

まずは、社員さんが家族と話してから相手先に返答する予定です。

IMG_5945

若い社員さんに行ってもらったので、自分の仕事が社会にとってどれ程貢献してるか、
身に染みて解ってくれればいいですが。

久しぶりに会うと、随分焼けていました外での作業がかなり続いてたからだと思います。

IMG_5891

貴重な社会経験をさせて貰い、私も嬉しく思っています。

明日明後日は休んで来週から、こちらでの作業も宜しくお願いします。



yosidadenkou at 20:16|PermalinkComments(0)