雇用

2019年12月02日

地元で雇用

皆さんおはようございます!冬本番となっております各自風邪などひかないように体調管理を十分にしてくださいよろしくお願いします。

先週、先々週と会社を空ける事が多かったですが、大きいトラブルなく実務をこなしてもらいありがとうございます。

先々週は「戸田市中小企業振興会議」に出席「コレワーク」の勉強と登録の準備、先週は岡山から香川に移動をして社員教育全国研修会と香川では10年ビジョンの研究、香川の地域経済を支える中小企業を視察して来ました。

IMG_3775

IMG_3774

戸田市中小企業振興会議は今年より参加をしてます。戸田市は人口が増えていて若い人が多く財務健全度も高い市です、子育て世代がマンションや住宅を購入する方が多いので、地元に住む子供たちを地元の中小業に働いて貰える政策を建ててはどうですかと、提案をしました。

地方自治体は人口減が深刻な地域が多いですが、人口が増える地域こそ若い人が地元中小企業で働きたくなる会社が多いほど活性化をします。

来年から「CSR(企業の社会的責任)認証制度」が戸田市でもスタートする予定です。来年制度がスタートすれば認証取得に向けて準備をします。取得により会社の知名度も上がり採用しやすい状況が生まれる確率が上がるので、その際はご協力をお願いします。

IMG_3821

112829日の午前中は岡山に行ってきました社員教育活動全国研修として、全国の中小企業経営者と交流してきました。

働く事は「生きがい・働きがい」を持つこと「かい」の中に苦労や努力や目標に向かい達成する意味があるそうです。私自身もまず社員さんの話をしっかり聞く事をしてから、自分の考え方を伝えるようにこれからも心がけます。

 

29日の午後から列車で移動をして瀬戸大橋を渡り香川に行きました。

香川同友会の地元経営者が地元を活性化するかに奮闘してます。


IMG_3828


IMG_3829

こちらは徳武産業さんです足がむくんだりして左右足の大きさが違っていても、別々の大きさの靴を販売するなど利用者の目線に建った経営をしており、「日本で大切にしたい会社」にも紹介されています。

靴をファッションではなく「健康に歩く」を第一に考えたお店作りでした。

IMG_3852

IMG_3854

IMG_3853

こちらは香川の若手不動産経営者が海岸沿いの空き家を利用して、「民泊」を作った家です。地方に少しでも人が集い活性化するかを考えた取り組みです。

IMG_3846

こちらも農業を経営する若手経営者が牛乳からアイスやチーズを作りチーズからピザ作りをして、レストランをしてます。

IMG_3856

IMG_3857

お店は古い住宅を改装して若い人向けにお店作りを行っています。

隣接するイチゴ狩りとで「地産地消」を行い観光客は年間4万人が訪れるそうです。働いてる人も若い人が多かったです。

人がいてこその地域作りでした。

沢山の刺激を貰った2週間でした年末に向けてモチベーションアップをして頑張ります。



yosidadenkou at 13:02|PermalinkComments(0)

2013年10月09日

企業作り 地域作り 雇用

画像1

今朝の日経新聞の一面です。パナソニックがプラズマテレビから撤退するそうです。

液晶テレビが主流の今プラズマテレビは苦戦してたので、撤退は
経営判断として評価するべきでしょう。

自社と照らし合わせると、赤字の金額が天文学的な数字でピンと来ないです。

この記事で注目したのが、プラズマテレビを生産してた尼崎工場を撤退、
売却するとの事です。

来年以降工場が撤退して売却や用地移転が進まなければ、多くの雇用が
奪われます。(休止中の第3工場は売却先が年内合意するようです)

第2工場に関しては、兵庫県や尼崎市と移転に向けての交渉をするようです。

企業誘致には自治体もかなりの苦労をしたでしょう。

固定資産税や法人事業税、住民税もかなりのダメージとなりそうです。

大手企業はグローバル循環(競争が世界シェア)の中で、激しい競争をしており効率化を
最大限求めて行かないと立ち行かなくなるのは事実です。

これを否定してもしょうがないです。
(これは各企業の社会的な役割の問題だと思います。)

この工場のピーク時に何人の人が働いていたかは、解らないですが
仮に1000人年間売上1000億円として1社に依存した地域作りを行うと、このようなリスクが
存在します。

これが10人規模の会社で売上1億の会社が100社あった場合はどうでしょうか?
100社が存在すれば、様々な分野の職種があり多様性のある雇用や事業体が
生まれて、企業連携もたくさん出来るかもしれないです。

中小企業が毎年は大変でも3年から5年に一度新規採用を行う会社が増えて行けば、
それが企業作り、地域作りになると思います。
(身の丈にあった企業作り、組織作り)

この記事を読んで、これが中小企業憲章、中小企業振興条例を推進していく
必要性だと強く感じました。

自治体、企業共に今後、どの分野、どれくらいの規模の事業体を誘致、立地するのか、
育成するのか、連携して事業体を創出していくのか。

舵取りが難しくなる世の中になって行きます。

蟲氾津店としては、定期的に新卒採用をして組織化を図って企業作りを
して行きたいです。

そうでないと、同友会に所属してる「意味的価値」は出ませんから。



yosidadenkou at 09:06|PermalinkComments(0)

2008年12月03日

建設事業主雇用改善助成金

29951e5d.jpg
写真のパンフレットは独立行政法人雇用.能力開発機構から発行されている、建設事業主雇用改善推進助成金についての物です。
d7b99305.jpg
中身を開いてみると、助成金を活用して働きやすい職場づくりを、支援するために新設された制度です。(中小企業建設業向けとなっています)

助成金内容は次のようになっています。

1.雇用管理責任者等の選任.配置等

2.建設労働者の募集.採用を円滑に行うための取組

3.高年齢労働者.女性建設労働者の活躍を促進する取組

4.魅力ある職場づくりのための取組

5.期間雇用労働者の雇用改善

6.社会保険労務士等の利用

これらの物を事業者が取り組んで行く時に、経費の1/2相当額が助成対象となるようです。

各項目で助成金限度額もあります。

又1事業年度で、200万円が支給限度額となっています。

来年3月までは期間があるので、吉田電工でも活用出来る物がないか検討していきたいと思っています。

最近の報道で多いのが、雇用に対する不安が広がってきている事です。

しかし中小企業は、雇用の安定が第一だと思います。

建設業事業主で興味のある方は、資料を確認してみて下さい。

詳しい内容は雇用.能力開発機構のURLを貼り付けたので、確認して下さい。
http://www.ehdo.go.jp/gyomu/5-2.html



yosidadenkou at 10:49|PermalinkComments(0)