自民党

2009年08月31日

衆議院総選挙

昨日行われた衆議院選挙では民主党が308議席を獲得して、政権交代が実現しました。

今回自民党は7月21日解散8月30日投票の日程で、総選挙を行いましたがこの日程が惨敗の原因の一つだと思います。

解散から40日と言長い選挙日程の結果、小沢氏に刺客候補など選挙準備期間を与えてしまい、かえって議席を減らしたような気がします。

それと麻生さんは解散の際議員懇談会で「行き過ぎた市場原理主義からは決別する」と言いました。

この言葉は総理就任直後の施政方針演説の時に言うべきでした。

あそこまで逆風が吹いてからだと、ちょっと遅かったですね。

一番の原因は党首力の差かもしれません。

小選挙区の場合はこれは決定的ですね。

自分が職を探していて面接に行った場合、鳩山社長と麻生社長の会社どちらを選ぶかと言ったら?(それが今回の結果だと思います。)

それと郵政西川社長の更迭問題の時も判断を誤りました。

あの時に西川社長に辞任してもらえば、国民は麻生さんをかなり見直したでしょう。(そのまま解散に打って出ればこのような結果にはならなかったですね。)

いろんな人にいろんな事を言われて、決断するのが難しかったのかしれないですね。

今回大勝した民主党ですが、マスコミは早くもネガティブキャンペーンで攻撃していますね。(そんなに自民党を応援したいのはなぜでしょうか?)

なにか政権交代後知られたら、困ることがたくさんある気がするのは、自分だけでしょうか?

新しい政権が発足して政策の効果が出るのは、半年以上先になるでしょう、その間に秋以降景気が落ち込んだ時にどうするかが大事ですね。

ある程度の財政出動は必要かもしれません。

今までの公共事業などの財政出動より、直接給付方の政策の方がゆっくりでも持続的な効果は出るかもしれないですね。

賃金の問題ですが、正規社員と非正規社員(派遣労働者の方たち)の賃金格差を埋めるには、正規社員の対しての賃下げや給与形態の見直しが出来るかに掛かっています。

民主党は支持団体に対して、それが出来るかが政権運営できる鍵になってきます。

公務員制度の改革でも同じ構図です。

これが出来ないと自公政権とあまり変わり映えがなくなってしまいます。

国民はある程度の我慢で、新政権を見守る事が出来るかも大事ですね。

 

 

 

 



yosidadenkou at 17:43|PermalinkComments(0)

2009年08月29日

明日は総選挙です

明日は第45回衆議院選挙投票日です。
期日前投票ではなく、明日投票に行く予定の方はか必ず投票に行きましょう。

棄権をした場合は白紙委任になってしまいます。

投票権は、全ての有権者に平等な権利です。

最近の投票傾向では、若い世代(20代30代)で投票率が上がらないそうです。

20代の人達にとっては、雇用や賃金格差の問題などで今の政治に提言したい事も、たくさんあると思います。

「自分が投票した所で何も変わらない」そんな事決してはありません。

自分は午前中に投票を済ませて、午後は戸田ふるさと祭りに行ってから、夜の選挙速報をゆっくり見たいと思います。


yosidadenkou at 18:47|PermalinkComments(2)

2009年08月26日

衆議院選挙

8月30日に第45回衆議院選挙投票日となっています。

期日前投票はすでに始まっています。30日仕事などで投票に行けない方は、期日前投票を利用して欲しいですね。

政権選択がテーマになっている今回の総選挙ですが、皆さんは各党のマニフストをご覧になりましたか?

今回の総選挙では、少子化、社会保障、年金、雇用、教育など身近な生活に係る事が争点なのでみなさん関心が高いですね。

自分も考えてみると、外交、安全保障、金融、政治改革などが争点になると選挙に関心を持つ人が減ってしまう気がします。

次回からも総選挙の争点は、国民が関心を持ちやすい事が良いと思います。

現時点では民主党中心の野党勢力が優勢のようです。

吉田電工にとって(建築業界)、自公と民主中心の野党とどちらが勝った方が良いか考えてみました。

今建築業界の公共工事に関して言えば、昨年よりも発注のサイクルが早くなっている印象を受けます。

世間同様(エコポイント、エコカー減税)などに代表される、需用の先物買い的政策に似ていて、公共工事の前倒しが増えているようです。

但しこれはどこかで通常の政策に戻す必要性があるので、今年の秋以降は仕事が減っていく心配があります。

秋以降に民間の設備投資が改善されていけば、多少上向きになるかもしれないですね。(楽観は禁物ですが)

エネルギー政策(太陽光発電)は与野党大きく変わりはないようです。

吉田電工の場合公共工事の受注比率は、少ないのでどちらが政権を取っても大きく変化はしないと思います。

職種柄内需が良くならないと、仕事が増えていかないので少子化対策などに力をいれて貰うのは、非常に有難い政策だと思います。

但し完全に景気回復が実感出来るまでは、積極財政を続けてもらいたいです。

選挙には必ず参加しましょう。

自由民主党 公明党 民主党 国民新党 社民党 共産党 みんなの党 

新党日本 改革クラブ



yosidadenkou at 16:44|PermalinkComments(2)