経営者

2022年01月16日

経営の入りと出を強化する

経営していると色んな課題が出てきます。
例えば
社員さんとの良い関係

顧客を増やす

採用

黒字経営

評価制度

就業規則の定期的見直し

労働環境改善

外分環境の情報収集と対応
などなど上げたらキリがないですね。

結局何が一番大事だろうと考えると経営者が常に磨いていく能力は経営して行く上で

1.入りである受注と営業力
2.出である月次決算、資金繰りを含めた財務の知識
この二つを常に高めて行く努力を惜しまないのが会社を継続して行くのに最重要課題だと現時点では考えてます。

まず入りの部分です。
会社は売上がないと何も出来ません。なので常に仕事を取っていける力が必要です。これは新規顧客だけでなく既存顧客や公共事業でも同じです。だからこそ経営者は社内にいるだけでなく外に出て行かないとダメです。外に出ないと新しい関係や既存の関係性強化も出来ません。なので社内で一番仕事を取る力が社長にないとダメです。あとはその受注力を社内にどう落とし込んで行き全体の底力にして行くかが、新たな課題になります。

次に出の部分です。
受注仕事を終わらせてお客様からお金を頂き、社内や外注、材料、経費などの支払いに回します。ここで毎月の損益計算書を早く、精度を高くするのが大事です。以前先輩経営者から言われました、資金繰りが大事だぞ資金繰りさえしっかりしていれば会社は潰れないですよ。
当社も毎月の月次決算は損益計算書だけでなく変動損益計算書、労働分配率、人時生産性、損益分岐点、ストラックグラフを作成して毎月社内会議で公開して共有と社内で意識を上げて行くのを始めました。
毎月続ける事により精度とスピードが出て来ました。

とにかくこの二つを続ける事です。
今はこの二つを継続的に続けて行き別の課題にも取り組みます。
それでは又ー


yosidadenkou at 12:01|PermalinkComments(0)

2020年10月05日

会社はだれの物?

色々調べて上場企業の経営者が想像以上に大変なのが解りました。

例えば4半期決算の数値発表。
3か月ごとに成果を出さないといけないです。
結果が出なければ大口投資家、個人投資家から厳しいご意見を言われます。
株主配当金も同様です。
結果を短期間で求められるので長期的投資活動が難しくなるのでしょうか?
雇用も終身雇用をやめる方向、正規雇用ではなく非正規雇用を増やすなど社員への対応も大きく
変わって来てます。

4半期決算報告を動画で発表している社長が最後に「株主の皆さんの期待に応えられるように頑張ります」と言ってました。

あーそういう事か

だから最近上場企業は初任給を高くして優秀な人を採用して結果をすぐに出したいと必死になっている
理由が解りました。

本来は大手の企業ほど長期的視点で投資活動した方が国の為になりますが、成果主義が行き過ぎるとこうなります。

長く働いて貰える社員さんが沢山いる会社の方がゆっくりでも強靭な経営体質になりますね。

私が上場企業の雇われ社長なら1年持たずにクビでしょう

そういえば上場している社長と話をしたことがまだないです。
いつもどんな事を考えているか話をしてみたいですね。

せっかくなので「社員さんから宛にされる社長」になれるように頑張ります。

今日はここまでで。


yosidadenkou at 09:47|PermalinkComments(0)

2016年12月05日

12月です今年もあと少し

12月5日今日は長男の誕生日。
おめでとうございます🎊

師走に入り毎日慌ただしくなっており、忘年会も続いて社内を空けることが増えてきます。

こんな時こそ、朝と夕方社員さんとあったら挨拶して、会話をしないと行けないです。

まだまだ自己改革が必要な経営者です。

ブログの更新頻度もう少しあげないとですね。

今後ともご指導よろしくお願いします^_^

yosidadenkou at 09:20|PermalinkComments(0)

2009年02月27日

経営者とは?

昨年秋のリーマンショック以来、景気は急速に悪化し続けています。今月発表された、2008年10月から12の月成長率も前年比12.7%マイナスと、深刻な数字が出ています。

そして大手電機業界、自動車業界、半導体メーカーなど軒並み赤字を出しており、昨年3月末で過去最高益に沸いていた時とのギャップがあまりにも激しい現実があります。

企業が黒字経営から赤字に転落する時は、様々な理由があります。

ちなみに吉田電工でも赤字決算を経験した事が過去にあります。

今経営者は会社が赤字に落ちた時に、外的要因にしすぎている傾向が多く見られると思っているのは自分だけでしょうか?【100年に一度の危機、円高だから、金融危機、グローバル経済だからなど】

自分も赤字を経験したのではっきり言いますが、それは経営者経営陣の言い訳に過ぎません。

赤字を計上したのは、見通しの誤りや、過大設備投資、外需依存など全て経営者や経営陣にまず責任があると自分は思います。

赤字の原因を外的要因のだけに、経営者がしているとその会社が又V字回復になるのは、非常に難しいからです。

結局黒字経営に戻るのは、外的要因頼りで本人の努力がそこに反映されていかないからです。

今派遣切りなど労働者に対して、自己責任を問う声が多く聞かれます。

確かにそれも事実かもしれません。

しかし、大幅な赤字を出した経営者に対して、自己責任を問う声が多く聞かれたでしょうか?

殆ど聞かれてないのが現実だと思います。

この事についても、自分は何人かの人に話を聞きました。

今の経営陣は創業者ではなく、2代目やプロパーから社長になった方などが多くなり、柔軟性や多様性を失ってきたかもしれない。

そういう意見を何人かの人から聞きました。

只それではこれからまだまだ厳しさを増す、経済状況に立ち向かって行くのは大変だと思います。

まずはみなさん、目標と目的を持った努力をしていきましょう。

その思いが、この困難な時期を潜り抜けていく必須条件だと思います。

 



yosidadenkou at 22:00|PermalinkComments(1)