経営指針書

2023年12月31日

今年一年お世話になりました。

今日は12月31日大晦日です。今年一年を振り返るブログです。
会社の方は2023年前半管理体制の甘さからお客様にご迷惑をおかけする事態が起きました。
社内で俗人化しているのを「見える化」「標準化」出来なかったのが要因です。
その後はIT担当者と統括室・総務でシステム化をして管理体制が少しずつ進んでます。
2023年5月過去最大の売上を達成しました。
2022年5月が厳しい決算となったので半年・1年後に受注計画を経てていたのが要因です。
経営者は先を読んで仕事をするのが大事だと実感しました。

2023.6.2経営指針全体会議

2023年6月経営指針全体会議を実施今期より工事部・施工管理部・総務部全体を統括する統括室を設置。働き安い職場作りとして駐車場の改修・倉庫の設置・事務所のレイアウト変更・健康経営スタート・見積拾いとCADソフト導入・協力会社増強アプリ登録・施工管理部中途採用・2024年4月採用3名・工程会議社外公開・リーダー、サブリーダー研修。

実践は色々しましたが結果として社内に心理的安全性が増してるようです。

マーケテイングでは「イルミネーション事業」を本格化させるのに成功しました。

IMG_0049

IMG_0079

IMG_6312

イルミネーション事業は成長分野なので改善点を見つけて更なる事業の柱にして行きたいです。

空調工事・電気通信工事での受注がまだなので来年はここを強化したいです。
公共工事では戸田市以外にの受注が増えて来ました。
実績を多く積んで行きこちらの分野でも受注を伸ばして行きたいです。

今年後半は将来に向けた投資を多くしたので数字的には厳しいかもしれません。
課題としては「数値化」「予算化」が甘かったです。
いつ誰が何をどのくらいが出来てないので2024年6月の第36期に取り入れる準備を進めてます。
数値化や予算化をして「受注計画」に基づく経営指針書作りの必要性を学びました

当社の長期ビジョンに「選ばれるのが更に進化した企業」を掲げてます。
このビジョンには程遠いの私自身に突きつけられた1年でした。
だからと言ってそれを止めるわけではありません。

数年後売り上げが倍増するような企業作りをして行きたいです。

同友会では4月に「埼玉同友会長期ビジョン」が冊子化されました。全体責任者として2年に渡る会議を経ての完成です。長期ビジョン会議はビジョンを冊子化する以上に「同友会の人材作り」として効果が大きかったです。
現在来期に向けて議案書の作成中なので長期ビジョンに書かれている内容を実践する企業・活力ある支部・中小企業が元気な地域を増やすなど自社だけでなく周囲の事も考えて行動して行きます。

世の中はインフレに変わりました。
インフレになって感じたのは「デフレ」は中小企業は生き延びやすい世の中かもしれなかったと。
インフレは残酷です。「価格転嫁」が出来ない企業は「賃上げ」や「新たな投資」が出来ないので、
時代の波に飲み込まれて行きます。
付加価値の高い仕事をして「顧客の課題に解決出来る技術・商品・サービス」をどれくらい提供出来るか、そのメニューは豊富かなど企業の多様な価値提供が求められてます。
付加価値を提供するのは「会社」かもしれないです。
会社には働いてる人がいます。高い「付加価値」を提供するのは人です。
当社は労働集約型の工事会社、結局は人手ではなく「人材」を長期的な視点で育てられるかが
「企業成長の原動力」になります。
やっぱり私は「人を生かす経営」を続けるしかないです。
そう「続ける」これが一番難しいです。「続ける」以外に成果は出ないです。
どんな時でも「諦めない・挫けない」を第一にしてします。

今年も一年間お世話になりました。
よいお年をお迎えください。


IMG_1496




yosidadenkou at 15:38|PermalinkComments(0)

2023年07月10日

6月12日付け社長通信公開します。

6月12日社長通信公開します。
第80回社長通信「経営指針書配布」

おはようございます。

梅雨入りとなり天気が悪い日が続いております。台風も接近しており作業をする時は充分注意をしてください。

5月の中旬から朝ストレッチを始めて継続しております。固い身体も少しずつですが柔らかくなって来ました。又代謝がよくなり、ちょっと動いても汗が出るようになって来ました。この勢いで体重が減ると嬉しい限りです。Youtubeの「Marina Takewaki」さんのチャンネルに色々なストレッチがあるので、興味がある方は参考にしてみて下さい。

 6月2日の経営指針全体会議お疲れ様でした。ゲストで来てもらった2名の社長さんから会議後懇親会で「これだけ受注出来ているのは素晴らしい、何で受注出来ているかをもっと共有したほうが良い」と言われました。

 会議の時に聞けなかった「スローガン達成の為に」と「強みと弱み」のアンケートを社内で共有をして強みは伸ばして、弱みは改善をして行きましょう。

 会社が良い方向に行けば社員さんの「待遇」は確実に良くなります。「待遇アップ」が魅力に変わり採用もしやすくなります。今週4名の新卒採用の最終面接をします。結果はまたご報告いたします。

 今週から総務部に新しい仲間が加わります。遠路から出社をして働いてもらう方です。皆さん温かく迎え入れをしてください。

  スローガンの切磋琢磨は互いに磨き合う意味です。まず自分が以前より成長していくには何が必要かを

個人目標で掲げているので達成するようにしましょう。それが全体として大きな成果となり、社員さんに還元されます。

今週も安全作業でお願いします。                                    代表取締役 吉田雄亮

                           

yosidadenkou at 08:13|PermalinkComments(0)

2020年06月22日

6月19日は経営指針全体会議

皆さんおはようございます。6月19日は第32期経営指針書全体会議でした
冒頭専務から経営理念の深堀。10年ビジョン、経営方針、経営計画までを総合的にまとめたのものが「経営指針書」の説明があり内容は完璧でした。埼玉同友会では経営指針書を会員が作成する事を奨励してますが、ここまで完璧に解りやすく説明できる会員はあまりいません。意識の高さを感じました。
IMG_5374

強み 弱みでは様々意見がでましたが強みは継続弱みは克服しながら「価値」に変えていけば成果が上がります。成果は社内に還元すれば良いだけです。
IMG_5377

今まで全体で話し合うことより仕事での売り上げを重視してました。
しかし立ち止まり足元を見直し体制を作れば時間がかかっても強い経営体質になります。

意見が出るだけでなく意見を取り入れて実践をする。

実践の成果を社内で報告する。

更に改善したい意見が出る。

また取り入れて成果を報告する。

言っても会社が変わらないなら意見は出なくなります。

同友会の労使見解にも「社内で今出来る事、時間をかけて行う事」などをはっきりさせるように書いて
あります。

「行動の責任は社員 結果の責任は社長」です

社内の風通しだけでなく課題を解決する意識を上げて企業作りを行います。



yosidadenkou at 11:00|PermalinkComments(0)

2020年06月13日

成果を最大化にするには

5月31日に株式会社吉田電工第31期が終了しました。

前期の総括や課題抽出も終わり今期の経営指針書も最終段階になってきました。


会社なので毎年成果が欲しいですね。


ところで成果ってなんでしょうか?


「売上 利益 採用 人材育成 評価制度導入 新事業 顧客数 新支店・・・・・・」

あげたらきりがないです。

全部やろうとするとどうなるでしょうか?

「あー何も出来なっかたこれなら普通に仕事してたほうがいいや」となりますね。

これが社内で「今年はまずこれから行う次はこれ、その次これ」と決めていけばどうでしょうか?

少しずつでも結果が出てそれの積み重ねで1年経てば大きな成果となりそうです。

課題を解決すると新たな課題ができます。

同じ課題解決を行いながら課題の内容が進化する会社作りをしていきます。

任して見守りフォローができる経営者に私も変わらないとですね。

それではまた。


yosidadenkou at 14:23|PermalinkComments(0)