枝打ち

2014年11月07日

森林ボランティア

2014-11-07-09-12-34


今日は埼玉県電気工事工業組合主催森林ボランティアに行ってきました。

場所は埼玉県の横瀬町の杉の木を枝打ちする作業です。

杉の枝を脚立の高さくらいまでは、ノコギリで切り落とし、幹に成長が集中させるのが枝打ちです。

2014-11-07-09-33-30


2014-11-07-09-53-26


集合場所から坂道を上がり、山に入りますがなかなかの急勾配です。

2014-11-07-09-54-04


枝打ちはこのような感じで行います。

脚立は地中に刺さるスパイクがあり、木に倒れないように縛り、安全帯をかけて作業を行います。

電気屋が集まっての枝打ちなので、高所作業に慣れてる人ばかりなので、作業はどんどん進んでいきます。

枝打ちが終わると、山林が明るくなります今日枝打ちした木はまだ細かったので、市場に出るまではあと何十年後になるかもしれないです。

2014-11-07-12-55-21


この日は埼玉県電気工事組合青年部のメンバーを中心に、100名くらい集まりますました。

早朝より皆さんお疲れ様です。

浦和支部青年部の松岡会長、林会計、徳山理事お世話になりました。

夜は戸田市Facebookの会のオフ会です。

皆さんも楽しい週末お過ごしください。





yosidadenkou at 13:15|PermalinkComments(0)

2012年11月09日

森林ボランティア

画像1


















昨日は埼玉県電気工事工業組合青年部が主催する、森林ボランティアに行ってきました。

朝4時20分に起きて、秩父郡横瀬町芦ヶ久保に到着です。

道の駅に到着すると、紅葉が綺麗になってました。

画像3

冒頭に森林公社様と埼玉県電気工事組合とで、森づくりに関しての協定を締結しました。

今後5年間この横瀬町を中心に、森林ボランティアを行うそうです。

締結式終了後、諸注意と各班わけの発表をして、坂道を上がり山林向かいます。

今回行う作業は、ヒノキの3m部分までの枝を落とす「枝打ち」という作業を行いました。

「枝打ち」を行うことにより、木材に節が無くなり商品価値が上がるそうです。

又、ヒノキやスギでは花粉症対策にもなるとの記述がありました。

画像4

安全帯をして、木を上がる専用梯子、のこぎり、ゴーグル、ヘルメット、手袋をして
山に登って行きます。

画像5

ゴーグルをつけるとこんな感じになります。

画像1

梯子の下はとがっていて、土に刺さるようになってます。

これを土に刺して安定させて、幹に梯子を縛って倒れないようにします。


画像2

後は安全帯をかけて、ゴーグルをして枝を切っていきます。

画像8

画像9

電気屋の青年部なので、若いのと高所作業が得意、工具の扱いに慣れているので、
枝打ちは急ピッチに進みました。

自分も作業をしていると、段々面白くなってきて休憩もあまりとらずに
枝打ちを行いました。

枝打ち終了後は写真の通りすっきりした感じで、視界も開けます。

このヒノキは樹齢24年前後で、製品化できるのには後50年かかるそうです。

林業は根気がいる職業ですが、森を荒れないようにするのに、枝打ちの作業は大変
重要だと講師の方が言われてました。

画像11

帰りの道では、このような紅葉も見られ早起きして甲斐がありました。

電気工事組合青年部の皆様朝早くからお疲れ様でした。

仕事とゴルフ以外でも早起きが出来た、社長のブログでした。

株式会社 吉田電工 URL
http://www.yosida-denkou.co.jp/

株式会社 吉田電工 facebookpeページ
http://www.facebook.com/yosidadenkou



yosidadenkou at 18:48|PermalinkComments(0)