東日本大震災

2016年03月11日

あれから5年

3月11日今日は東日本大震災の日です。
あの日はイオンレイクタウンにいました、揺れを感じて現場の作業員さんの安全確認を
して帰社。

帰りの車で見たテレビでの津波の映像がものすごかったです。

2015-07-11-11-21-40


2015-07-11-07-12-07


昨年岩手の宮古町まで行き、被災地の復興や被災した状態での建物などを見て
来ました。

復興までは、まだまだ時間がかかりそうです。

あの地震が起きてから、一人一人の考え方は変わったのでしょうか?

効率の世の中から、助け合う世の中になったでしょうか?

会社経営をさせて貰って色んな事を感じております。

生きている事に感謝をして、人間的成長を第一にこれからもがんばりたいです。



yosidadenkou at 13:22|PermalinkComments(0)

2015年07月14日

宮古市から山田町を見てきました。



2015-07-10-17-31-16


2015-07-10-17-40-43

2015-07-10-17-33-02


7月10日(金)中同協主催の定時総会終了後、宮古市と山田町に行ってきました。

レンタカーを借りて2時間宮古市に到着。

到着時間が17時前だったので、浄土ヶ浜まで足を運びました。

ご覧の通りの景色です、遊歩道は震災後綺麗に整備したようです。

2015-07-10-18-57-37

2015-07-11-07-40-41

夜は近くのお店で食事会でした、株式会社 ホウユウの太田社長が宮古市に支店を出していて、
そこの社員さんとライバルの有限会社 高中板金工業の高橋社長、大先輩で目標としてる社長
トマル電気工業株式会社都丸社長と懇談会です。

都丸社長が会社に戻って2代目経営者になる前、なった直後のご苦労が聞けたのが
凄く貴重な体験でした。

「完成形に近い経営者でも苦労した時期があったんだ」と改めて知ることが出来ました。

2015-07-11-06-55-42

翌朝はランニングです。

最近遠出をした時は必ず朝走るようにしています。

今回は被災地で津波被害があった所を走りました、何とも言えない気分でしたね。

2015-07-11-07-09-12

2015-07-11-07-12-07

防潮堤の一部はかさ上げを始めてました。

早く完成するといいですね。

2015-07-11-11-21-40

朝食後宮古市内を見て回りました、田老町には被災した観光ホテルがそのままになってました。

2015-07-11-11-21-33

このホテルは取り壊しをしないで、保存する工事を行うようです。

記憶にとどめておかなければならない事も、あるでしょう。

2015-07-11-11-44-06

2015-07-11-11-55-16

近くに三陸鉄道田老駅があり、無人駅なので中に入ってみました。

2015-07-11-11-46-06

開通を喜ぶ書置きのノートが4冊ありました、皆少しでも被災地のそばに心は
いる必要性を感じました。

2015-07-11-11-34-06

2015-07-11-11-42-56

田老町ではメガソーラーでの被災地再利用なども始まってました。

また津波で家が流された後手つかずの土地もありました。

image

お昼によった宮古市の水産加工センターです。

写真で見ると当時の津波の高さが解ると思います。

2015-07-11-14-54-34

昼食後は山田町まで足を運びました、復興は進んでいるようですがまだ被災したままの建物も
ありました。

2015-07-11-14-51-12

防潮堤を新しくしてるところでは、今までとは違う工法がありました。

人は学んで新しい事にチャレンジして進化して行きます。

ここまで来ないと見れなかったので、貴重な体験が出来ました。

2015-07-11-15-19-37

2015-07-11-15-21-22

螢曠Ε罐Δ気鵑脇始設計をしてる会社さんです、被災地は小学校の建設を急いでいた
らしく、こちらの小学校までの通学路の設計をしたそうです。

自社の強みで被災地復興に貢献できるのは素晴らしい事ですし、羨ましいですね。

2015-07-11-14-44-38

今回被災地を見て自分は恵まれている環境にいる事を改めて、感謝する必要性を感じました。

2015-07-06-10-17-39

2015-07-06-10-17-26

自分も9月10日同友会青年経営者全国交流会で報告する事になりました。

ありのままを語り「過去 現在 未来」を参加した人と考えて行きたいと思っております。

明日から他地区の例会で3回事例報告させて貰います。

場を与えてくれた事に感謝をして、しっかり事例報告して行きたいです。


yosidadenkou at 20:56|PermalinkComments(0)

2015年07月11日

中小企業家同友会全国協議会定時総会in岩手

2015-07-09-13-30-59


9日10日同友会全国協議会主催の定時総会に行って来ました。

お昼に到着して、全体会からスタート。

総会議案書は事前に中小企業家新聞にて発表しております。

2015-07-09-15-10-13


今回の分科会は、埼玉同友会の株式会社東都ラバーインダストリー代表取締役柴田玲氏の事業継承が
テーマで報告です。

柴田さんとは、同い年のライバル全国大会での報告なので晴れ舞台ですね。

2015-07-09-15-10-26


柴田さんは事業継承までの数年間大変な思いをして、社長に就任されました。

彼の報告で印象的だったのが、「社長にもしもの事があっても経営が揺るがないのが、強靭な経営体質だ」自社はどうだろうか?

グループ討論では全国の同友会の仲間が、自分の事業継承について赤裸々に話しをして、
実り多い学びとまりました。

座長は埼玉同友会の先輩会員株式会社ホウユウの太田久年氏です。

理想の事業継承は無い、長い時間を掛けなければいけないそのためには事業を継ぐ側、
継がせる側相互の覚悟が必要である。

社員を育てる時に、事業継承には違うアプローチが必要かもしれないです。

2015-07-09-20-21-44


夜は懇親会、岩手の日本酒ではあさ開きが有名ですが、堪能させて貰いました。

2015-07-10-06-29-08


2015-07-10-06-50-10


2015-07-10-07-04-56


2015-07-10-07-14-25


翌朝は7キロランニングして来ました、北上川沿いを気持ち良く走って来ましたよ。

2015-07-10-09-46-53


2015-07-10-11-17-15


2015-07-10-11-22-28


2015-07-10-11-23-35


二日目は全体会です。議案採択後まとめでサプライズがありました。

八木澤商店の会長が挨拶をして、「時代」と「花が咲く」が流れました。

スクリーンには東日本大震災後陸前高田支部の合同入社式と岩手同友会の合同入社式の映像が、
流れました。

岩手同友会では震災があっても内定取り消しはゼロだったそうです。

地域を守る中小企業としての、誇りと責任が感じられました。

2015-07-10-11-24-44


これは陸前高田にあった松林が1本を残して全部倒れ、倒れた松から作った物だそうです。

経営者の心を今回も学びました。

yosidadenkou at 19:40|PermalinkComments(0)

2015年03月11日

あれから4年

3月11日は東日本大震災が起きた日です、あれから4年がたちました復興に関しての記事を読んでいくと道路、鉄道、港湾などインフラ整備は進んで来ているようですが、住宅の移転などはまだまだのようです。

今建築業界は高齢化が進み、その中で復興需要と東京オリンピック、太陽光発電、省エネ設備など人手不足に拍車を掛けています。

何とか、復興工事だけは計画通りに進んで貰えればと祈るばかりです。オリンピックの工事で開催まで間に合わないのと、被災者の苦しみを救うのとどちらが大事かは明白でしょう。

自分は震災後社員と話をして、仮設住宅の工事に2名の社員さんを派遣しました、彼らは今や当社の主力で頑張ってくれています。

大変ありがたいです。

昨年のこのブログで書きましたが、震災後は競争ではなく、共生の社会に生まれ変わるのかと思いましたが、中々そう簡単にはいかないようです。

自分や家族、社員、協力会社さん、取引先さんに感謝をして企業作りを行い、毎年黒字を出せる会社にしたいです。

中小企業家のみなさん、計画的な赤字より黒字を出して強靱な経営体質を目指しましょう。

改めて、震災で亡くなったひとのご冥福をお祈りします。

yosidadenkou at 12:54|PermalinkComments(0)

2014年03月11日

あれから3年経ちました

3月11日東日本大震災から3年が経ちました、あの日は越谷レイクタウンのアウトレットモールテナント工事で、元請け会社と打ち合わせの為駐車場に車を停めて、現地に向かいました。

突然歩くのが困難になり、父と同じで自分も脳梗塞かくも膜下出血になった?と思い回りを見るとものすごい揺れで、あゝ地震なんだ凄い揺れでレイクタウンの側にいて液状化現象でも起こるか心配になりその後、現地に着き作業員の安全を確認して作業を中止して帰社。

この時携帯電話はほとんど役に立たないで、使えたのはツィッターとPHSくらいでした。Facebookは利用者が少なく、LINEはまだ普及してなかったですね。

自宅に戻り、家族、社員、協力会社の安全を確認してテレビを見るとあの光景でした。

社内、自宅は揺れで、内装の損傷もありしたがテレビで見る映像に言葉がなくただ見てただけでしたね。

翌日から震災の凄まじさが徐々に解っていき、その後福島第一原発の事故、この時嫁は三人目の子供がお腹にいて、放射能が心配で一時的に福岡の実家に嫁と子供二人は帰宅してた事もありました。

震災が起きて、社員に聞いたのは[義援金でなく仕事で貢献出来たらいいね]と話し。

自社の経営理念である、社会資本整備の一翼を担うを実践したいと強く考えました。

そして、数ヶ月後ある社長さんのブログにこんな記事がありました。

今日これから仙台に行きます。自分が被災地に行く時は物見遊山ではなく、仕事で貢献したいと思ってました。
知り合いの方が何名かいってるのを聞いて、はやる気持ちを抑えていたいつか機会が来ると信じて待っていたかいがあったと。

企業は何の為にあるか?自社の存在意義とは何か?

深く心に突き刺さる文章でした。

当社も知り合いの会社さんから、仮設住宅の手伝いと声をかけてもらい、岩手の山田町と仙台の気仙沼におよそ二ヶ月行ってきてもらいました。

二人の社員の内、一人の若い社員が岩手のあと気仙沼に行くのは自分で構わないですか?と聞いてきました。
働く事の意義を感じとってくれた瞬間だと思います。
今や彼は新卒から5年目となってます。

二人が仮設住宅の工事から帰って来た時の顔は忘れないと思います。

復興はまだまだ途上です、被災地でない自分たちはまずはしっかり働き納税するのが最低限の義務です。

当社の仕事は電気工事という、社会インフラにとって重要な仕事です。ひとつひとつの作業がお客様の快適な生活を後押ししてる事をこれからも自覚して行きます。

3年が経ち、社員さんは随分成長してくれました。

世の中も変わりました、効率だけ、競争だけの社会ではなくなったと思います。

自分も彼らに遅れないように努力しないとですね。

東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

yosidadenkou at 13:31|PermalinkComments(1)

2013年03月11日

今日で2年ですね。

東日本大震災から今日で2年となります。

あの日は越谷イオンレイクタウンでお客様と打ち合わせ予定で、
駐車場に車を停めた後に大きい揺れを感じて現場に向かい、
その後現場作業は中止となり映像を見て被害の様子を知りました。

当社でも仮設住宅での復興事業に、社員を2名派遣し、自分も何度か
被災地に行きました。

あの日から、原発事故も起き電気に対する認識も国民がよりいっそう
真剣に考えて、当社の存在する社会的意義などもよりいっそう考えるように
なりました。

復興のスピードは確かに上がってはないですが、建築業界ではピーク時の
従事者およそ700万人から500万人を割り込み、平均年齢も上がっていき
国や自治体が予算を付けて行っても中々進まないのが現状のようです。

特に土木系の技術者、設計者の不足がかなり深刻になっているようです。

ここにきて、「アベノミクス」などと言われ、一時的でも景気が上がる感じですが、
これにより資材や労務単価の上昇が起きすぎて、復興の足かせにならなければ
と思います。

この景気と復興のバランスですが、「景気が良くなると当社にとってはいいが、
家や工場や道路などの早期復興を願う人には足かせになる可能性が高い」
という自己矛盾を抱えており、複雑な心境です。

今14時46分を過ぎました、当社も仕事を通じて被災地復興の力になれるように
努力していきます。

yosidadenkou at 14:57|PermalinkComments(0)

2013年01月04日

建築業界での人出不足が始まったようです。

皆様あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬ、ご指導ご鞭撻よろしくお願いします。
私は本日より、始動となります。
画像1

今朝の日経新聞からです。
東日本大震災の復興需要が本格化する中、建築業界での人出不足が
深刻化しそうです。

ここで、重要なのは建築業界での労働者数が700万人から
500万人を切る人数に、ピーク時から減っており技術者が不足して、
労務単価の高騰と、復興需要の遅れが懸念される事です。
建築業界では昨年社会保険、厚生年金加入業者を増やす指導が、
国交省から来ており。
技術者育成と建築業界社員の福利厚生充実両方が出来る会社を、
数多く増やす必然性が出て来ました。

復興需要で公共事業の物は、復興需要に限り入札条件の緩和などをして、
東日本だけでなく、西日本からも建築会社に参加して貰う、
大胆な制度改革が望まれます。
又、国や地方自治体として公共投資にどれ位掛けて、何を整備していくか
ビジョンを打ち出す必要性があります。

民間のシンクタンクなどに、今後の住宅需要がどれ位あり業界での適性労働者数
予測が、早目に出ればと思います。
コンクリートから人へとの、意味不明なスローガンから決別して貰い、
国土形成の為に必要な業界との認識を、経営者、社員、国民、メディア、
国、地方自治体が今まで以上に持つ必要があると思います。

吉田電工. URL
http://www.yosida-denkou.co.jp/



yosidadenkou at 08:30|PermalinkComments(0)

2012年03月10日

南相馬市に行ってきました。

IMG_1509

同友会全国経営研究集会終了後、同友会会員の方と南相馬市へと行ってきました。

住所をカーナビに打ち込んだ所、「ナビが7年前の物で住所を打ち込んでも表示しない」
事が解り、ナビの画面とiphoneの地図を見ながらの出発となりました。

今回全研に参加したのは、福島での開催なのと時間があったら南相馬市に行ってみたい
思いが強く参加しました。

IMG_2110

郡山市は福島の中心部で、そこから南相馬市の沿岸部までは80キロ近い距離があり、
立ち入り禁止エリアなどもあるので、ナビ以外に標識などを見ながらなんとか現地に到着しました。

iponeは山間部の峠を走る時は、圏外になるので余り役にたたず、ドコモとAUは使用出来てました。
(孫さん課題が見つかりましたよ)

IMG_7335

南相馬市に到着すると、市街地は車の台数が大変多く地方都市らしい商店も数多くあり、
「町の人たちは自分とたちの故郷に誇りを持って元気に暮らしている」のが
実感出来ました。

現地到着が2時半前後でお昼をまだ食べてなかったので、coco’sとマクドナルドが隣接してる
所があり、何故かマクドナルドが休店してます。

お店の張り紙には「当店は、原子力災害による、自主避難、屋内避難区域に指定されているため、
営業の再開が出来ない状態となっております。大変ご迷惑をお掛けしてます。」
と書いてありました。

隣のcoco'sは営業していて、女性客の方で大変賑わっているのに、何故なのか事情は
良く解らないです。(正確な情報がないのでこれ以上書くと誹謗中傷になるので、止めておきます)

IMG_8310

石巻を訪ねた時も同じですが、津波が無かった所は地震での被害のみなので、一年近い経過で
落ち着きを取り戻した感じがありましたが、沿岸部の津波での被害が大きい場所は
石巻で見た光景と同じでした。

IMG_6652

IMG_7105

ガレキの撤去はかなり進んでいるようです、被害にあった車が集積されてましたが、物凄い
力で破壊されている車両が何台もあり、災害の大きさが改めて実感出来ました。

IMG_7482

ナビの地図に、郵便局のマークがありその場所を通ってみると基礎と駐車場のアスファルト以外は
全て流されてました。

地域にとって郵便局は生活の拠点として、大変重要な物ですがこのような状態です。

沿岸部にはこのように、建物の基礎だけは残っていて津波で破壊されて何も残ってない
場所が数多くありました。

ここには、南相馬市の方達が日々生活されていて、それが地震と津波により全て奪われていったのが、
良く解ります。


IMG_5658

こちらは防潮堤の写真です。
津波により破壊されてます。

IMG_1728

ガードレールや道路、橋の手摺が破壊されて復旧が出来てない場所もかなりあり、
「復興にスピード感が無い」と言われるのも良く解ります。

以前ブログで紹介しましたが、福島県の公共工事成約率が5割前後との事実もあり、
それも復興の遅れになる要因かもしれないです。

IMG_8761

IMG_8629

帰りは南相馬市から相馬市に向かい、山間部を通って福島市から高速に乗り、
自宅の到着は23時過ぎとなりました。

南相馬市、相馬市共に沿岸部以外は以前のような生活を取り戻してきているのが、
解り福島の方達の復興に対する団結力が実感出来、行ったかいがありました。

復興事業に自社が参加出来るかは解らないですが、入札のJV制度もあるので、
実際の仕事で貢献出来ればと思ってます。

自分のわがままを聞いてくれた、柴田さんには非常に感謝しております。

改めまして、ありがとうございました。

yosidadenkou at 13:01|PermalinkComments(0)

2012年02月15日

被災地の労務単価が高騰してるようです。

IMG_8808






























上の写真は日経新聞朝刊からの紹介です。

被災地三県の復興事業ですが、人手不足による労務単価の高騰が起きて、
入札の契約率が大幅に下がっているようです。

成約出来ない率が、宮城県で45%福島県で51%と凄い数字になってますね。
東京、埼玉など関東圏では考えられない数字です。

昨年から、人手不足による労務単価高騰が復興の妨げにならなければと
心配ましたが、現実のものとなりました。

設計価格の変更や、他県業者との復興JVなども行うようなので、早めに改善出来ればと
思います。

おそらく、地元建築関係業者も一時的な忙しさなので、正規雇用を大幅に増やせないのが
実情でしょう。

建築業界は年度末(3月中旬)位で、仕事の区切りもつくのでその後の計画を自治体や
国交省も考慮して発注をしていけば、成約率も改善されると思います。

日経新聞URL転載
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3E6E2E08B8DE3E6E2E0E0E2E3E09F9FEAE2E2E2

毎日新聞URL転載
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120215k0000m040089000c.html

yosidadenkou at 14:36|PermalinkComments(1)

2011年09月28日

建設関連で人手不足が起きてます。

304af1bd.jpg

997b521b.jpg

今日の日経新聞の夕刊見出しから紹介します。

記事によると、東日本大震災の影響から被災地ででのガレキ処理や補修などに、
かなりの人数が仕事を行っているので、人手不足が起きてきたようです。

IMG_3362

この表は鉄筋工と型枠大工の過不足感を、グラフにした物です。

震災後に不足感が急上昇しているのが、良く解ると思います。

今都内でも大型現場がかなり有り、人手不足が予想された中での、
東日本大地震大震災発生により、これから年度末に向けて人員が
不足していく中、工期に間に合うかなども心配されます。

労務単価も鉄筋工が9%型枠大工が11%と、単価自体も上昇してるので
建築コスト自体も上がる傾向がしばらく続きそうです。


又記事を読んでいくと、福島県や宮城県などは地震で壊れた瓦屋根の補修などが、
「1年から1年半待ち」となっているようです。

又構造的要因として、リーマンショック以降建築業界の単価下落が続き、
給与減による若年層の離職者が増加して、1990年代7万人いた鉄筋工が
4万2千人にとどまるなど(これは建築工法(PC工法)による減少もあります)、
人手不足に拍車はかけそうです。

鉄筋や型枠などの職人さんは、地方から来てる人もかなりいたので、
東北地方の復興工事で地元に残って仕事をしていれば、このような
人手不足が起きるのは、政府も解っていたはずです。

「コンクリートから人へ」の政策により、人手不足の解消に関しては、
2,3年続くと思います。

こういう時にこそ、誰でもいいのではなく「品質と安全、安心な施工」を
心掛ける会社に施主様、ゼネコンさん、サブコンさんは仕事を発注して
欲しいです。

「人がいないからやっつけ仕事でもしょうがない」だけは絶対ないように、
自分も含めて業界の人皆が心掛けて欲しいですね。



yosidadenkou at 18:50|PermalinkComments(0)