技術力

2021年09月06日

第61回社長通信通信

今朝作成した社長通信を公開します。

おはようございます。

9月になり暑さもやわらぎました寝る時に身体を冷やさないように気をつけてください。昨日でパラリンピックが終了しました。障害があってもそれを克服して大会に出る姿は凄いなぁと改めて感じました。

自民党の総裁選挙は菅総理が出馬しないので誰が勝つか解らない状態です。

候補者の公約も今週末には出て来ると思います。皆さんも新聞、テレビ、ネットニュースなどで注目をしてください。

先々月、先月と現場で手戻りやクレームになる事がいくつかありました。生産性を上げるには手直しがない事が第一です。ひとつひとつの作業に真心を込めて行きましょう。

 

先月の工程会議で話した事を改めて書きます。当社は電気工事会社です。お客様からよく「電気の事はわからない」「基本的には任せるから」と言われた事があると思います。

 

代理人として施工図を提出しても位置関係や点灯方法などのチェックはあってもケーブルサイズや回路番号、配管サイズなどのチェックまでしてくれるお客様は少ないと思います。

 

現場の施工に関しても納まりに細かく指摘をするお客様は減ってます。

 

何が言いたいのか言うと「細かい事はわからないから業者を信じて任せるしかない」と思っているお客様が殆どです。

だからこそ当社はプロの工事会社としてお客様に頼まれた仕事にはしっかりと応える責任があります。

出来ない、わからないで済ませる事は基本的にはしては行けないです。

 

今の時点でわからなくても後日調べて回答する。

 

技術的に出来ないなら業者を探す。探せないなら理由をちゃんと言って納得してもらう。

など常にフォローを怠らない意識が必要です。

 

そしてもっと大事な事は「仕事を頂いている」意識です。何度も話をしましたがお給料は会社から貰ってるのではないです。

お給料はお客様から頂いてます。

お客様は専門性が低いからこちらが仕事をやって上げてるなど考えていたらその考えは改めてもらい、プロとしてお客様に寄り添い安心、安全な電気設備を提供している意識を決して忘れずに仕事をしてください。

 

これを続ければお客様と良い関係が出来て長いお付き合いが出来ます。そうすればその恩恵は社内全体に還元されます。

 

そして技術や経験などで今は対応が難しい方が居るのは私も重々承知してます。だからこそ日々の仕事にテーマを持って技術や人間力を上げていく意識をつねに持ってください。

 

そういう社員さんを私は全面的にフォローする事を誓います。

 

今週も安全作業でよろしくお願いします。               代表取締役 吉田雄亮



yosidadenkou at 20:59|PermalinkComments(0)