懇親会

2017年06月26日

経営指針発表会

2017-06-17-17-48-19


掲載遅れましたが、6月17日土曜は15時から当社の経営指針発表会でした。

いつもさ社内での発表会のみでしたが、同友会先輩会員から、社内でなくて他の場所で開催した方が社員さんがしっかり聞いて意見を貰えると言われて、急遽戸田市商工会館を借りて、顧問税理士の中込先生と同友会戸田蕨地区の池田会長にお越しいただき開催しました。

2017-06-17-17-48-39


社員さん真剣に聞いていただき良かったです。

2017-06-17-17-48-32


2017-06-17-17-48-36


2017-06-17-17-48-15


池田会長も急遽参加いただき、総評を貰いましたありがとうございます😊

2017-06-17-21-08-49

懇親会も盛り上がりました、若い力が増えました長く働きたい会社だと思って貰えるように、これから頑張ります

2017-06-17-21-29-01




yosidadenkou at 22:12|PermalinkComments(2)

2013年07月15日

中小企業家同友会全国総会IN宮崎

画像2


画像2

7月11日12日と中同協主催の定時総会が宮崎で行われ、自分も参加してきました。

定時総会参加は2007年埼玉で行われて以来です。
(あの時は入会2年目で室長をやりました、あんまり考えないで役を請けました
今に思えば、いい度胸してます)

画像1

朝早い飛行機で宮崎空港に到着、早い時間の到着なのでロビーのソファーで
調べものなどしていると、設営担当の宮崎同友会の方達が最終打合せをしてました。
開催決定から1年間今日が集大成との掛け声が聞かれます。

埼玉でも何年後かに、全国大会を開く時が来ればいいなとも感じました。

画像4

定時総会なので、全大会で総会議案書の説明聞き分科会の会場に移動です。

画像6

画像5

今回は第9分科会「中小企業憲章制定3年、今後の推進運動をどう強めるか」に参加しました。

中小企業憲章の分科会は、全国大会では初めての参加です。

今回の報告者は3名です。

静岡同友会 杉村精工蝓‖緝充萃会長 杉村征朗氏

宮城同友会 蟾眦勅動車 代表取締役会長 田村 満氏

中同協    駒沢大学経済学部教授 吉田敬一氏

まずは杉村氏から、中小企業憲章閣議決定までにプロセスが報告され
同友会としては急いで閣議決定、国会決議とは思ってなかったが、
鳩山内閣の意向により早い閣議決定となったこと。

中小企業憲章では、大企業と中小企業とでは役割が違う事などが報告されます。

続いては、陸前高田市で自動車教習学校を経営する田村満氏
震災後、高田教習所が市内で救援物資を運ぶ基地的役割を担い、
同友会メンバーのネットワークが、復興へのスピードを早めたのは
有名な話です。

今回はその後の陸前高田市が復興に向けて、人口が減っている
陸前高田市には、産業を根付かせる事、新規事業を作っていき
そこに雇用を生んで、人口流失を防ぐ必要性を強く訴えいて、
行政とどう意見をすり合わせて行くかの苦労が、報告されました。

後さすが同友会と思ったのが、陸前高田支部に会員数が、
震災前の80名から86名に増えている報告でした。

地域に根差す中小企業活動をしてきた結果が、会員増となる
素晴らしい事例だと思います。

最後に吉田教授の報告です。

吉田教授の報告の中では、被災地3県の同友会会員の復興スピードが
他の中小企業とは圧倒的に違う事、その際一番の原動力が経営指針の
成文化である事などが報告され、経営理念、経営戦略、経営計画を積み合わせた
経営指針の科学的価値観も証明されたと思います。

もう一つは、大企業はグローバル循環で活路を見出し、
中小企業はローカル循環で活路を見出せとの報告です。

利益、効率と株主分配が主流になるのが大企業なのに対し、
地域、雇用を守るが中小企業と言った所でしょうか?

ローカル循環では、地産地消だけではなく、地域での製品を他の地域に
その地域の人間が販売していく重要性も訴えてました。

その後のグループ討論では、各県の方が地区会活動を通じての、
中小企業振興条例への取組などが討論の中心となりました。

自分も戸田市での中小企業振興条例制定後の、振興会議での取り組み
昨年地区会で行った「戸田市未来会議」などを討論の中で報告させて貰いました。

分科会を通じて感じた事は、地域に根差した中小企業を考えた場合、
戸田蕨地区ではなく、戸田地区、蕨地区となり蕨市にも中小企業振興条例を
作る必要性です。

前会長も話していた事を思い出し、実現に向けて一歩踏み出してみたい
気持にもなりました。

画像4


夜は懇親会です、今回は分科会ごとに座ってでの食事です。

お隣が熊本同友会の女性会員さんで、全国大会では必ず憲章の例会に参加
するそうです。

そこで、地域と自社との距離感や計画達成度などは図れるとのお話でした。

同友会運動と会社経営は不利一体を体現されている話でした。

画像8

懇親会でお会いした、兵庫同友会の有本氏と森氏です。

有本氏には昨年埼玉の全県で報告者になって貰い、自分は座長を務めました
写真も撮れて良かったです。


画像6

二日目は、3名の問題提起による参加者全員の大グループ討論です。

この中では強靭な経営体質(外部環境に強く、柳のように再生する)

同友会型企業が増える事が、地域に活力が出ていく。
その為に増強が必要との話がありました。

そして会員一人一人が「語り部」となり、同友会運動を加速させて行く
必用性などを討論しました。

ちょうど自分も明日川口例会で報告をします、
「語り部」になれるかは解りません。

しかし、自分が入会してから自分と自社がどう変化して行ったかを
精一杯報告したいです。

宮崎同友会の皆様設営ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

留守中しっかり業務をこなしてくれた、社員さんにも感謝です。

長文のブログにお付き合い頂きありがとうございます。


yosidadenkou at 21:34|PermalinkComments(0)

2011年07月04日

隋縁カントリークラブ鬼怒川森林コース

隋縁カントリー2






























昨日お客様のコンペで使用した、隋縁カントリークラブ鬼怒川森林コースです。

このコースの特徴は、グリーン廻りの傾斜が複雑でパッティングにかなり苦労をします。

それとコースとして難しいのが、7番のロングホール、9番のミドルホール、17番のショートホールです。

7番、9番はフェアウエイの190ヤード辺りに、池もしくはクリークがありドライバーでナイスショットでも、
そのまま水の中へさようならなども良くあります。

17番のショートも距離があって(180ヤード以上)で、左側手前に池がある設定で、
ワンオン狙いで力んでスイング引掛けて池ポチャなどが良く起こります。

昨日は日差しは余りなかったですが、蒸し暑く大汗をかきながらのラウンドとまりました。

それとこのコースは、秋口は紅葉が素晴らしく秋にもう一度、東和会の皆さんと行きたいコースですね。

ゴルフの内容は、いっぱい打って、いっぱい走るいつものゴルフですね。

打上は板橋の大山で行いましたが、爆笑トークの楽しい懇親会となりました。



yosidadenkou at 21:08|PermalinkComments(0)

2008年10月20日

ゴルフコンペ

841ba4d5.jpg
昨日参加した吉田電工新社屋の施工をお願いしている、建築会社様のゴルフコンペですが、佐野にあるつつじヶ丘カントリーで行われました。

全体的にドックレッグのコースが多くフエアウエイも狭い為に、ティーショットを失敗するとたちまちスコアーを崩す、難しいコースでしたね。

この日前半は調子が良くハンディも多く貰っているので、優勝もあるかと思いましたが、後半のスタートホールでミスを連発してしまい7位に終わりました。(残念

又12月に忘年会も兼ねて、コンペを行う予定と聞いたので、次こそは優勝したいです。


fe0bb522.jpg
ゴルフの後は恒例になっている、板橋大山駅前通りにあるお店で打ち上げです。

ゴルフだけでなく、打ち上げも必ずやるので、このゴルフコンペに自分は必ず参加しています。

現場で顔を合わすだけだと、コミニケーションが取りづらい所もあります。しかし、建築会社さんが、ゴルフや食事会を開いてくれるので、現場の中はいつもスムーズに運んでいきます。

昨夜は板橋区民祭りもあったので、お店の中は超満員で熱気がありましたよ。

みなさん昨日は、お疲れ様でした。

家に帰り日本オープンを録画しているので、見てから寝ようと思いましたが、疲れて見れなかったので今日見ようと思っています。



yosidadenkou at 18:35|PermalinkComments(0)

2008年09月26日

電気工事組合懇親会に行ってきました。

b5a1c386.jpg

昨日は午後から埼玉県電気工工事工業組合 浦和、大宮、上尾三支部合同で安全大会と懇親会が、大宮の清水園で行われました。

自分は時間的に都合がつかず安全大会は欠席をして、懇親会のみの参加となりました。

会場は吉田電工も所属している、浦和支部青年部会長や浦和支部の支部長など、各支部のトップクラスが顔を揃える豪華な、懇親会となりました。

時間が早めに終わり話を出来ない方も何人かいましたが、短い時間でも有意義な時間を過ごすことが出来ました。



yosidadenkou at 17:26|PermalinkComments(0)