情報発信

2019年12月31日

今年一年お世話になりました。

2019年12月31日明日より2020年となります。

今年一年も色々と出来事がありました。

世の中では災害が多い一年でした。


台風19号では戸田市は彩湖が荒川の氾濫を防ぎ災害対策の重要性が再度認識されました。

IMG_3310

私自身は3月にホーチミンに行きました。海外に行くのは2010年依頼です。IMG_2023

IMG_1957

IMG_2019

すさまじい成長をする国の力を実感しました。人手不足や海外に進出できるヒントがあればと
思っての訪越です。現地で日本法人や日本語学校など様々な学びや刺激がありました。

海外に行くと自分がいかに小さい存在で、周りの人に感謝の気持ちが生まれると現地で会計事務所を経営
する日本人経営者に教わりました。

IMG_2562

今年は桶川高校の課題解決型授業の講師として1年生のクラスを担当しました。

当社の課題を半年かけて学生が考えプランを作成します。

高校の教壇で話すのは初めての経験ですが、無事に授業を終えて安堵してます。

教壇に立つのは6月、9月、1月の三回です1月16日のクラス発表会で各班どんな、プレゼンをするか
今から楽しみです。

高校の教壇はこれ以外に6月鳩ケ谷高校で話をしてきました。

IMG_3032

学校関係では中学生の社会体験で2名3日間、工業高校の2年生2名を3日間預かりました。
電気工事を中小企業を知ってもらうように取り組んでます。
来年は大学のインターンも始める予定です。
採用だけでなく今の若い人の思考を学ぶためにも重要な取り組みです。

IMG_2617

経営指針発表会は3回目となりました。毎年更新しながらより良い会社作りをして行きます。
社内向けに私の活動を知らせる「社長通信」も6月からスタート、社員さんが興味を持ってもらえるような
記事を作成して行きます。

IMG_2684

今期新分野として2級電気通信施工管理士の試験に挑戦しました。筆記試験は合格し実技試験の結果は
2020年3月となります。合格の暁には電気通信の建設業許可を取り公共工事の入札に参加をします。
東京オリンピック終了後にも「5%の新規性」を念頭にリスク分散をして行きます。

IMG_3062

9月には初めて男子ゴルフのトーナメントを見に行きました、プロのショットは距離や方向性だけでなく
打感が全く違いました。アマが参考になるレベルではなかったです。

IMG_3491

同友会では埼玉県全県経営研究集会の実行委員長を初めて務めました。
481名と過去最大級の登録を頂き政界となりました、実行委員会一人一人の尽力のおかげです。
改めて感謝申し上げます。

その他全国大会は「東京の定時総会」「滋賀の障全交」「岡山の社員教育大会」に参加分科会、全体会以外にも地元中小企業を視察して「経営のヒント」を少しでも持ち帰られる活動をしました。

俯瞰して先の事に時間を作れるかで「会社の未来」は決まって行きます。

その他にも「社内評価制度」のスタート「電気関係の展示会視察」なども行い、社員さんが安心して働ける
にはどうするかを「行動規範」として1年間を過ごしました。

2020年も建築業界は「人手不足」は変わらないですが、2020年秋以降は少し様子も変わり「中途採用」「協力会社増」など何かしらの策が打てると思います。

今「建築業界」に求められるのは「働きやすさ」「魅力の発信」「未来への展望」です。ここ数年社会保険加入などの「福利厚生」に関して待遇改善が進みましたが来年以降は「時短」を業界全体で行えるかがテーマになります。「全体朝礼」や「KYミーティング」「昼の打ち合わせ」「夕方からの業者間うち合わせ」など会議や情報共有の時間を簡素化させて、AIによる作業効率を上げ「生産性」を上げて時短による単価アップを数多く導入出来る、
企業に人が集まり「スケールメリット」が出て成長して行きます。

現在の社内に目配せしながら先に目を向ける両方を行う事で未来が拓けます。
来年50歳と一区切りとなり成長だけなく未来を見据えて承継の為に人材育成をして行く事が、私の経営者の責任になると思います。

後悔は
IMG_1520

今年も100切りならずでしたやっぱセンスがないです。
来年こそはベスグロ出します。

IMG_4023

IMG_4024

好きなお店だったナインポイントも年内で閉店となりましたこのお店で様々な出会いと経営者としての議論を経て学びがありました。関係者の皆さんありがとうございます。

IMG_1496

現在15時あと9時間で2020年となります、今年一年お世話になりました来年を人を生かす経営以上に
「人がかがやく経営の総合実践」の為残りの経営者人生を捧げる所存です。

皆さんもよいお年をお迎え下さい。




yosidadenkou at 15:01|PermalinkComments(0)

2019年10月09日

ホームページで集客

105日(土)6日(日)埼玉中小企業家同友会主催経営指針セミナーの合宿に、スタッフとして参加して来ました。私も2010年に受講をして翌年からスタッフとして参加をして受講生の指針作りのお手伝いをしながら、自社経営に取り入れる事が何かを見つけようにしております。自分自身と会社を俯瞰してみる力をつける為にも必要です。この二日間は受講生の課題を受講生自身でピックアップして、解決する優先順位を決めて3年間の中期経営計画書を作成します。当社の場合は前年の総括を行い終わってない課題を見つけ、企業変革支援プログラムを実施して新たな課題を見つけそれを年度計画書作成に、適用しているのと同じやり方です。昨日受講生との会話で当社が仕事を受注するまでの流れが、どのようになっているかを考えてみました。これはホームページやチラシ、SNS(ブログ、facebook インスタ)などのパターンを作成しました。

,泙困肋霾麋信をして会社を知ってもらうにはどうするか考えます。

⊆社にどんな特徴があるかを考えそれをお客様に対する売りにします

情報発信用のアイテムを作成します。(ホームページ ブログ チラシ SNS 価格表)

ぅ▲ぅ謄爐鮑鄒した情報発信します。(チラシなどは自ら捲く、新聞広告などに依頼)情報は見る人が短時間で解るように工夫をします。

ヌ笋す腓錣擦来たら問い合わせ先と打ち合わせをして、問い合わせした人が欲しいものは何かを当社が理解をして見積書を提出します。(ここでは見積案件)

ここまではお客様でも「見込み客」となります。

Ω込みのお客様から回答が出て当社で施工となり「契約」ここで初めて「見込みのお客様」が「お客様 顧客」に変わります。(ここでは決定案件)

Щ楾をして工事完了、請求書を作成して「入金」をしてもらい始めて「決定物件」が終了します。

会社が一つの仕事を受注し完了するまでには時間を掛けて決まる物件もあり、社内で関わる人が数多くいます。「チーム」で受注をして完成して行く事によりお客様の信用が上がります。一人一人の努力の結集です。一つの対応の間違いでお客様の信頼を損なうときもあります。「ちょっとまずいかな」と思ったらすぐに相談をして下さい。当社の特徴でホームページから問い合わせが来て、受注をした法人(会社)のお客様は案件終了後も次の仕事の依頼が来る事が多いです。これは普段現場で仕事をしている皆さんの対応力が高く、お客様が次に仕事を頼みたくなる「リピーター」に変化するからです。そういう意味では「直接営業」「現場での営業」「電話対応や書類作成などの間接営業」の三つが結集する事が重要です。周りの人たちに感謝をする事を忘れずに仕事を行います。



yosidadenkou at 17:34|PermalinkComments(0)

2008年04月09日

今日からホームページ本格始動です。

みなさん、こんにちは!

昨年暮れのブログから始まり、今日からくホームページが、本格始動します。出来るだけみなさんに、弊社の事を解りやすく、しようと思い作成してきました。今までブログだけでは解りづらい、本社の業務内容等をお見せしていこうと、思っております。

今後共宜しくお願いします。

電気工事のプロ集団 (有)吉田電工
  http://www.yosida-denkou.co.jp

吉田電工オフィシャルサイト



yosidadenkou at 16:35|PermalinkComments(0)