建築業界

2019年12月23日

建設業界の未来



「建設
2030サミット」

先週は121816時からお客様との打ち合わせ終了後渋谷でユニオンテック株式会社が主催されてる「建設2030サミット」に参加して来ました。

ユニオンテックさんが協賛企業を募り1日討論会や展示会、ビジネスマッチングを行うイベントで2030年の建築業界のある姿を、参加者と考えるイベントでした。

IMG_3987

 

展示会場では現場管理ソフト、職人の技能大会、上の写真のようなデザイン性に優れた作業服など、建築業界をいかに発信しカッコよく働ける業界かを知ってもらう物が数多く展示されてました。

IMG_3988

IMG_3993

IMG_3989

IMG_3991


パネルディスカッションでは経営者だけでなく女性の大工工事を行っている人も参加をして盛り上げてました。上から3番目のの写真で建設市場はここ数年拡大をしてますが、

下の写真では建設業の従事者数が減り続けている事が解ります。

そこで作業着のブランドをユニオンテックの社長が自ら立ち上げたそうです。これからいかに魅せるかが、業界を盛り上げるキーワードになりそうです。

そこには多様性のある雇用が企業に求められます。

当社も業務を標準化して解りやすくして、今の社員さんこれから入社する社員さんが働きやすい職場作りを進めて行きます。

そして建築現場でもAIを駆使したロボット化が進んで来てます。

大手ゼネコンでは開発が進み様々な建築ロボットが出て来て現場で活用されてます

IMG_3995

これはボードを貼るロボットですロボットが膝を曲げて下の胴縁までボードを貼る動画でした。

今は開発費が高いですが今後は値段も下がっていき、日本中でこういう姿が見れるようになるそれが2030年位だろうとパネラーが予測をしてました。

今後の現場職人さんは最新のテクノロジーを駆使して、「ITエンジニア」として

今よりも更に「スマートにカッコイイ」姿で働く時代が訪れると思います。

私自身も常に新しい事に挑戦したいのと今の社員さんがもっと輝けるように、このような情報収集活動を続けたいです。

IMG_4002

帰り際にお客様と記念写真を撮りました。ユニオンテックさんは入社の競争倍率が高く、お客様がいかに優秀かも改めて理解が出来た展示会視察でした。現場管理ソフトは年明けにデモを何社か行い良いものがあれば、採用して業務効率化と見える化を図って行きます。

下のURLが建築ロボットの開発している状況を知らせるURLです

https://kensetsu-gyokai.com/kessokurobot/



yosidadenkou at 11:08|PermalinkComments(0)

2013年01月04日

建築業界での人出不足が始まったようです。

皆様あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬ、ご指導ご鞭撻よろしくお願いします。
私は本日より、始動となります。
画像1

今朝の日経新聞からです。
東日本大震災の復興需要が本格化する中、建築業界での人出不足が
深刻化しそうです。

ここで、重要なのは建築業界での労働者数が700万人から
500万人を切る人数に、ピーク時から減っており技術者が不足して、
労務単価の高騰と、復興需要の遅れが懸念される事です。
建築業界では昨年社会保険、厚生年金加入業者を増やす指導が、
国交省から来ており。
技術者育成と建築業界社員の福利厚生充実両方が出来る会社を、
数多く増やす必然性が出て来ました。

復興需要で公共事業の物は、復興需要に限り入札条件の緩和などをして、
東日本だけでなく、西日本からも建築会社に参加して貰う、
大胆な制度改革が望まれます。
又、国や地方自治体として公共投資にどれ位掛けて、何を整備していくか
ビジョンを打ち出す必要性があります。

民間のシンクタンクなどに、今後の住宅需要がどれ位あり業界での適性労働者数
予測が、早目に出ればと思います。
コンクリートから人へとの、意味不明なスローガンから決別して貰い、
国土形成の為に必要な業界との認識を、経営者、社員、国民、メディア、
国、地方自治体が今まで以上に持つ必要があると思います。

吉田電工. URL
http://www.yosida-denkou.co.jp/



yosidadenkou at 08:30|PermalinkComments(0)

2012年02月15日

被災地の労務単価が高騰してるようです。

IMG_8808






























上の写真は日経新聞朝刊からの紹介です。

被災地三県の復興事業ですが、人手不足による労務単価の高騰が起きて、
入札の契約率が大幅に下がっているようです。

成約出来ない率が、宮城県で45%福島県で51%と凄い数字になってますね。
東京、埼玉など関東圏では考えられない数字です。

昨年から、人手不足による労務単価高騰が復興の妨げにならなければと
心配ましたが、現実のものとなりました。

設計価格の変更や、他県業者との復興JVなども行うようなので、早めに改善出来ればと
思います。

おそらく、地元建築関係業者も一時的な忙しさなので、正規雇用を大幅に増やせないのが
実情でしょう。

建築業界は年度末(3月中旬)位で、仕事の区切りもつくのでその後の計画を自治体や
国交省も考慮して発注をしていけば、成約率も改善されると思います。

日経新聞URL転載
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3E6E2E08B8DE3E6E2E0E0E2E3E09F9FEAE2E2E2

毎日新聞URL転載
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120215k0000m040089000c.html

yosidadenkou at 14:36|PermalinkComments(1)

2011年12月30日

八ッ場ダム工事再開について考えてみました。

八ッ場ダム工事が再開となるようです。
http://www.mlit.go.jp/common/000186641.pdf


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111222-OYT1T00872.htm?from=popin

人(国民)との約束を破るのが大好きな民主党なので、彼らならやりそうな事です。

皆さんも子供の頃に親から「嘘をついてはいけません。約束は守りなさい。」
と良く言われなかったですか?

彼らは親から躾をされてなかったようです。

ダムについてはいろんな問題があり、作ったあとの維持管理に莫大な
コストがかかってしまい、あまり作らない方がいいでしょう。

この予算をつけるなら、土石流などを守る砂防ダム建設を早くやった方が、
費用対効果がでて来ると思います。

しかも、建築業界は被災地の復興に多くの人員を獲られていて、
来年以降も人出不足が深刻化するのは明白です。

今、八ッ場ダムを再開すると人出不足に拍車がかかり労務単価と、
建築資材の高騰が起きてしまい、最終的には復興が遅れてしまう
可能性があります。

民主党の良く解らないスローガンだった、「コンクリートから人へ」の
推進により、建築業界では以前に比べて関わっている人数が減っています。

建築を再開するにしても、復興需要への必要人数や資材などの確保を
まずしてから、ダム工事を再開するか検討するべきです。

理想は「再開するにしても、震災復興を最優先して着工自体は最短で3年後
最高でも5年以内」が理想だと思います。

公共工事も「選択と集中」を第一に予算付けをして欲しいものです。

yosidadenkou at 17:08|PermalinkComments(0)

2011年09月28日

建設関連で人手不足が起きてます。

304af1bd.jpg

997b521b.jpg

今日の日経新聞の夕刊見出しから紹介します。

記事によると、東日本大震災の影響から被災地ででのガレキ処理や補修などに、
かなりの人数が仕事を行っているので、人手不足が起きてきたようです。

IMG_3362

この表は鉄筋工と型枠大工の過不足感を、グラフにした物です。

震災後に不足感が急上昇しているのが、良く解ると思います。

今都内でも大型現場がかなり有り、人手不足が予想された中での、
東日本大地震大震災発生により、これから年度末に向けて人員が
不足していく中、工期に間に合うかなども心配されます。

労務単価も鉄筋工が9%型枠大工が11%と、単価自体も上昇してるので
建築コスト自体も上がる傾向がしばらく続きそうです。


又記事を読んでいくと、福島県や宮城県などは地震で壊れた瓦屋根の補修などが、
「1年から1年半待ち」となっているようです。

又構造的要因として、リーマンショック以降建築業界の単価下落が続き、
給与減による若年層の離職者が増加して、1990年代7万人いた鉄筋工が
4万2千人にとどまるなど(これは建築工法(PC工法)による減少もあります)、
人手不足に拍車はかけそうです。

鉄筋や型枠などの職人さんは、地方から来てる人もかなりいたので、
東北地方の復興工事で地元に残って仕事をしていれば、このような
人手不足が起きるのは、政府も解っていたはずです。

「コンクリートから人へ」の政策により、人手不足の解消に関しては、
2,3年続くと思います。

こういう時にこそ、誰でもいいのではなく「品質と安全、安心な施工」を
心掛ける会社に施主様、ゼネコンさん、サブコンさんは仕事を発注して
欲しいです。

「人がいないからやっつけ仕事でもしょうがない」だけは絶対ないように、
自分も含めて業界の人皆が心掛けて欲しいですね。



yosidadenkou at 18:50|PermalinkComments(0)