広島

2023年09月17日

青年経営者全国交流会広島

IMG_1770
9月14日(木)15日(金)中小企業家同友会全国協議会主催「青年経営者全国交流会IN広島」に参加して来ました。
青全交に参加するのは2017年依頼だと思います。(年齢的には青年経営者ではないのはご容赦ください。)
初日は分科会に参加報告者は埼玉同友会が誇る有限会社ワイ・エス・エムの八島哲也社長です。
私が山梨の青全交で報告させてもらったのは45歳過ぎてましたが、八島社長はまだ若い経営者なので
リフレッシュ感満載の報告でした。

吉田電工・社長ブログ「人は堀 人は石垣 人は城」:2015年09月 (yosida-denkou.com)



板金加工技術を応用してデザイナーとのコラボレーションでフルオーダーの照明器具を制作し、それを国内だけでなく世界にも売りに行く八島社長。人との出会いを大切に常に新しい事にチャレンジをして成果を出している姿に感動しました。私も見習う所が沢山あります。

経営者は出来ない理由ではなく出来るにはどうするかを常に考えて、調べるだけでなく外に出て行き色々な人と出会い謙虚に学び自分自身と会社の成長に結びつけないといけないです。

報告の後はグループ討論でした。
各社が提供する「価値」について議論を深めました。
価値は企業使命になりますが当社の価値は「快適な生活空間を提案・提供する電気設備」です。
もっと大きい視点でみると「快適な生活空間を提供出来る人材を数多く育てる」のが吉田電工らしいかなあと思いました。

2008年か2009年始めて経営理念のプレセミナーに参加した時に何の為に経営しているか?の問いに
「建築業界の人手不足に歯止めをかけたい」と書いてます。
その後この問いに関して答えは変わって行きましたが、広島に行った時に始めに問われた「建設業界の人手不足に歯止めをかけたい」が本当の考えでそれは変わっていなかった事が解りました。

当社の経営理念の「企業使命」について来期以降見直しを社員さんに提案したいです。

IMG_1759

IMG_1767

IMG_1763

二日目の朝は早起きして朝散歩で原爆ドームと平和祈念公園に行って来ました。
朝陽に照らされる原爆ドームの写真を撮りたかったのですが、あいにくの曇り空なでしたが何回見ても平和な世の中でない限り中小企業は繁栄しないのが実感出来ます。

二日目全大会では「原爆の子の像」が作られた経緯の特別報告
株式会社八天堂の森光社長の記念講演です。
利益は未来の言葉が印象的でした。そして会社の問題は社長の問題なので言い訳などせずにまず自ら襟を正す事から始める。苦難を受けた社長が必ず言います。経営の基本中の基本なのでしょう。
理念とビジョンを持ってこれからも会社経営をします。

IMG_1784

二日目全大会終了後は以前から交流がある 有限会社広島金具製作所(ヒロカネ)さんをベンチマークして来ました。雨どい金具メーカ―として創業60年以上のヒロカネさん。障害者雇用も積極的に行い製造業ながら社内の半分が女性社員と言う「人を生かす経営の総合実践」をされてました。

製造業なので商品の数が多く「見える化」「標準化」も出来てました。当社も急いで「見える化」と「標準化」を実現したいです。

帰りの新幹線は雨で止まるなどして通常より1時間以上遅れて到着となりましたが、無事に着きました。
以前は同友会で学んだことをブログに書いて振り返りをしてましたが、最近行ってなかったです。
時間を作りブログにも書かないとなぁと自分自身反省もしました。

yosidadenkou at 16:20|PermalinkComments(0)

2019年06月19日

女性経営者全国交流会IN広島

女性経営者全国交流会IN広島

先週の13日(木)14日(金)と、女性経営者全国交流会IN広島に行って来ました。冒頭ですが、会社を空けて外部に情報収集出来るのは、社員さんが自主性を持って、仕事をしてもらっているからです。ありがとうございます。初日は分科会と懇親会、二日目は全体会でした。

IMG_2486

IMG_2488




分科会報告者は、京都で製品検査と製造業を経営する女性経営者、株式会社藤大(ふじはる)代表取締役藤田大子(はるこ)氏でした。ご主人が務めていた、会社から内職で仕事を任せれてから、独立をして経営者としての道がスタートします。1993年創業時は、製品検査からパート5名でスタート、現在は正社員21名パート66名まで、会社を成長させています。顕微鏡での製品検査や、医療機器内のケーブル加工など、品質が問われる仕事が多く、社員さんの技能向上に向けた取り組を、沢山行ってるようです。又職場の8割以上が女性なので、働く時間帯でいかに効率を上げるかも、取り組んでいました。具体的には学校の用事などがあったとしても、数時間でも出社してもらい、仕事をして全体の生産性を、上げているようです。製造業や検査などがメインの仕事なので、分担が出来るからだと思います。藤田社長はコミュニケーションを第一として。

_麝板 社内連絡表 教育記録等

▲蝓璽澄璽漾璽謄ング サブリーダーミーティング

社内報(17年連続継続中)

つ礼

ゴ尭阿竜せち「贈り物」「クリスマスプレゼント」 感謝祭

などを定期的に、行っているでそうです。

社員さんの成長に対しては、技術的以上に人間的成長を第一にしており、協調性を持つ社員さん育成に力を入れております。

社員さん同氏のコミュニケーションも取れているのか、時間を融通し合うなども出来ており、「時短と生産性と相談し易い社風作り」が出来ているようでした。私も見習うべき所が沢山あり、「向き合う」事の重要性を改めて学びました。

グループ討論では、全国の経営者と討論を行い、「人手不足」は全国一緒で働きやすい職場作りに、皆さん苦労しているようでした。

懇親会終了後に、広島同友会の川中社長のお店に行き、川中社長の会社株式会社イベントスの「新10年ビジョン」を見せて頂きました。川中社長の会社株式会社イベントスは、イベントなどの料理仕出しをメインにしている会社です。「10年ビジョンを絵でデザイン」してから、採用活動が進んだそうです。

こちらが10年ビジョンです
IMG_2494

面白かったのが、冠婚葬祭を自宅などで行う時に、バスを改造して出来立ての料理を提供出来るサービスを始めるそうです。地域性があるサービスだと思いました。

10年後が絵になっていると、社員さんも解りやすいので、当社も作りたいです。

二日目は全体会です。参加者700名が集まり、記念講演が行われました。広島県尾道市の生産品帆布(はんぷ)で、尾道市に新しい産業を生み出したお話でした。帆布は元々船で使う為に生産されていて、出荷量が大きく減る中、新しい製品(トートバック、ポーチ、のれん、小物入れ、ジャケット)などを開発して、売り出しているそうです。設立時の年商は150万でしたが、今年は1億近い年商となり、地域に根付いた産業となり、現在は地元小学生から高校の職場体験学習にも活用しているそうです。
IMG_2495

地方は人口が減り、若い人やマスコミ、行政などにいかに注目されて、魅力ある街作りを行えるかが、生き残りのカギになります。

「危機感をいつも持つ」ことが大事かを、学びました。

初日の夜別の用事で、広島にいた阿部重利社長とお会いして、今後の会社経営のアドバイスを頂き、意見交換もして来ました。
IMG_2503


幹部の方の成長と、社員さんの協力性に対して、「素晴らしい」とお褒めの言葉を頂きました。

阿部社長は社員さんに対しては、褒めますが、私には𠮟咤激励が多いです。「今後会社を成長させる意見」としてありがたく、伺っております。

以上となります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

                       株式会社吉田電工 吉田雄亮

 



yosidadenkou at 21:05|PermalinkComments(0)

2014年02月14日

中小企業問題全国研究集会

画像1


画像2


画像2


画像1



2月13日14日と中小企業家同友会全国協議会主催の中小企業問題全国研究集会参加の
為、広島まで行ってきました。

広島に行ったのは、高校の修学旅行以来です。

画像3


今回の分科会は付加価値をテーマにした分科会に参加しました。

イトマン株式市場代表取締役伊藤氏の報告です。

イトマンさんはトイレットペーパーを製造してる会社で、
家庭用ではなく、法人向けに特化して販売戦略を建てていて、
通常の小売り価格より高い単価で、納品をして高い業績を出しているそうです。

法人向けに売る戦略としては

法人ビルの古紙を無料で引き取る

その古紙を元にトイレットペーパーを制作して、そこの法人に買って
貰う戦略を建てているそうです。

これにより、顧客側も古紙の無料引取りとISOに代表される環境問題対応も、
スムーズにできるなどメリットがかなりあるようです。

商品は問屋を通じて納品するのが殆どなので、問屋も高い商品を
売りたいのが本音なので、

経済戦略、事業戦略の中から、新分野に挑む見極めも行うとの事でした。

又トイレットペーパーを作る技術を応用した新商品開発も
行っており新分野に挑む条件としては

新分野でNo.1になれる可能性が高い

10億円以下の市場

今後成長が見込める

この条件と理念、戦略を照らし合わせて商品開発を
行っているそうです。

又新商品のアイデアは社内から沢山出てくる社風も
強みの一つだそうです。

グループ討論では、他県異業種の方から付加価値の考えを聞けて
参考になりました。

新しい意見が出てくる社風作りと大手では参入出来ないマーケットの
見極めが重要になります。

当社も付加価値をどう作って行くかが、最重要課題と考えており、
市場創造以外にもいかに付加価値を上げる工事が出来るか、
考えていきたいです。

画像4


懇親会ではアトラクションがないぶん、交流が多く出来ました。

画像5


懇親会ご広島市内で2次会に行き、広島同友会青年部で誠電気設備工事株式会社の
川村社長と再開しました。

島根での青全交で分科会で同じグループで、川村さんはグループ長でした。

電気屋同士で近況報告をしながら盛り上がりました。

画像6


午前中は全体会です。同友会型企業作りについて事例を聞きながら、
学んで行きました。

画像7


画像8


全体会終了後に昼食で寄ったお好み焼きです。

本場なので納得の味でしたよ。

設営担当の広島同友会の皆様お世話になりました。

留守中の社員さん、学びに行かせて貰いありがとうございます。










yosidadenkou at 14:53|PermalinkComments(0)