同友会

2014年04月11日

共同求人委員会学校訪問

2014-04-11-10-39-43


今年は埼玉中小企業家同友会共同求人委員会に参加してます。

共同求人委員会では参加企業が、合同企業説明会の案内とPRで割り当てられた学校訪問を行います。

本日三校回りました。

求人票は昨年より多いそうです。

同友会企業は人間尊重の経営をしてる企業ばかりなので、安心して推薦してくださいと伝えておきました。

自社にもいいご縁があればと思います。

yosidadenkou at 13:19|PermalinkComments(0)

2014年02月14日

中小企業問題全国研究集会

画像1


画像2


画像2


画像1



2月13日14日と中小企業家同友会全国協議会主催の中小企業問題全国研究集会参加の
為、広島まで行ってきました。

広島に行ったのは、高校の修学旅行以来です。

画像3


今回の分科会は付加価値をテーマにした分科会に参加しました。

イトマン株式市場代表取締役伊藤氏の報告です。

イトマンさんはトイレットペーパーを製造してる会社で、
家庭用ではなく、法人向けに特化して販売戦略を建てていて、
通常の小売り価格より高い単価で、納品をして高い業績を出しているそうです。

法人向けに売る戦略としては

法人ビルの古紙を無料で引き取る

その古紙を元にトイレットペーパーを制作して、そこの法人に買って
貰う戦略を建てているそうです。

これにより、顧客側も古紙の無料引取りとISOに代表される環境問題対応も、
スムーズにできるなどメリットがかなりあるようです。

商品は問屋を通じて納品するのが殆どなので、問屋も高い商品を
売りたいのが本音なので、

経済戦略、事業戦略の中から、新分野に挑む見極めも行うとの事でした。

又トイレットペーパーを作る技術を応用した新商品開発も
行っており新分野に挑む条件としては

新分野でNo.1になれる可能性が高い

10億円以下の市場

今後成長が見込める

この条件と理念、戦略を照らし合わせて商品開発を
行っているそうです。

又新商品のアイデアは社内から沢山出てくる社風も
強みの一つだそうです。

グループ討論では、他県異業種の方から付加価値の考えを聞けて
参考になりました。

新しい意見が出てくる社風作りと大手では参入出来ないマーケットの
見極めが重要になります。

当社も付加価値をどう作って行くかが、最重要課題と考えており、
市場創造以外にもいかに付加価値を上げる工事が出来るか、
考えていきたいです。

画像4


懇親会ではアトラクションがないぶん、交流が多く出来ました。

画像5


懇親会ご広島市内で2次会に行き、広島同友会青年部で誠電気設備工事株式会社の
川村社長と再開しました。

島根での青全交で分科会で同じグループで、川村さんはグループ長でした。

電気屋同士で近況報告をしながら盛り上がりました。

画像6


午前中は全体会です。同友会型企業作りについて事例を聞きながら、
学んで行きました。

画像7


画像8


全体会終了後に昼食で寄ったお好み焼きです。

本場なので納得の味でしたよ。

設営担当の広島同友会の皆様お世話になりました。

留守中の社員さん、学びに行かせて貰いありがとうございます。










yosidadenkou at 14:53|PermalinkComments(0)

2013年12月31日

今年一年お世話になりました。

画像1



画像2


吉田電工は12月28日大掃除をして、仕事納めでした。

現場の都合で30日も出勤して貰った社員さんもいます。
休日の所出て貰いありがとうございます。

今年一年、社員さん、協力会社さん、電材屋さんなどの仕入れ先さん、お客様には
大変お世話になりました。

2013年は年度末繁忙期で、売り上げも過去最高となり新卒採用と中途採用も
行いましたが、退職者も出すなど経営として反省が多い一年でした。

会社として、組織化よりも風通しのいい社風作りの方に力を入れ、
中堅社員さんが若い社員をどう育てるか、自主的な意見が大分出て来ました。

自分としても、「社員は納得して行動した時に、最大限の力を発揮する」
そのロジックで、対話から結果出そうと考えましたが、そこが出来てきたので、
急がずやって行きたいです。

自分としては、社長として以外にも同友会、スモールサンゼミ、倫理法人会、
電気工事組合青年部、TーSTYLE倶楽部など、自社経営に直結出来るには
どのような学と実践が必要か活動しながら考えた一年でした。

学びも多い一年だったので、2014年はそれを一つでも具現化出来る
一年にしたいです。

来年以降で考えてる事で最重要課題は、「付加価値の創造」です。

アベノミクスや東京オリンピックの影響で、受注が増える可能性と
2014年4月以降の消費税増税による受注減とのきりもみが続くかと
思います。

そこで重要なのが、「何故吉田電工が選ばれるか?」を
社員とどのように共有出来るかです。

付加価値をどのように付けて、無理ない受注で社員のワークライフバランスを
どのように取れるかを、ひとつひとつ実践していきたいです。

画像3


28日大掃除終了後行った忘年会です。社員さん以外に協力業者さん、電材屋担当者さんなどにも
来て頂き、自身の「経営者の責任」を実感した忘年会でした。
人を生かす経営でも書いてる文章があります。

「経営者である以上、時代の変化に対応して経営を維持発展させる責任があります。」

自分自身同友会で学んでいる一人として具現化していきたいです。

もうひとつ自分が気に入った、2月福岡開催同友会全国研究集会11分科会
山本千葉代表理事の言葉「やらないで後悔するより、やって反省した方がいい」
そんな2014年に出来ればと思います。

皆様も良いお年をお迎え下さい。





yosidadenkou at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月14日

全県経営研究集会



11月12日は埼玉中小企業家同友会主催、埼葛地区設営担当で全県経営研究集会が
大宮ソニックシティで開催されました。
基調講演は酒造メーカーである、宮崎本店の宮崎社長でした。

画像1


宮崎社長は付加価値と価格決定権、品質管理、
同友会ネットワークなど自社の事例を元に講演して貰い、
先の解る将来にしっかり備えなさいと、
語られてました。

経営計画で先が見れない将来を少しでも見れるように、
社員と作り上げて行きたいです。

画像2


基調講演終了後は分科会です。

今回は第一分科会で中小企業振興条例を中心とした、仕事作り、企業作り、
地域作りに関して、パネルディスカッションとグループ討論です。

グループ討論ではグループ長でした、テーマが自社で行っている仕事作り、地域作りは
なんですか?でした。

仕事作りではなく企業作りから地域作りへの、グループ討論の方が進む易かったですね。

同友会の活動から、企業作り、会員間で仕事作り、同友会型企業を
目指す会員企業が増えて、その会員さんが仲間を増やす地域作り
が理想かもしれないです。

懇親会も含めて長い一日となりました。

設営担当の埼葛地区の皆様お世話になりました。

yosidadenkou at 07:44|PermalinkComments(0)

2013年06月02日

同友会理事会研修

画像1


昨日は埼玉中小企業家同友会理事会研修でした、報告者な二名で中同協の平田美穂事務局長と柴田玲副代表理事です。

平田氏は同友会の運営から学びを得て、自社に持ち込み、そこから仲間を増やして地域を元気にして、同友会運動へと発展させていく話しが印象的でした。

中同協事務局長は報告のレベルがやっぱり違いました。^ ^

画像2


お次は柴田副代表理事です。同じ年の仲間でライバルですが、同友会理念の体現者が理事であれと力強く話してました。

自分も頑張って彼に追いつきたいです。


yosidadenkou at 13:22|PermalinkComments(0)

2013年04月25日

焼肉やっちゃんキムチ教室

画像1


先日同友会埼葛地区奥津会長のお店、焼肉やっちゃん主催のキムチ教室に行ってきました。

画像1


キムチの材料や作り方などは、参加された方のみ教えて貰うので、今回公開できません白菜の塩漬けから始めて、白菜を漬け込むペーストを作り、白菜塩漬けで一次発酵白菜にペーストを塗って、冷蔵庫に入れてから二次発酵させます。

画像2


ペーストには野菜、海産物、香辛料沢山入っていて、お腹がすいてくる匂いがしてきます。

画像3


家に持ち帰り、翌日食べました嫁からも好評で又作ってと言われました。

ゴールデンウイークに挑戦してみます。
台所が香辛料や材料の残りでいっぱいになるかもしれないです。^o^

奥津会長、関根様お世話になりました。
今度は社員を連れて焼肉を食べに行きますね。



yosidadenkou at 15:05|PermalinkComments(0)

2013年04月03日

合同入社式と新入社員研修会

画像1

4月1日は年度初め、蟲氾津店でも3年ぶりに高卒2名新卒採用をして、
埼玉中小企業家同友会合同入社式に参加しました。

合同入社式は同友会会員企業が何社か集まり、入社式を行う行事で
2.3名多くても10名位の中小企業でも入社式が行えるようにという事で
始まりました。

冒頭、木下代表理事、主賓の挨拶、そして各社付添人による
新卒社員の紹介です。

画像2

当社新卒者2名、他社代表者さん、新卒社員さんによる記念撮影です。

画像3

画像4

1日の午後と2日の終日は新入社員研修会でした、44会の高仲板金工業の高橋さんから
「新卒社員研修は社長が一番勉強になるから行った方がいい」
と以前から言われていたので、社員教育委員会の方たちと2日間講師として参加させて
貰いました。

厳しい就職戦線を勝ち抜いてきた新卒者さんたちは、自分なりの考えをしっかり持っていて
質疑に対してもしっかり答えられる人が多かったです。

大卒者に関しては、頭でまず考えて答えるトレーニングをかなりしているようです。

高卒者はまずは元気さを売りに、これから覚えていく感じでしょうか?
かなり緊張してたようですが、グループ討論から社会人と学生の違いを
模造紙に書き出す作業するあたりから、徐々に打ち解けてきたようです。

グループ討論の時は、大卒の男性が非常に上手で講師の方がびっくりする
場面もありました。

2日目は「ビジネスマナー」を中心とした研修です。

正直自分に「ビジネスマナー」が、しっかり習慣付いているか心配だったので、
受けたのもありましたが、出来てるところと出来ていない所やはりありました。

研修会の最後に、各グループの人にメッセージを書くのですがかなり
慎重に筆を進めて完成させました。

2日間新卒者の方たちと研修を行い、自分が忘れていた「素直さ、ひたむきさ」
などを思い出させて貰い、改めて「企業作り」に邁進していく思いが強くなりました。

「同友会型企業作り、人を活かす経営、労使見解」などと言われてますが、
会員企業さんは、この研修会にまず参加するのがその1歩とも思いました。

最後に当社2名新卒者さん共に頑張りましょう。

今日明日も研修会ですが、午後にお昼寝しないように頑張って下さい。

蟲氾津店ホームページ   URL http://www.yosida-denkou.co.jp/

蟲氾津店facebookページ URL http://www.facebook.com/yosidadenkou



yosidadenkou at 07:25|PermalinkComments(0)

2013年02月19日

中小企業問題全国研究集会

画像1


 先週参加して中小企業問題全国研究集会分科会です。
 今回は千葉同友会代表理事株式会社ストラクス代表取締役
(事業内容リフォーム工事業

  山本克己氏の報告でした。

 山本氏は創業者でストラクスとはドイツ語で「ずーっと、まっすぐに」という
 意味で長く続く会社にしたいと考えて社名を決めたそうです。


 16
年のサラリーマン生活を経て39歳で独立し独立後サラリーマン時代の
 お客様が仕事を発注して貰い、協力会社もそのまま仕事をして貰うなど、
 順調な起業だったようです。


 そこで生まれた経営理念が「人とひとの懸け橋となり価値ある未来を創造する」です。

 建築会社さんは社員さん、協力会社さんとの一体感が一番重要なので
 その事が良く解る経営理念だと思います。


 受注形態について
(元請15%下請け85)

 建築業界での下請けに対する
 メリット(営業しなくてもいい、いい仕事をしいてれば仕事が来る)、
 デメリット(価格決定権が低い)などの説明。


 建設業での共通課題が出されました。
 ・技術者不足
(職人)
 ・施工管理者不足(現場監督)
 ・単価の低価
 ・工賃の上昇
 ・社会保険未加入協力会社などこれらの問題の対しての取組が報告されます。


 技術者、管理者不足に関しては協力会社後継者との勉強会、海外からの技術者受け入れ。

 社員の資格取得は自費で講習会参加をして貰い、今回受験予定の社員を社内報や掲示などによる
 告知、予備校を参考にした「受験日まであと何日」の貼り出しなどを行う。


 受注単価に関してはお客様提案型企業となり、建築だけでなく電気、設備などのワンストップ受注
 (引っ越しの請負もした事があるそうです)


 ・社内でのコミュニケーションでは給与明細に社長コメントなどを入れて、
  それにより社員の奥様がそれを見て家族の絆が深まった話、
 
 ・協力会社にも社内報を発行して一体感を持たせる。

  ・ISO
取得によるPDCAサイクルの実施。
 ・新卒育成の為に大手建築会社を退職した人材を雇用して、社員教育を行う。

  報告内容は良いと思えばまず実行するその後で修正をしていき、
  全体の質を上げていくという自分が参考になる話ばかりでした。



 又営業所展開では分社化による社長を育成する試みなどもありました。


 分科会全般として、建築業界は斜陽産業かもしれないが、
 まずは社長の行動力と社員との対話で道は開ける改めて感じた分科会でした。

 (とりあえずやってみよう 板金社長) 
 

 山本氏にいつか埼玉でも中小企業建設業界向けに報告をお願いしたいです。


  追記 グループ討論では自分のブログから受注に繋がる事例を報告させて
     貰いました、いつも読んで頂いてる皆様のおかげです。
     改めて感謝申し上げます。 



yosidadenkou at 21:34|PermalinkComments(1)

2012年03月14日

スモールサン特別講演と同友会川口地区例会

IMG_9282
















月曜日は夕方から横浜まで、スモールサン(株式会社中小企業サポートネットワーク)
のセミナーに行ってきました。

テレビでお馴染みのの、立教大学経済学部教授山口義行氏が「2012年の中小企業動向」
として、グローバルな問題(国債、TPP、消費税)から中小企業のブランディング、マーケットなど
様々の話を頂きました。

世界のスタンダートして国が緊縮予算を組んでいるのが多い中、どこかの国が好景気に
なりその国が世界経済を引っ張る図式を感は期待を出来ず、いわゆる「日本化」が進む
可能性が非常に高いいう事でした。

国内マーケットに関しては「成熟化」をしてそれが「細分化」となり、大企業が入り込めない
マーケットにビジネスチャンスがあると力説されてました。

その際に、同友会での「体験報告」だけではなく「プロの意見を聞いてこそ出る答えもある」
という話も大変印象的でした。

さっそくスモールサンに入会します。
IMG_1203

一方こちらは埼玉中小企業家同友会川口地区の例会です。

この日は、有限会社 シルバー代表取締役 篠田勝直氏の報告で
「あなたの経営羅針盤は何ですか」と題して、経営指針作成や篠田氏が
勉強してるドラッカーについて報告がありました。

(有)シルバーさんはクリーニング業をされていて、他店舗経営をしています。

短納期、低コストを事業戦略の柱として各店舗地域シェア30%を占めている会社さんで、
クリーニング工場から近いエリアで大手企業が出来ない即日仕上げを強めにされています。

ここでも「マーケットの細分化」「大手企業が出来ない付加価値」を追求して、
経営をされていて、スモールサンの講演とリンクしてる例会となってました。

吉田電工での「細分化」を考えると「電気工事、空調工事を含めた多様性」といった
所が、お客様から当社を選んでくれてる秘訣かもしれないですね。

篠田さんとは同じ年齢なので、これからも切磋琢磨していきたいです。

柴田会長お世話になりました。




yosidadenkou at 21:51|PermalinkComments(0)

2012年01月25日

株式会社 第一経営相談所新春交換会

IMG_3788

















昨日は蟲氾津店が行政書士(経営事項審査や建設業許可の書類作成)などで、
お世話になっている、蠡莪豬弍珍蠱冥颪凌圭娶魎慌颪暴仞覆靴討ました。

IMG_2183

一部では新春講演として、嘉悦大学の黒瀬直宏氏が「今こそ中小企業の時代」と題して、
講演をしました。

中小企業の研究を長年続けていて、中小企業振興条例制定を推進する運動も地方自治体に
おこなっているようです。

今回は中小企業製造業がピークの頃から4割近く減ってしまい、下請け企業の受注単価も
大幅に下落をしていて、大企業が国内中小企業から海外に部品調達をシフトしているのを
グラフなどを用いて解りやすく説明されてました。

ここで、独自性を出している企業紹介をいくつかしていき、付加価値から生き残る術を
見つけている事を説明してました。

顧客のニーズ(つぶやきに近い希望)などを具体化、商品化して販売をいていき、
下請け体質からの脱却に成功した事なども示しました。

実例を用いて話していたので、解りやすい講演でした。

当社の場合、オンリーワン戦略は難しいですが「他社との比較で強みを見つける」事を
常に考えているので、黒瀬氏の講演にも共感出来る部分がかなりありました。

IMG_7815

2部の懇親会では埼玉中小企業家同友会経営委員会でもお世話になっている、
沼田道孝氏から吉村浩平氏に代表者が変わり、新社長の挨拶も頂きました。

吉村さんとは昨年の経営指針委員会で、同じグループで活動していたので、
その頃から分析力の優れて方だと思っていましたが、昨日の挨拶も立派にされてました。

今年も経営委員会でお世話になると思うので、よろしくお願いします。

yosidadenkou at 22:42|PermalinkComments(0)