全量買取制度

2014年02月16日

全量買取制度はいつまで続くか?

画像1


金曜日の日本経済新聞夕刊より紹介します。

太陽光発電の全量固定価格買取制度ですが、制度スタート後経済産業省から認定取得後、太陽光発電の工事を着工せずにパネルや周辺機器、工賃の値下がりを待ってから着工を遅らせる又着工の予定が立ってない業者には認定取り消し{買取価格1キロワット40円}を通知するようです。

現在候補に上がりそうなのが670件となっており、3月には事情聴取などを行い決定するようです。

記事を読み込んでいくと、認可取得後土地、設備の目処が立ってないのが570件、連絡無しが100件とちょっと驚く数字ですね。

画像2


今は人手不足による労務費の高騰や業者選定が出来ない問題。特に土木業者をみつけるのは非常に困難。

太陽光発電事業が盛んになっており、資材調達が非常に困難になっている。

消費税増税前の予算立てで、増税後の予算確保困難。

メガソーラーは外国メーカーが多いので、円安の影響から予算が合わなくなって見直しを迫られている。

以上の点が予想され、認定取り消しが増える可能性もあります。

経済産業省も制度開始後予想は出来ていたと思われます。

税金で行っている制度なので、不公平感を極力なくして、認可後は一年以内に着工が出来るように制度を見直す必要性がありますね。


yosidadenkou at 18:23|PermalinkComments(0)

2013年04月08日

メガソーラー融資急拡大

画像1

今朝の日経新聞からです。
再生エネルギー全量買取制度により、メガソーラー普及が拡大してますが、
それにより銀行融資、ファンドなども積極的に投資をしているようです。

今年度の固定買取価格を転載します。

http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/kakaku.html 

10KW未満で住宅などの一般向けが、38円で10年間

10KW以上で法人などメガソーラー向けが、37.8円で20年間
20年間の固定買取が非常に魅力ですね。

メガソーラーでなくても、100KWクラスならば8年前後で設備償却が可能と
言われており、この買取価格で今バブルのようになってます。

国がこの制度を何年続けるかは解りませんが、この分野でのイノベーションは
物凄く後10年くらいは成長分野になりそうです。

当社でも施工は可能で、材料支給での施工案件なども行ってます。

 

yosidadenkou at 06:50|PermalinkComments(0)

2011年06月18日

再生可能エネルギー全量買取制度

IMG_1560

IMG_1561

現政権がいつ退陣するかはまだ未定ですが、首相は再生可能エネルギー買取制度の法案を、
成立させたいようです。

この制度は太陽光発電だけでなく、風力発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギー電力を買取る制度です。

この法案が通過して、実行されると今の家庭用太陽光発電のように、
1KW15円から20円で一定期間の間各電力会社が、風力発電などの電気を買い取るようになり、
設備設置に対する償却年数が短くなるので、促進をアップ出来る可能性があります。

技術革新やコストダウン、大小を問わずメーカーが参入をして新しい市場として、
拡大する可能性もあります。

但し、この制度を続けるにはこの設備を付けてない一般家庭や法人などの需要家でも、
毎月負担金が発生するので、電気料金の値上げという問題も起きてきます。

電力会社負担が生じるので、応じるかどうかはまだ解らないです。

今までと違う事をすると、得をする人と負担が出る人が必ず出て来ます。

お金がある人だけが優遇されるという、問題に対してどのように答えを出して行くのか、
政府の姿勢も問われるでしょう。

原発の比率を下げるのならば、その分を将来に向けた産業、雇用、技術革新の一つとして、
思いきった投資に踏み切るのも一つの方法ですね。

どちらにしても、自家発電設備を持つ需要家を増やしていくのは、国策として
必要になるでしょう。

初めの設備投資は大きくても、定着すれば国や自治体の負担は減ると思います。

資源エネルギー庁の買取制度に対する、プレスリリースです。
http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/whole.html

こちらは要綱を図にまとめてあります。
http://www.meti.go.jp/press/20110311003/20110311003-3.pdf


yosidadenkou at 17:35|PermalinkComments(0)