償却期間

2011年12月01日

LED工事は吉田電工へ 

LEDダウンライト取付3

LEDダウンライト取付1

LEDダウンライト取付2

最近LED工事を施行させて頂いた現場を紹介します。

この建物は、共同住宅で既設ダウンライトをLED化する工事でした。

既設ダウンライトが27Wの蛍光灯を使用していて、今回リニューアルしたのがLED照明の
9Wタイプなので、電気量は3分の1となります。

又、寿命が40,000時間となっていて、ランプ交換の手間も3分の1となり、
維持管理人件費も圧縮出来ます。

マンションなどの共同住宅のエレベーターホールでは、終日電気を点灯している建物も
多いので、費用対効果は出やすいです。

吉田電工では、LED導入時のイニシャルコストと導入後のランニングコストを計算して、
お客様に見積書提出します。

共同住宅の管理組合の方でも、お気軽にご相談をお願いします。


yosidadenkou at 22:14|PermalinkComments(0)

2011年07月29日

店舗のダウンライトをLEDに交換しませんか?

電球色LEDダウンライト2

夏本番になり、節電対策を家庭、企業、商店などで実施をされています。

商店などでは、節電対策では照明のLED化などが、節電対策ではかなり有効です。

こちらの店舗では、既設のダウンライトはミニハロゲンの100Wを使用していました。

オーナー様から、節電対策で照明器具のLED化を依頼されて、照明器具の交換をさせて頂きました。

既設ランプが100WでLEDのダウンライトの消費電力が13Wなので、
87%の節電となりました。(照度は同レベルです。)

電球色LEDダウンライト1

ハロゲンランプからLEDに変わった事により、電球から発せられる熱量も少なくなり、
店舗のエアコンの使用代も、かなり削減されたようです。

こちらでは、工事料金も含めた金額を3年掛からずに回収可能との試算も出ました。

LEDの電球タイプを取り付けても、節電効果はありますが、ランプ口金の問題そして
デザイン性なども、考慮して検討する事をお勧めします。

蟲氾津店では、LED化工事の見積依頼を受けた場合は

 1.現地調査 
 
 2.見積と設備償却期間の試算 
 
 3. 照明器具カタログ提出

を必ずしてから、契約・工事を行います。

パターンによって違いが出ますが、店舗系ならば3年から5年の間での設備償却
事務所などの蛍光灯などでは、7年から10年位で設備償却が可能ならば、
お客様に導入をお勧めしています。

省エネ設備を導入する場合は、設置をして何年位で償却出来るかを、
業者に必ず確認をして下さい。







yosidadenkou at 08:38|PermalinkComments(0)