企業作り

2017年12月31日

今年一年お世話になりました

2017年大晦日

2017-12-31-08-41-26

2017-12-31-07-43-33

2017-12-31-08-11-53

今朝は皇居ランから始めました。

今日は始めて長男を連れていき、社長さんたちと1週回ってきました。

子供も足を止めずに完走です。

朝食は炭水化物を取らずに、野菜中心としました。

さて2017年当社の企業作りは前進したと思います。

同友会では2月に報告を2回、3月に1回行いました

2017-03-25-09-02-20

2017-03-26-10-17-40

そして3月25日26日宮城同友会の経営指針を創る会に参加。

そこで謙虚に学ぶ意味を知りました。

2017-04-03-11-59-04

4月は新卒社員3名社員数は17名と過去最大です。

2006年同友会入会時は5名でした、少しずつですが社員を増やせております。


2017-06-17-17-48-19

6月経営指針発表会を行いました。(外部発信)

顧問税理士や同友会会長も呼び、今期はスタートしてます。

社内委員会活動の成果が少しずつ出てくるといいです。

2017-06-28-21-31-12

6月は理事会報告

2017-07-06-11-53-41

19748835_1398701286884899_1543101753392416546_n分科会

7月は愛知の定時総会で報告してきました。

全国大会での報告はこれで2度目です。


9月は自分の所属地区で報告

2017-10-06-16-06-43

2017-10-06-18-52-24

10月は広島同友会の全県経営研究集会で報告させて頂きました。

この後広島同友会の方と埼玉でお会いできて、交流が生まれております。

11月は埼玉県の全県経営研究集会の設営地区としてお手伝いをさせてもらいました。

今年一番印象的だったのは、宮城同友会にで知った

「真の謙虚さこそ、最も貪欲に問題の本質に迫る態度である」とうい文章です。

「真の謙虚さ」を持ち、経営者の価値判断基準であるぶれない「経営理念」両方を
持つ事が必要でそれが「経営者のあり方」 「経営姿勢の確立」だと思います。

そして川口地区の大先輩新井氏が言ってました。

「愚直に続けることが大事です」

2017-12-29-15-05-52

隣の土地も購入して自転車置き場と物置を設置、倉庫が機能的になりそうです。

在庫を管理する倉庫でなく、利益と作業効率を上げる倉庫に生まれ変われればと思います。


2015-10-27-12-42-16

課題解決型の経営者を目指しなさいとよく言われます。

課題は解決すれば、新たな課題が生まれます。

経営者は「課題進化型」であり続ける事が重要かと思います。

経営指針の実践は「指針で掲げた企業像に近づくための成果を伴う具体的行動」と
中同協は定義してます。

皆様に感謝の気持ちを忘れずに、「人を生かす経営の総合実践」をこれからも続けます。

今年一年お世話になりました。

よいお年をお迎えください。


yosidadenkou at 12:19|PermalinkComments(0)

2015年05月27日

同友会戸田蕨地区総会

2015-05-21-18-01-05


紹介遅れましたが、先週の5月21日は同友会戸田蕨地区総会でした。

2015-05-27-10-00-01


今回で地区会長を退任します、2年間会員の皆さんにはお世話になりました、色んな事がありましたが、会長を務めて勉強になり楽しかったです。

地区会長と会社の社長は全然違う役目、仕事だと思っていましたが、実際には同じでした。

地区会長を通じて、自分自身の問題点や社内での組織のあり方なども学ぶ事が出来ました。

2015-05-27-09-59-54


新会長の川島さんです、彼とは同い年で地区例会に人数が集まらない時などにどうすれば集まるかなど、何年も苦楽を共にしてきました。

今度は相棒の門出なので、彼を全力で支えていきます。

2015-05-27-09-59-46


今年の総会は戸田蕨地区創立40周年記念なので、歴代会長にも出席頂き花束贈呈を行いました。

二代目会長である奥墨氏より埼玉同友会設立時のご苦労などをお話し頂き、先輩達の歴史の上で今があると改めて感じる事が出来ました。

2015-05-21-21-11-55


今回同友会を勇退される小山清次郎さんです、清次郎さんからは経営者の心を学ばせて頂きました。遠い背中ですがいつかは追いつきたいです。

地区会長は終わりました、自社経営者としての課題と同友会運動はまだまだ続くので、生涯勉強して行きたいです。

yosidadenkou at 10:14|PermalinkComments(0)

2013年10月09日

企業作り 地域作り 雇用

画像1

今朝の日経新聞の一面です。パナソニックがプラズマテレビから撤退するそうです。

液晶テレビが主流の今プラズマテレビは苦戦してたので、撤退は
経営判断として評価するべきでしょう。

自社と照らし合わせると、赤字の金額が天文学的な数字でピンと来ないです。

この記事で注目したのが、プラズマテレビを生産してた尼崎工場を撤退、
売却するとの事です。

来年以降工場が撤退して売却や用地移転が進まなければ、多くの雇用が
奪われます。(休止中の第3工場は売却先が年内合意するようです)

第2工場に関しては、兵庫県や尼崎市と移転に向けての交渉をするようです。

企業誘致には自治体もかなりの苦労をしたでしょう。

固定資産税や法人事業税、住民税もかなりのダメージとなりそうです。

大手企業はグローバル循環(競争が世界シェア)の中で、激しい競争をしており効率化を
最大限求めて行かないと立ち行かなくなるのは事実です。

これを否定してもしょうがないです。
(これは各企業の社会的な役割の問題だと思います。)

この工場のピーク時に何人の人が働いていたかは、解らないですが
仮に1000人年間売上1000億円として1社に依存した地域作りを行うと、このようなリスクが
存在します。

これが10人規模の会社で売上1億の会社が100社あった場合はどうでしょうか?
100社が存在すれば、様々な分野の職種があり多様性のある雇用や事業体が
生まれて、企業連携もたくさん出来るかもしれないです。

中小企業が毎年は大変でも3年から5年に一度新規採用を行う会社が増えて行けば、
それが企業作り、地域作りになると思います。
(身の丈にあった企業作り、組織作り)

この記事を読んで、これが中小企業憲章、中小企業振興条例を推進していく
必要性だと強く感じました。

自治体、企業共に今後、どの分野、どれくらいの規模の事業体を誘致、立地するのか、
育成するのか、連携して事業体を創出していくのか。

舵取りが難しくなる世の中になって行きます。

蟲氾津店としては、定期的に新卒採用をして組織化を図って企業作りを
して行きたいです。

そうでないと、同友会に所属してる「意味的価値」は出ませんから。



yosidadenkou at 09:06|PermalinkComments(0)