中小企業

2011年04月05日

中小企業の借入が増えているようです。

a07024e7.jpg








































今朝の日経新聞ですが、全国の信用保証協会が中小企業向けに用意している「景気対応緊急保証」の利用が急増してるようです。

東日本大震災の後、材料調達困難による仕事の一時中断や計画停電による、生産高の急激な落ち込みによる、手元資金の悪化を防ぐ為に、早めの資金調達を行っていると思われます。

因みにの制度は、リーマンショックの後に中小企業が借入を行い易くするように、銀行保証をゼロにして、信用保証協会が100%する融資制度です。

金利も通常より安く、1.2%から1.5%位だったと思います。

本来は、3月末でこの制度を終える予定でしたが、9月まで延長をしたようです。

被災した企業が、一番大変なのはもちろんですが、そうでない企業は今月から半年位までの間、手持ち資金を潤沢にする必要性があるでしょう。

新規借入を行う財務状態の会社は、今月中に申し込みを検討した方が、いいかもしれないですね。

cb00f62a.jpg

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの記事ですが、国土交通省が消費者庁に対して、住宅建材の買い占めを禁止する、法律の適用を検討するように要請しているとの事です。

建築業界では、震災での復興で大量の建材が、必要になってきます。

資材不足はもちろんの事、資材の急激な高騰も何とか抑えるように、努力をして頂きたいです。

現時点でも、資材が入らず工事がストップになり、取引先から資金回収困難になってる、下請け企業がかなり出て来てると思われます。

資材が入らなくなると、値段が異常に上がっていくのも懸念されています。(実際に電線関係は上がってきています)

前にもブログで書きましたが、物流車両の高速道路無料化とガソリン暫定税率の2年間廃止をぜひ、やって頂きたいです。

物流コストを下げて、復興事業と通常の経済活動が同時に行われる政策を、打ち出してもらいたいです。

 



yosidadenkou at 21:28|PermalinkComments(0)

2010年10月19日

昨日の日経からです。

IMG_0197[1]























昨日の日本経済新聞の見出しからですが、リーマンショック以降から政府が行っていた、信用保証協会による100%保障による制度融資が、来年3月末を持って終了するようです。

従来通りの、金融機関20%補償保証協会80%補償の制度に戻って、中小企業の融資下支えを行うようです。

但し、従業員20名以下の会社で、借入金1250万以下の場合は保証協会が全額補償制度は続くようです。

保証協会は国で運営しているので、借入返済が滞る(不良債権化)と税金の投入もありえるので、一定の線引は必要でしょう。

緊急融資制度も2年経過したので、企業も一定の運転資金確保は終わっていると、予想されます。

後は景気が回復してもらって、設備投資などの積極的な借入が増えて行けば、全体が循環していきさらに相乗効果が生まれると思います。

金融機関は20%の補償でも、貸し渋りなどが起きないように、中小企業を下支えして頂きたいですね。




yosidadenkou at 13:35|PermalinkComments(0)

2009年11月21日

省エネ設備補助金制度

a0222e9d.jpg

e24831f9.jpg

今朝の日経新聞埼玉版に出ていましたが、首都圏企業ではLEDや太陽光発電などの省エネ設備導入が急ピッチで行われているようです。

大手企業が中心だと思われますが、資金力のある所は省エネ設備採用が速いようです。

吉田電工でもこれから力をいれて行きたい分野ですね。

一方埼玉県の補正予算で行われている、中小企業向け省エネ設備補助金の執行状況についての記事がありました。

8月から、総予算6億円でスタートしていますが、まだ全体の3割も満たない利用状況だそうです。

省エネ設備だと、店舗などではLED照明を採用した場合に、全体の2割の補助が受けれます。

年度末ギリギリまで、利用出来そうなので興味のある方は弊社まで連絡を下さい。



yosidadenkou at 17:09|PermalinkComments(0)