マーケティング

2021年07月19日

ピークエンドの法則(お客様と継続的な関係を作る方法)


ディズニーに学ぶ『ファン』を増やす心理技術

アメリカの心理学者が、こんな面白い話をしている。想像してみて欲しい。こ れから家族とディズニーに出かける。ディズニーの中に入ると、1時間おきにアン ケートメールが送られてきて、その時の気分を「1=うんざり」「10=素晴らしい」 の10段階で評価しなければいけない。  当日の様子はこんな感じだった。 ======================

 9:00:ホテルの部屋から子どもたちを連れ出す 【評価:6点】

 10:00:子ども向けのアトラクションに乗る   【評価:5点】

 11:00:子どもたちとジェットコースターに乗る 【評価:10点】

 12:00:少し混雑したレストランで食事 【評価:7点】

 13:00:炎天下の中、パレードが始まるのを待つ 【評価:3点】

 14:00:帰り、グッズを買って子どもたちは大喜び【評価:8点】 ======================  

 
 さて。この時、1日の満足度の平均値をとると、【6.5点】になる。特別高いと いうわけでもないです。

  調査はさらに続く。後日、もう一度、ディズニーに行った日を思い出して、総 合評価をして欲しいとお願いされる。
もちろん、普通に考えれば、平均点である 【6.5点】になるか、あるいはそれに近い数字になるだろう。でも、、、

後日、その時のことを思い出しながら、つけてもらった評価は【9点】。大満 足という評価に、ガラッと変わってしまった。  

 一体、何が起こってるのか?その場で感じている評価と、後になって思い出した 時の評価が大きく異なる。この不思議な現象を、心理学者はこう説明する。
 「人がある経験を振り返る時、起こったことのほとんどを無視して、数少ない特 定の瞬間に注目する。   特定の瞬間とは、「クライマックス」と「最後」である。

つまり、上の事例では、 記憶に残っているのは、ジェットコースターに乗った時と、最後グッズを買っ て、子どもたちの大喜びする顔を見たところだけ。

それ以外の記憶は、ほとんど 思い出されない」

 
これは、
『ピーク・エンドの法則』と言われる、心理学のとても有名な法則。 要するに、クライマックスとエンディングの瞬間だけが記憶に残り、満足度に大 きく影響を与えるというもの。


自社にもこれが当てはまるか考えてみました。

1.現場が繁忙期で大変な時に綿密な打ち合わせをして乗り切り、最終段階でお客様と打ち解けて次の現場への話をしている。

 

2.現場施工管理で図面や提出物の期限を守りお客様の担当者が高い評価を貰い。購買部に推薦を貰い次の現場が受注しやすくなる。

 

現場の最終日にお客様に今回大変お世話になりました、ありがとうございます又次回よろしくお願いします。 とお声かけをする。

 

お客様も色々あったけど大変な時も力になってもらい最後も気持ちの良い挨拶をしてくれた又仕事を頼もう。 

 

そんな気持ちになってくれると思います。

現場が大変な時やクレームが来た時などが評価を上げるチャンスで機会損失がないように全社的に取り組んで行きたいです。



yosidadenkou at 10:10|PermalinkComments(0)

2019年08月28日

マーケティング

先週はお盆休みに振り替え休日として二日間消化させてもらいました。

22日は三男とイベントに行ったので、その時に思った「マーケティング」お客様にどのような価値を売るかについて書きます。

IMG_2918

IMG_2919
 

この写真は「仮面ライダー」のイベント会場で飾ってあったものです。正面口に入り一番初めに展示をしてました。真ん中に初代仮面ライダーやライダーマンの人形があり、

子供だけでなく一緒に行った親も懐かしく、楽しめる展示をしています。

子供に良く「ウルトラマン」「仮面ライダー」「戦闘ヒーロー」のイベントに連れていかれますが、必ず今の主人公だけでなく「親が子供の頃に見た主人公」を展示して、ヒーローショーで出演させる事が多く、「子供だけでなく親にも飽きさせない工夫」をしてます。マーケティングは「自社の強みを使い、お客様にどのような価値を提供するか」です。「ヒーロー物」は40年以上の歴史があり「時代を超えて長く支持されてきた」ので、飽きが少なく「親もついつい財布のひもが緩くなる」傾向があります。

消費者の心理を知り、どのような価値を提供するかは商売の基本だと改めて学びました。

IMG_2917

9月1日(日)からは令和元年最初の仮面ライダー「ゼロワン」がスタートします。新しい宣伝も忘れてない所がさすがです。

23日(金)は協力会社さんを3社訪問してきました、午前中に2社八丁堀と田町です

 IMG_2924

IMG_2927

午後は神奈川県藤沢市の先にある六会まで、行ってきました。「お客様の期待に応えるには」「供給する体制作り」も必要です。3社の社長さんとも良好な関係性を築けそうです。「人手不足」を少しでも解消して社員さんの負担も減らしたいので、「協力会社」を探す活動は継続して行きます。

cbk[1]

夕方は同友会のメンバーと電気工事会社さんに行ってきて、社員さんにお話を聞いてきました。その工事会社さんは電気工事でも東京電力の変電所整備「特高の6.6KVから自家用6.6KVに下げて電気を供給する」仕事がメインの会社さんです。

電気工事でも特殊分野に入り、長く務める社員さんが多く「インフラとして欠かせない仕事をしている誇り」を強く持つ社員さんばかりでした。当社も技術系の会社として皆さんが当社で働く事に、誇りを持っていただければ幸いです。

                            



yosidadenkou at 08:42|PermalinkComments(0)