セラルクス照明

2011年07月25日

水銀灯からセラルクスへの交換をお勧めします。

IMG_2134[1]

















土曜日に工事をした、工場内の照明点灯の写真です。

この工場では、300Wの水銀灯を取り付けていましたが、節電対策でプランを頼まれて、
一番効果が出る、水銀灯を交換する事にしました。

この照明は、セラルクス照明と言って照度が同等となっていて、既設配線は基本的に全て
再使用が可能です。

省エネ用水銀灯安定器[1]

工事事体も、上記の安定器交換とランプ交換のみとなっており、機器の値段もLEDよりは
安いのでお客様が購入し易いのが特徴です。

節電量ですが、既設水銀灯の消費電力が310Wに対して、セラルクス150タイプで175Wと、
44%の節電可能となっています。(照度は同等)

こちらのお客様でも、蟲氾津店で設備償却期間を試算した所、4年位で償却可能となっています。

水銀灯のリニューアル工事なので、設置場所が高い所などでは別途足場工事などが、
必要な時はありますが、それを差し引いても、導入するメリットはかなりあります。
(それでも設備償却期間は5年位です。)

省エネでお悩みの方は、一度ご蟲氾津店まで御相談下さい。




yosidadenkou at 08:12|PermalinkComments(0)