オグリキャップ

2010年08月30日

スーパークリークが

GI3勝馬スーパークリーク死去(UMAJIN) - livedoor ニュース

平成の怪物と言われた、オグリキャップのライバルである、スーパークリークが死去しました。

武豊が初めてG1を取ったのはこの馬でしたね(菊花勝を5馬身か6馬身差で圧勝しました。)

そして、その年のGI有馬記念で3着に入線しながら、直線斜行して武自身初のG1失格にもなりました。

良く年秋の天皇賞では、オグリキャップの猛追を抑え、見事に2度目のGI奪取となりました。

武豊自身もまだ20歳か21歳と若く、スーパークリークも馬格ありまさに名コンビと言った感じでした。

それとこの頃は、バブル経済の真っただ中で日本全体が活気に溢れて、空前の競馬ブームで若い女性が、競馬場に数多くの人が押し寄せていました。





yosidadenkou at 18:23|PermalinkComments(0)