太陽光発電他省エネ

2014年02月16日

全量買取制度はいつまで続くか?

画像1


金曜日の日本経済新聞夕刊より紹介します。

太陽光発電の全量固定価格買取制度ですが、制度スタート後経済産業省から認定取得後、太陽光発電の工事を着工せずにパネルや周辺機器、工賃の値下がりを待ってから着工を遅らせる又着工の予定が立ってない業者には認定取り消し{買取価格1キロワット40円}を通知するようです。

現在候補に上がりそうなのが670件となっており、3月には事情聴取などを行い決定するようです。

記事を読み込んでいくと、認可取得後土地、設備の目処が立ってないのが570件、連絡無しが100件とちょっと驚く数字ですね。

画像2


今は人手不足による労務費の高騰や業者選定が出来ない問題。特に土木業者をみつけるのは非常に困難。

太陽光発電事業が盛んになっており、資材調達が非常に困難になっている。

消費税増税前の予算立てで、増税後の予算確保困難。

メガソーラーは外国メーカーが多いので、円安の影響から予算が合わなくなって見直しを迫られている。

以上の点が予想され、認定取り消しが増える可能性もあります。

経済産業省も制度開始後予想は出来ていたと思われます。

税金で行っている制度なので、不公平感を極力なくして、認可後は一年以内に着工が出来るように制度を見直す必要性がありますね。


yosidadenkou at 18:23|PermalinkComments(0)

2013年10月24日

LED専門ページ立ち上げました。


画像1


http://led-yoshida.com/

この度蟲氾津店ではLED専用ページを立ち上げました。

大手の店舗や事務所ではなく、住宅、店舗、中小企業の倉庫、工場
事務所などのお客様に提案していければと思っております。

マンション、アパートの共用部なども引き続き提案していきたいです。

LED照明の需要はまだまだあり、設置を検討されてるお客様が
いらっしゃると思います。

当社の特徴は提案、契約工事まで全て自社で行ます。
(協力会社にお願いする場合でも担当者が付きます。)

又、メーカー保証5年間、ローン支払いなどもクレジット会社を通じて、
行っております。

今年6月の記事ですが、LEDに関する記事を掲載します。
http://www.group.fuji-keizai.co.jp/mgz/mg1306/1306b1.html
この記事だと急拡大とはいきませんが、安定していく市場だと言えるでしょう。

「家は小口だから相談しにくい」などとお考えの方はいませんか?

まずは吉田電工のメール、電話、FAXでもいいのでお気軽にご相談下さい。

事前に本数や種類、1日の点灯時間など解れば見積と設備償却期間
を算定します。

設備償却期間は3年から7年位で算定可能かと思います。

何卒よろしくお願いします。


yosidadenkou at 11:46|PermalinkComments(0)

2013年07月03日

LED工事は吉田電工へ

画像1

















先日施工をした、既設蛍光灯をLEDランプに改修工事をした写真です。

既設蛍光灯は安定器を経由して、蛍光灯に電気を供給してますが、
LEDの場合は、安定器を経由せずLEDランプに直接電気を供給
して点灯させます。

画像2

今回はLED工事と同時に、商品棚の真ん中に照明がないので、
増設と移設をしてほしいとの事で、レースウェイを吊ってLEDの照明器具を
取付ました。

お客様からは、明るく作業がしやすくなったと評価してもらい、
良い提案と施工が出来て嬉しく思います。

画像3

見積書以外に、試算表を提出しました。
今回は設備償却期間に3年半から4年掛かる計算となりました。

蟲氾津店では20本前後の蛍光灯などの、小ロットでの注文も受けております。

蛍光灯やダウンライトなどは、本数や取付場所、器具の種類、ダウンライトの
場合は、穴の大きさなどを教えて頂ければ、現地確認なしでも見積提出は
可能です。

工事も基本的には一日で施工可能です。

事務所、店舗、倉庫、住宅などで省エネのLED導入を検討されて
いる方はお気軽に相談をして下さい。

吉田電工 URL http://www.yosida-denkou.co.jp/

吉田電工 facebookページ http://www.facebook.com/yosidadenkou




yosidadenkou at 18:57|PermalinkComments(0)

2013年04月08日

メガソーラー融資急拡大

画像1

今朝の日経新聞からです。
再生エネルギー全量買取制度により、メガソーラー普及が拡大してますが、
それにより銀行融資、ファンドなども積極的に投資をしているようです。

今年度の固定買取価格を転載します。

http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/kakaku.html 

10KW未満で住宅などの一般向けが、38円で10年間

10KW以上で法人などメガソーラー向けが、37.8円で20年間
20年間の固定買取が非常に魅力ですね。

メガソーラーでなくても、100KWクラスならば8年前後で設備償却が可能と
言われており、この買取価格で今バブルのようになってます。

国がこの制度を何年続けるかは解りませんが、この分野でのイノベーションは
物凄く後10年くらいは成長分野になりそうです。

当社でも施工は可能で、材料支給での施工案件なども行ってます。

 

yosidadenkou at 06:50|PermalinkComments(0)

2013年03月02日

スマートエネルギーWeek2013

画像1

昨日はお客様からスマートエネルギーWeek2013の無料券を頂き、
有明ビッグサイトまで行ってきました。

画像2

水素・燃料電池 太陽光電池 太陽光発電システム施工 風力発電 スマートグリッド エコハウス
LEDなど国内、海外を問わず各メーカーが勢ぞろいしてブースを出してました。

画像3

電気屋なので、一番初めに行ったのはネグロス電工さんです。

展示会のブースにネグロスがあると必ず行きます。

なぜか落ち着くのは、電気屋ならみんな一緒でしょう。

画像4

画像5

画像8

今回は太陽光発電の施工金物や工具関係などを中心に見てきました。

メガソーラーバブルが起こっている中施工面での効率をいかに上げるかで、
各メーカー様々な取り組みをしていました。

例えば、マンションなどの陸屋根に基礎コンクリートを打設しないで、水のタンクを
入れてそれを基礎代わりにして、モジュールパネルを設置する工法。

画像7

こちらのブースでは足場の単管パイプでモジュール用の架台を作り、
工期と単価を圧縮する工法。

住宅屋根用の太陽光発電では、屋根に穴をあけずに取付金物をあける工法

住宅屋根ようの足場材や、荷揚げ工具など。

イノベーションのスピードにびっくりした展示会でした。

メガソーラーに関しては、投資目的の施主さん側を考慮して基礎を作らずに、
単管パイプや杭などを地中に直接打ち込み、設備投資が償却次第撤去転用が
可能な土地活用を考えた工法が主流になってきているようです。

これも、全量買い取り制度が実施された効果が出たのでしょう。

他にも見たいブースがたくさんありましたが、時間も限られており全部を見ることはでき
無かったですが、工期圧縮と低コストをテーマに各メーカー取り組んでいるようです。

それとLEDなどの省エネ照明もいくつかありました、こちらはすぐに提案出来そうな
物もあったので、さっそく準備したいです。

カタログも一杯もって帰ってきたので、内容を精査して提案できるように準備をしたいと
思います。


yosidadenkou at 08:05|PermalinkComments(0)

2012年12月26日

太陽光発電の屋根貸し

画像1






























日経新聞の夕刊からですが、太陽光発電の屋根貸しが主流になってきました、
自治体が学校や複合センター、役所など広い屋上屋根を民間会社に貸して、
太陽光発電を設置して売電で償却する仕組みなってます。

再生エネルギー全量買い取り制度が施工され、メガソーラーや大型太陽光発電が
主流となって来た今、自治体が安い賃料で屋上を貸し出して、地元企業の民間会社
が太陽光発電を設置するのがしばらく増えそうです。

役所と地元企業の連携なので、戸田市でもこのような試みが増えるといいですね。

戸田市の場合は、大きい倉庫がかなりあるので役所が民間会社に賃料を払って、
入札で太陽光発電設備を発注して、売電で設備償却する仕組みが出来ると、
地域連携が出来るかもしれないです。

お互い低コストでメリットが出るでしょう。




yosidadenkou at 21:47|PermalinkComments(0)

2012年05月24日

LED照明の販売促進中です。

2a63b072.jpg






























本日は当社が取引させて貰っている、東京エレク総業株式会社様がパナソニックのLED照明
の販売促進を行っているので、紹介させて貰います。

シーリングライトLSEB1003 (〜6畳)  定価48,300円   販売価格 31,395円〜(取付代込み)

シーリングライトLSEB1002 (〜8畳)  定価51,450円   販売価格 33,442円〜(取付代込み)

シーリングライトLSEB1001 (〜10畳) 定価57,750円   販売価格 37,537円〜(取付代込み)

シーリングライトLSEB1000 (〜12畳) 定価64,050円   販売価格 41,632円〜(取付代込み)

ecedf17d.jpg


こちらはダウンライトタイプのLED照明です。

LSEB5001LE1(開口寸法100Φ) 定価9,240円  販売価格6,006円〜(取付代込み)

LSEB5101LE1(開口寸法125Φ) 定価9,240円  販売価格6,006円〜(取付代込み)

価格は全て税込金額となってます。
尚取付代込みの価格なので、戸田市内から近郊のお客様のみの対応となります。

基本的には3台以上の取付がある場合の価格設定です。

台数が多かったたり、一台のみ場合などは別途見積書を提出させて貰います。

ダウンライトは既設照明と開口寸法を合わせないといけないので、その際は別途相談させて
頂きます。

設備償却期間ですが、シーリングライトで7年位、ダウンライトで5年位だと思います。

何卒よろしくお願いします。

yosidadenkou at 09:19|PermalinkComments(0)

2012年04月21日

戸田市環境配慮型補助金制度


IMG_3127

戸田市の今年度環境配慮型補助制度(太陽光発電、エコキュートなど)の補助金制度
第一次受付が締め切り後も継続されてるようです。

予算の残りが230万と掲載されてます。

太陽光発電などの設置を検討されてる方は、お早めに申請をして下さい。

http://www.city.toda.saitama.jp/453/452377.html

1KW辺りの補助金額が3万5千円ですが、本来なら5万円位あるともいいですね。

それか、戸田市内業者に仕事を発注すれば1KW辺りの単価を1万円上乗せする
などの特典をつけても面白いかもしれないです。




yosidadenkou at 04:00|PermalinkComments(0)

2012年02月04日

大手電機メーカーが苦難に陥ってます。そして太陽光発電の分野は?


IMG_5564

今朝の日経新聞のネット記事から転載します。
大手電機メーカー(パナソニック、シャープ)赤字転落をして、ソニーやNECも赤字に歯止めが
掛からないようです。

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819596E2E1E2E7828DE2E1E2E0E0E2E3E09C9CEAE2E2E2;bm=96958A9C93819696E2E1E29AE18DE2E1E2E0E0E2E3E09C9CEAE2E2E2

テレビ事業の不振もあるようですが、太陽光発電分野でも思った以上にシェアを伸ばせてない
ような記事もいくつか見られました。

太陽光では京セラもありますが
京セラの記事では

http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E1E2E298868DE1E2E2E3E0E2E3E08698E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

純利益が36%減で「太陽光発電の分野の利益が見込めなくなっている」
との社長コメントが掲載されてました。

昨年は円高、東日本大震災、タイの洪水など外部環境が厳しすぎる現実もありましたが、
この状態が続くと中小企業や労働者に影響が出るのは必至ですね。

家電産業から環境ビジネスへの転換をしよとしても、外国メーカーとの価格競争も激しくなり
まだまだ苦難の道が続きそうですね。

但し、内需産業はそんなに業績が悪くないような事も新聞に出てたので、「成長分野」が輸出産業
や製造業でなく、資源調達の商社やスマートフォン事業などに変わっているようです。

蟲氾津店でも太陽光発電の仕事を行っていますが、今年の4月以降補助金関係や
電力買取料金などの制度も確認しながら、在来での電気工事とのバランスを見て
戦略を立てて行きたいです。

yosidadenkou at 11:10|PermalinkComments(0)

2012年01月27日

エネファーム講習会


IMG_6184


















昨日は埼玉県電気工事工業組合浦和支部青年部会(もう青年と言える年齢ではないですが。
が開催する、エネファーム講習会に行ってきました。

エネファームは都市ガスを化学反応させて、水素と水を発生させて水素と酸素と合わせて発電を
して、発電の際に出た熱で水をお湯に変えるシステムです。

詳しくはこちらのURLをご参照ください。

http://home.tokyo-gas.co.jp/enefarm_special/enefarm/structure.html

エコキュートは国の補助金制度が終わりましたが、エネファームは今年度募集の補助金が
85万円、平成24年度が75万円とまだまだ需要増を見込んで国も後押ししてる、省エネと
CO2発生を極力抑えた設計となってます。

又、エネファーム自体に追い炊き用の湯沸かし器が付いているので、いきなりお湯が出なくなる
などのトラブルは殆ど無いとの事でした。

エネファームは太陽光発電とも相性がよく、エネファームと太陽光発電によるダブル発電により、
更なるCO2削減にも貢献出来るそうです。

売電に関してですが、エネファームと太陽光発電による余剰電力の買い取りは32円(太陽光発電のみは
42円)となっているそうです。

買取価格が少ない分は、東京ガスが余剰電力1KWあたり9円(年間最大4.5万円)での
エコキャッシュ支払い制度もあるとの事でした。

エコキュートと同じで、基礎工事やスペースの問題、初期コストと償却期間(およそ20年)など
導入にはメリットデメリットを考慮して決めなければ駄目ですが、これから主流になる省エネ機器の
一つになるのは間違いないでしょう。

当社でも工事対応出来るように、準備を進めていきたいです。

浦和支部青年部会 URL http://www5d.biglobe.ne.jp/~shindo-d/sus/



yosidadenkou at 17:48|PermalinkComments(0)