スマートグリットが本格稼働になりそうです夏はスイカ

2011年07月29日

店舗のダウンライトをLEDに交換しませんか?

電球色LEDダウンライト2

夏本番になり、節電対策を家庭、企業、商店などで実施をされています。

商店などでは、節電対策では照明のLED化などが、節電対策ではかなり有効です。

こちらの店舗では、既設のダウンライトはミニハロゲンの100Wを使用していました。

オーナー様から、節電対策で照明器具のLED化を依頼されて、照明器具の交換をさせて頂きました。

既設ランプが100WでLEDのダウンライトの消費電力が13Wなので、
87%の節電となりました。(照度は同レベルです。)

電球色LEDダウンライト1

ハロゲンランプからLEDに変わった事により、電球から発せられる熱量も少なくなり、
店舗のエアコンの使用代も、かなり削減されたようです。

こちらでは、工事料金も含めた金額を3年掛からずに回収可能との試算も出ました。

LEDの電球タイプを取り付けても、節電効果はありますが、ランプ口金の問題そして
デザイン性なども、考慮して検討する事をお勧めします。

蟲氾津店では、LED化工事の見積依頼を受けた場合は

 1.現地調査 
 
 2.見積と設備償却期間の試算 
 
 3. 照明器具カタログ提出

を必ずしてから、契約・工事を行います。

パターンによって違いが出ますが、店舗系ならば3年から5年の間での設備償却
事務所などの蛍光灯などでは、7年から10年位で設備償却が可能ならば、
お客様に導入をお勧めしています。

省エネ設備を導入する場合は、設置をして何年位で償却出来るかを、
業者に必ず確認をして下さい。







yosidadenkou at 08:38│Comments(0) 太陽光発電他省エネ | 大切なお客様

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スマートグリットが本格稼働になりそうです夏はスイカ