鉄骨の基礎ベース取付年金特別便

2008年07月24日

住宅用自動火災報知設備

こんにちは、今日は土用の丑の日ですね。自宅に戻って夕飯がうな重の方も、多いと思います。

さて平成20年6月1日より埼玉県のほとんどの地域で、既存新築を含む全ての住宅に対して、住宅用火災報知機の設置が義務付けられています。

取付義務なので、罰則等の厳しい措置は今のところないようです。

但し皆さんの財産と生命を、火災から守る上で重要な設備である事に、変わりはありません。

皆さんはご存じでしたか?吉田電工も住宅火災報知機の取付工事を、行っております。値段は乾電池式の火災報知機で取付代込みで一か所5000円から、扱っております。乾電池式の場合は部屋数だけ、教えていただければ現場調査無しで工事は可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅用火災報知機は新築の場合は、多少割高になったとしても乾電池式の物でなく、100ボルトタイプの報知機を採用する事をお奨めします。

埼玉県の条例についてはホームページの内容を下記に、貼り付けておきます。http://www.pref.saitama.lg.jp/A05/BC00/yobou/point.html

吉田電工ではお客様に安全安心な電気設備を、提供して行く事を経営理念として掲げております。



yosidadenkou at 18:04│Comments(0) お知らせ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
鉄骨の基礎ベース取付年金特別便