2019年10月

2019年10月21日

多様性のある働き方

皆さんおはようございます!昨日のラグビーワールドカップはご覧になってましたか?南アフリカには敗れましたがかつての日本ラグビーとは全く違い強いチームでした。 先週10月17日18日と障害者問題全国交流会参加の為滋賀県まで行って来ました。

IMG_3352


滋賀は初めてでした。改めて会社を空けて勉強に行ける環境を作ってくれてる社員さんに感謝を申し上げます。今回の目的は「多様な働き方」について学ぶがテーマでした。
IMG_3362

分科会報告者は神奈川県製造業の副社長さんです。社内の人材は「高齢者 外国人 障害者 高卒の新卒者」など様々な人に働いてもらい、業務を活性化して少しずつ業績を上げて行っているという報告でした。
IMG_3356

グループ討論で気づいたのは「多様性のある雇用を福祉的に考えずに今の社内で負担を減らす為に必要な事」と位置付けて「業務の効率化」をする為に行う。参加した企業にはそのような方たちばかりでした。
現在当社も人手不足が続いているので「細分化出来る事」を見つけだし、皆さんの負担軽減になるものを探し提供する必要性を感じました。私自身も「多様性のある雇用」は「会社の責任」として考える比重が高かったです。今回の学びを通じて「会社の発展 社員さんのスキルアップ」の為に行う物だと感じました。
IMG_3378

IMG_3389

IMG_3390


  二日目全体終了後は滋賀県にある「共生シンフォニー」が運営する「がんばカンパニー」を視察して来ました。発達障害の人が中心に一日1000キロの小麦粉を使ってクッキーを作っています。工場内はきれいで分業がしっかりと出来ていて、働きやすい環境作りをしてました。

IMG_3387

食品工場なので衛生管理が第一です。工場内に入る前にホコリを取るコロコロの使い方が、写真で掲示してありました。大変解りやすかったです。解りやすく伝えるのは、新しい社員さんが入社した時に「早く覚えてもらう」ためにもビジュアル化が重要だと感じました。皆さんに取って良い会社になるために、これからも情報収集と分析を怠らずに行動します。                             

yosidadenkou at 09:26|PermalinkComments(0) 同友会 | 吉田電工について

2019年10月15日

社会性 公共性

昨日から気温が下がって来ました。

先週日本列島を襲った台風19号は多くの犠牲者と甚大な被害をもたらしました。社員さんに安否確認をして大きい被害はなかったようです。会社も事前に対策をしていたので被害はなく良かったでした。日時が経つに連れ被害の大きさが解って来ました。今回被災された方にはお見舞い申し上げます。多数の方の命が亡くなった事ご冥福を申し上げます。私は日曜日の後片付け中に腰を痛めてしまい、腰痛には歩くのが良いのでボートコースや戸田橋などを見て来ました。
IMG_3310

IMG_3307


IMG_3319

ご覧の通りボートコースは普段の倍以上の水の量です。菖蒲川と笹目川の水を取り入れているので、ここに大量の水が流れたので甚大な氾濫にはならなかったようです。

IMG_3320

戸田橋側の出入り口に水草が打ち上げられてました。水がここまで上がったのでしょう。治水の役割も果たしたことが解ります。ボートコース沿道のNTT漕艇部の人が、水かきを
行ってました。皆さん対応が早いです。

 

IMG_3316

 

荒川はスーパー堤防の手前まで水が来てました。堤防工事は何年か前から行って完成してたので、大きい水害事故にならなかったと思います。
IMG_3304

IMG_3321

IMG_3322

東横インから菖蒲川沿いに行く道は冠水してました。社員さんも都内から会社に戻る時に良く使う道だと思います。
IMG_3328

IMG_3330

IMG_3331

以前社内でバーベキューをした彩湖は浸水してました。貯水池として作られて今回放流をして、荒川の氾濫を防ぐ役割を果たしました。国土計画がいかに大事かを教えてもらいました。

以前は公共工事の見直しなどもメディアなでに取り上げられて、予算を減らしたりなどがありましたが国民の命と財産を守るには必要な物が沢山あります。

当社も公共工事を元請けや下請けで受注する事が毎年あります。当社の技術力を通じて社会的な使命を果たして行く事が重要です。

職人という枠を超えて「技術者」「エンジニアリング」として高い誇りを持ち社会に貢献して行く会社になるよう努力して参ります。今回の件で公共工事の重要性は見直されると思います。しかし以前と違い若い人がこの業界に入る割合が減ってきてます。各企業でいかに良い人材が来てくれるかをまずは自助で行うことが重要です。

  



yosidadenkou at 17:27|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 政治 経済

2019年10月09日

ホームページで集客

105日(土)6日(日)埼玉中小企業家同友会主催経営指針セミナーの合宿に、スタッフとして参加して来ました。私も2010年に受講をして翌年からスタッフとして参加をして受講生の指針作りのお手伝いをしながら、自社経営に取り入れる事が何かを見つけようにしております。自分自身と会社を俯瞰してみる力をつける為にも必要です。この二日間は受講生の課題を受講生自身でピックアップして、解決する優先順位を決めて3年間の中期経営計画書を作成します。当社の場合は前年の総括を行い終わってない課題を見つけ、企業変革支援プログラムを実施して新たな課題を見つけそれを年度計画書作成に、適用しているのと同じやり方です。昨日受講生との会話で当社が仕事を受注するまでの流れが、どのようになっているかを考えてみました。これはホームページやチラシ、SNS(ブログ、facebook インスタ)などのパターンを作成しました。

,泙困肋霾麋信をして会社を知ってもらうにはどうするか考えます。

⊆社にどんな特徴があるかを考えそれをお客様に対する売りにします

情報発信用のアイテムを作成します。(ホームページ ブログ チラシ SNS 価格表)

ぅ▲ぅ謄爐鮑鄒した情報発信します。(チラシなどは自ら捲く、新聞広告などに依頼)情報は見る人が短時間で解るように工夫をします。

ヌ笋す腓錣擦来たら問い合わせ先と打ち合わせをして、問い合わせした人が欲しいものは何かを当社が理解をして見積書を提出します。(ここでは見積案件)

ここまではお客様でも「見込み客」となります。

Ω込みのお客様から回答が出て当社で施工となり「契約」ここで初めて「見込みのお客様」が「お客様 顧客」に変わります。(ここでは決定案件)

Щ楾をして工事完了、請求書を作成して「入金」をしてもらい始めて「決定物件」が終了します。

会社が一つの仕事を受注し完了するまでには時間を掛けて決まる物件もあり、社内で関わる人が数多くいます。「チーム」で受注をして完成して行く事によりお客様の信用が上がります。一人一人の努力の結集です。一つの対応の間違いでお客様の信頼を損なうときもあります。「ちょっとまずいかな」と思ったらすぐに相談をして下さい。当社の特徴でホームページから問い合わせが来て、受注をした法人(会社)のお客様は案件終了後も次の仕事の依頼が来る事が多いです。これは普段現場で仕事をしている皆さんの対応力が高く、お客様が次に仕事を頼みたくなる「リピーター」に変化するからです。そういう意味では「直接営業」「現場での営業」「電話対応や書類作成などの間接営業」の三つが結集する事が重要です。周りの人たちに感謝をする事を忘れずに仕事を行います。



yosidadenkou at 17:34|PermalinkComments(0) 大切なお客様 | 吉田電工について