2019年06月

2019年06月30日

怒涛の一週間

IMG_2538

IMG_2539

先週は怒涛の一週間でした。

6月24日月曜同友会の全国大会で知り合った、株式会社アウテック松坂の社員発表会に招待していただき、愛知県刈谷市まで参加をしてきました。

社員さんがコンサルト研修を行い、モチベーションを上げる為に、ヒアリングをしながら発表を行います。

自己紹介ではなく、ペアになって他己紹介を行い、それぞれが今後の目標や、自身の10年ビジョンを発表します。

素晴らしい取り組みで、参加した他の社長からも素晴らしいとのコメントがありました。

IMG_2542

こちらが、株式会社アウテック松坂さんの10年ビジョンです。
絵になっており、現在の借りている倉庫事務所から新社屋を建てたい、目標を社員さんが掲げてます。
思考は現実化すると言います。口に出すこと、文章にする事、絵にする事で具体化します。
アウテックさんは、社内も纏まっており社屋の現実化は10年かからないだろうなぁと思いました。
穂谷あかね社長を始め、皆さんのご活躍を祈願します。

IMG_2553
IMG_2551

翌日25日火曜はアウテック松坂さんに、お邪魔しました、良い会社の特徴は倉庫が綺麗になっていること、事務所の雰囲気が良いこと、お客様が来た時の、受け入れる姿勢が出来ている事、全てが出来ていました。

午後はガテン女子座談会[女性と男性が共存して働ける建築業界へ]と題したセミナーに参加。
こちらも穂谷社長が主催となり、開催され穂谷社長が建築板金の職人さんとして、活躍された経験も踏まえて、建築業界に女性が働いてもらう為に、必要なことを学んできました。

こちらの座談会は名古屋での開催ですが、参加者の愛知の電気工事会社さんが、三社も参加してました。電気工事の業界は慢性的な人手不足なのが、改めてわかりました。

翌日6月26日水曜は同友会ゴルフコンペ、親睦を深めながら、ゴルフをさせてもらえる環境に、感謝をしないと行けないと思います。

IMG_2562

6月27日は鳩ヶ谷高校の3年生に向けて、50分間講師をしてきました。働くとは、就職する上で必要な事、これからの若い世代に身につけて欲しい事などを、話しました。

高校の授業で話すのは2回目ですが、いかに自分の話に、興味を持ってもらえるかが重要です。
社員さんに向けて話をするときも、そうですがメリハリや強調したいところなど、意識して話す重要性を学びました。
会議で社員さんに話すときに、試してみたいです。

夜は全県経営研究集会の実行委員会に参加、10月29日に向けて、実りある会議が出来るようにしていきたいです。
IMG_2567
IMG_2565

翌日6月28日は当社の第31期経営指針発表会を開催。経営指針の外部発表会は今年で3年目となります。今回外部から招待したのは、以前経営指針発表会を呼んで頂いた会社さん、今後発表会を行う予定の会社さん、社内の税務、労務、人事コンサルタントなどを委託している業者さんを、招待しました。経営指針発表会で他社の社長さんに毎年来てもらうのは、一年前と比べて会社の変化、今年の指針書内容、私が社内の課題に取り組んでいるかを、見てもらう為です。言わば、社外取締役会の役目をしてもらいます。
同友会の活用方法の一つです。
IMG_2614
IMG_2615

冒頭のあいさつです。前期は前半が厳しい数字で、どうなるかと思いましたが、目標数値は達成しました。数値以外では達成出来た事、今期に積み残した事なども、指針書に盛り込みました。

IMG_2616

第1部経営指針発表会後の、第2部は基調講演
です。講演者は埼玉同友会で共に学んでる、
有限会社高中板金工業の高橋正哲社長です。
建築板金として80年以上の歴史を持ち、銅板加工の技術を応用した、ランプシェードを開発し建築板金業からメーカーへと、進化を遂げてます。
高橋社長とは同い年ですが、愚直に経営を続けて行く事がどれだけ大事かを、学ばせて貰ってます。
彼を見てると、どんなに良い会社にしても届かない壁をいつも感じてます。

IMG_2620

第3部は懇親会です。乾杯の発声前に勤続10年の表彰をしました。二人共素晴らしい社員さんです、これからもよろしくお願いします。

IMG_2600

IMG_2601

専務の挨拶と乾杯の発声は、株式会社ホウユウの太田社長にお願いしました。

昨年に引き続き参加頂いてます。良くも悪くも会社の変化を、的確に言っていただきありがたいです。

IMG_2610
IMG_2611

29日土曜日は経営指針づくりセミナーでした。
財務と10年ビジョンについて、学びました。

財務の報告者は、株式会社メガワークスの永井社長です。
経営指針作りを経て、月次決算、キャッシュフロー、貸借対照表の重要性をわかりやすく説明いただきました。
10年ビジョンは有限会社さくらネットワークの横山社長です。
先の見通しを社員さんに、示して行く責任が経営者にある事を、学びました。

こんな一週間が終わりました。
今日から月曜、今週も定時総会や高校の学校訪問など行事が目白押しですが、バランス取って頑張ります。



yosidadenkou at 14:30|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 同友会

2019年06月19日

女性経営者全国交流会IN広島

女性経営者全国交流会IN広島

先週の13日(木)14日(金)と、女性経営者全国交流会IN広島に行って来ました。冒頭ですが、会社を空けて外部に情報収集出来るのは、社員さんが自主性を持って、仕事をしてもらっているからです。ありがとうございます。初日は分科会と懇親会、二日目は全体会でした。

IMG_2486

IMG_2488




分科会報告者は、京都で製品検査と製造業を経営する女性経営者、株式会社藤大(ふじはる)代表取締役藤田大子(はるこ)氏でした。ご主人が務めていた、会社から内職で仕事を任せれてから、独立をして経営者としての道がスタートします。1993年創業時は、製品検査からパート5名でスタート、現在は正社員21名パート66名まで、会社を成長させています。顕微鏡での製品検査や、医療機器内のケーブル加工など、品質が問われる仕事が多く、社員さんの技能向上に向けた取り組を、沢山行ってるようです。又職場の8割以上が女性なので、働く時間帯でいかに効率を上げるかも、取り組んでいました。具体的には学校の用事などがあったとしても、数時間でも出社してもらい、仕事をして全体の生産性を、上げているようです。製造業や検査などがメインの仕事なので、分担が出来るからだと思います。藤田社長はコミュニケーションを第一として。

_麝板 社内連絡表 教育記録等

▲蝓璽澄璽漾璽謄ング サブリーダーミーティング

社内報(17年連続継続中)

つ礼

ゴ尭阿竜せち「贈り物」「クリスマスプレゼント」 感謝祭

などを定期的に、行っているでそうです。

社員さんの成長に対しては、技術的以上に人間的成長を第一にしており、協調性を持つ社員さん育成に力を入れております。

社員さん同氏のコミュニケーションも取れているのか、時間を融通し合うなども出来ており、「時短と生産性と相談し易い社風作り」が出来ているようでした。私も見習うべき所が沢山あり、「向き合う」事の重要性を改めて学びました。

グループ討論では、全国の経営者と討論を行い、「人手不足」は全国一緒で働きやすい職場作りに、皆さん苦労しているようでした。

懇親会終了後に、広島同友会の川中社長のお店に行き、川中社長の会社株式会社イベントスの「新10年ビジョン」を見せて頂きました。川中社長の会社株式会社イベントスは、イベントなどの料理仕出しをメインにしている会社です。「10年ビジョンを絵でデザイン」してから、採用活動が進んだそうです。

こちらが10年ビジョンです
IMG_2494

面白かったのが、冠婚葬祭を自宅などで行う時に、バスを改造して出来立ての料理を提供出来るサービスを始めるそうです。地域性があるサービスだと思いました。

10年後が絵になっていると、社員さんも解りやすいので、当社も作りたいです。

二日目は全体会です。参加者700名が集まり、記念講演が行われました。広島県尾道市の生産品帆布(はんぷ)で、尾道市に新しい産業を生み出したお話でした。帆布は元々船で使う為に生産されていて、出荷量が大きく減る中、新しい製品(トートバック、ポーチ、のれん、小物入れ、ジャケット)などを開発して、売り出しているそうです。設立時の年商は150万でしたが、今年は1億近い年商となり、地域に根付いた産業となり、現在は地元小学生から高校の職場体験学習にも活用しているそうです。
IMG_2495

地方は人口が減り、若い人やマスコミ、行政などにいかに注目されて、魅力ある街作りを行えるかが、生き残りのカギになります。

「危機感をいつも持つ」ことが大事かを、学びました。

初日の夜別の用事で、広島にいた阿部重利社長とお会いして、今後の会社経営のアドバイスを頂き、意見交換もして来ました。
IMG_2503


幹部の方の成長と、社員さんの協力性に対して、「素晴らしい」とお褒めの言葉を頂きました。

阿部社長は社員さんに対しては、褒めますが、私には𠮟咤激励が多いです。「今後会社を成長させる意見」としてありがたく、伺っております。

以上となります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

                       株式会社吉田電工 吉田雄亮

 



yosidadenkou at 21:05|PermalinkComments(0) 同友会 | 吉田電工について

2019年06月10日

桶高クエスト

桶川高校課題解決型授業

桶川高校課題解決型授業「桶高クエスト」に参加をして来ました。クエストは日本語に訳すと、「探求・追及」という意味です。

学校教育が変わり「暗記だけでなく、提案や創造性」などを育てて行く、教育に変化をして行く方針だそうです。

これを受けて、桶川高校が6月から来年の2月まで、経営者が出した

「自社の新事業」に対して、学校側、学生側が探求をして、自ら答えを出して行く、「課題解決型授業」を埼玉県で初めてスタートしました。

この活動は、埼玉同友会共同求人委員会と学校側の協力で、昨年から準備をして、6月6日の初日を迎えてます。

この授業により学校側、学生側は「自ら考え、行動する、提案をする、社会との関わり、自分が住んでいる地域性、」などを深く学べる機会となります。

企業側は若者たちに、中小企業を知ってもらう、これからの日本を背負う人材育成の手助けをする、働く上で必要な「自主性、主体性」を知ってもらうなど。相互にメリットがある試です。

IMG_3486

DSC_0071

私は「1年3組」を担当しました。初めに体育館で全体説明を行い、講師紹介を経て、教室に移動をしました。高校の教壇に立って授業をしたのは、生まれて初めてだったので、かなりの緊張だったです。

始めに会社紹介と、電気工事が生活をする上で、いかに重要で社員の皆さんが、この仕事に誇りを持ち、働いているかを説明しました。

この後テーマは発表です。

テーマは「地元のお店や会社にイルミネーションをつけてもらい、売上アップのお手伝いをする新事業、皆さんで街をデザインしよう」としました。当社も新事業として、ルミネーションを含めた「照明のデザイン」を行う予定です。折角の機会なので、「高校生の柔軟な発想」を、取り入れたい狙いもあります。授業はテーマ出し後、5人8グループに分けて、「イルミネーションのイメージと効果」について、模造紙に書き込んでもらいます。

DSC_0084

最近の高校生は大人しく、意見があまり出なく、盛り上がりに欠けるか心配でしたが、皆さん色々と模造紙に書き込んでおり、意外な発想もありました。

DSC_0083

イルミネーションの効果で面白かったのが「イケメンに見える、美女に見える、インスタ映えする、カップルの愛が深まる、告白すると100%成功する、青色のイルミネーションは防犯の効果がある、お店にイルミネーションをつけるなら、イメージの色を使った方が良い、ラーメン屋さんなら赤色が良い(蒙古タンメンのファンでしょうか?)、外部から訪れる人が増える」など、早速参考になる意見もあり、私自身も勉強になりました。

当社も電気工事を行い、お客様に様々な「満足」を提供しています。社員の皆さん一人一人も、お客様にどんな「満足」を提供しているか、考えて欲しいと思いました。

 

IMG_3516

次回桶川高校に行くのは、9月なのでそれまでは進捗状況などの手伝いで、連絡を取り合う予定です。9月の「中間発表」でも良い提案が出ると思うので参考にしたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 



yosidadenkou at 09:10|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 同友会