2015年03月

2015年03月11日

あれから4年

3月11日は東日本大震災が起きた日です、あれから4年がたちました復興に関しての記事を読んでいくと道路、鉄道、港湾などインフラ整備は進んで来ているようですが、住宅の移転などはまだまだのようです。

今建築業界は高齢化が進み、その中で復興需要と東京オリンピック、太陽光発電、省エネ設備など人手不足に拍車を掛けています。

何とか、復興工事だけは計画通りに進んで貰えればと祈るばかりです。オリンピックの工事で開催まで間に合わないのと、被災者の苦しみを救うのとどちらが大事かは明白でしょう。

自分は震災後社員と話をして、仮設住宅の工事に2名の社員さんを派遣しました、彼らは今や当社の主力で頑張ってくれています。

大変ありがたいです。

昨年のこのブログで書きましたが、震災後は競争ではなく、共生の社会に生まれ変わるのかと思いましたが、中々そう簡単にはいかないようです。

自分や家族、社員、協力会社さん、取引先さんに感謝をして企業作りを行い、毎年黒字を出せる会社にしたいです。

中小企業家のみなさん、計画的な赤字より黒字を出して強靱な経営体質を目指しましょう。

改めて、震災で亡くなったひとのご冥福をお祈りします。

yosidadenkou at 12:54|PermalinkComments(0)東日本大震災