2012年12月

2012年12月31日

今年一年お世話になりました。

2012年も後数時間で終わりとなります。

今年蟲氾津店では、前年度決算(2011年5月末)が赤字に落ちてそこからどう巻き返すかを、
自分自身考えながら、経営にあたってきました。

2011年6月当初からそれなりの受注もあり、2012年5月決算ではそれなりの数字を出せる
事が出来ました。

経営計画書と照らし合わせると、まだまだ達成出来てない所もあり、
2013年5月末でいい決算が出るように、蟲氾津店に取って最も重要な1月、2月、3月
を乗り切りたいです。

自分が所属してる埼玉中小企業家同友会戸田蕨地区では、
6月から幹事長の役をやらせて頂き、11月例会で「戸田市未来会議」という
同友会以外の他の経済団体(とだわらび倫理法人会、戸田市商工会青年部、
T-STYLE倶楽部)とのパネルディスカッションから、戸田市の未来像を考える
例会企画の担当者をさせて貰い、大変ながらも勉強になりました。

同友会では10月全県経営研究者集会では、第5分科会で座長をさせて貰い、
経営指針セミナーでは、初のグループ長をさせて貰い、
「役を受けた後、それをどのように会社経営に反映させるか」
を考えるいい時間をもらったと思います。

会社としては、社内組織化の一層の強化が重要となります。
各セミナーや社員との会話の中に、数多くのヒントがあるので少しずつ実践
して成果を出していきたいです。

個人的には、3月のさいたまシティマラソンではいい成績でしたが、
11月の戸田マラソンでまたもや失速したので、3月出場予定のハーフマラソンでは
いい成績が出るように準備をしたいです。

経済は安倍内閣発足後株価は上昇してますが、消費税増税の判断を先送りできるかが
非常に重要になると思います。

経済政策的には、中小企業での正規雇用が増えるような補助金や税制優遇などを
行えば、日本経済も先行きは明るいでしょう。

それでは、私の家族、社員さん、社員の家族の方、協力会社様、取引会社様
お客様今年一年お世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

皆様良いお年をお迎え下さい。

吉田電工URL
http://www.yosida-denkou.co.jp/

yosidadenkou at 18:54|PermalinkComments(0)吉田電工について | 政治 経済

2012年12月29日

松井秀喜引退



年末仕事で早出が多く、ゆっくり新聞やニュースを見る事がなかったのですが、
今日改めて松井の引退記者会見を聞きました。

あー本当に残念です。

実は新婚旅行はニューヨークヤンキースで松井を見たいと、提案した所
でもスペインもいいよねとの話になり、スペインに行ったのを思い出しました。

自分が好きなプロスポーツ選手は「松井秀喜と名波浩」でした。

松井がニューヨークに行ったシーズンに、NHK特集がありその中で、
松井の好きなアメリカの子供達は、引っ込み思案で大人しい子供が多い
と言ってました。

その頃監督だったジョー・トーリが「彼こそ男の中の男だ」とコメントしてましたね。

国内では、いじめ問題が深刻な時に「いじめに負けるな強くなれ」と書いた
ポスターを制作して話題になりましたね。

今回の引退会見でもそうですが、彼の人間力が良く表れてます。

今後はいい指導者になって、野球だけでなく人間的に素晴らしい選手を育成
して欲しいですね。

松井さんお疲れ様でした。

あんまりバラエティーには出ないで下さい。

出来る事なら愚直なまでに、野球を追い求めて欲しいです。




yosidadenkou at 20:54|PermalinkComments(0)スポーツ 

2012年12月26日

太陽光発電の屋根貸し

画像1






























日経新聞の夕刊からですが、太陽光発電の屋根貸しが主流になってきました、
自治体が学校や複合センター、役所など広い屋上屋根を民間会社に貸して、
太陽光発電を設置して売電で償却する仕組みなってます。

再生エネルギー全量買い取り制度が施工され、メガソーラーや大型太陽光発電が
主流となって来た今、自治体が安い賃料で屋上を貸し出して、地元企業の民間会社
が太陽光発電を設置するのがしばらく増えそうです。

役所と地元企業の連携なので、戸田市でもこのような試みが増えるといいですね。

戸田市の場合は、大きい倉庫がかなりあるので役所が民間会社に賃料を払って、
入札で太陽光発電設備を発注して、売電で設備償却する仕組みが出来ると、
地域連携が出来るかもしれないです。

お互い低コストでメリットが出るでしょう。




yosidadenkou at 21:47|PermalinkComments(0)太陽光発電他省エネ 

2012年12月18日

シーリングファン取付工事

画像2

先日竣工した現場に、シーリングファンを取付ました。

取付け高さも2.4メートル位で、斜め天井との差も大きくなく、
納まりが綺麗な、いい仕事が出来ました。

シーリングファンは空気の循環がメインですが、部屋の中で意匠的な
効果もありますね。

この機種は、回転方向が変えれるので夏場は暖かい空気を上に逃がし攪拌し、
冬場は暖房の暖かい空気を下に降ろして熱効率を高めます。

最近は大きさも色んな種類があり、照明器具と一体になっているタイプなど、
多様性があり面白いですね。

画像3


シーリングファンとダウンライトの納まりは、上の写真のようになりました。

設計士さんのいいセンスが良く出ています。

当社もいい仕事が出来ました。

吉田電工 URL http://www.yosida-denkou.co.jp/


yosidadenkou at 15:08|PermalinkComments(0)吉田電工について | 現場の様子

2012年12月17日

車海老の塩焼き

画像3


昨日は総選挙でした、結果はご存知の通りです。

景気回復にあらゆる政策を行い、増税を一年でも先送りして欲しいものです。

さて、昨日は嫁さんの誕生日でした、写真の車海老は沖縄久米島に住む従姉妹が
実家に送って貰い、我が家にも分けて貰ったものです。

調理方法が幾つか書いてありましたが、塩焼きに決定です。

画像4


因みにこの車海老生きたまま貰いました、子供に生きた海老を触らせて、

これからこの海老を焼いて食べるんだよ、皆他の生き物を食べないと生きては
いけないんだよ。と説明しました。

子供は解ったような、解らなかったような顔に
まだ小さいからちょっと難しかったかもしれないです。

そして、写真のように竹串で刺してグリルを温めてから一気に焼きます。

竹串刺しは初めてですが、結構上手く出来ました。

画像5


焼き上がりは写真のような色です。

盛り付けも嫁からアドバイスされて、美味しそうな出来栄えとなりました。

長男、次男とも食べて美味しかったようです。

海老さんありがとうと言いなさいと言うと、
二人共言ってました。
こういう事は少しづつ教えて行くのが、食育ですね。

画像1


画像2


嫁さんの誕生日に花束を買ってきました、ケーキは子供が喜ぶので、
用意したようです。
チーズケーキのスポンジでなかなかの味わいでした。

子供の頃食べたケーキは、スポンジがパサパサして甘ったるいだけの物が
多かったですが、今は味も良く顧客満足を追究しているのが良く理解出来ます。

そんな週末、日曜日でした。



yosidadenkou at 17:48|PermalinkComments(0)休日その他 | 手料理

2012年12月16日

日曜日の交通公園

画像1

今日は長男、次男二人連れて蕨にある交通公園に来てます。

冬の割には暖かい方なので、遊ばせにらきてる家族連れもパラパラといます。

長男も骨折の完治もそろそろなので、方自転車の補助輪付きをやめる練習をしないとですね。

正月休みにでも試してみますか。

これから、昼食でその後買い物して選挙に行く予定です。

投票がまだの方は、20時までには終わらせて貰えればと思います。


yosidadenkou at 12:46|PermalinkComments(0)休日その他 

2012年12月06日

2012年総選挙各政党中小企業政権マニフェストを抜粋しました。

2012年総選挙ですが、各政党の中小企業政策に関するマニフェストを抜粋して、
自分なりのコメントを入れてみました。

民主党マニフェストより  http://www.dpj.or.jp/global/downloads/manifesto2012.pdf

2.新しい競争力は、人と地域の中から

 4.我が国産業・雇用の基盤である中小企業を
  しっかりと支援する
 〇中小企業、ものづくり産業、地場産業の試作開発・設備投資
 などの支援、質の高い経営支援の提供、海外展開支援を強力に行う。
 ○2013年3月の金融円滑化法終了後も、万全の体制で中小企
 業の資金繰りを支援する。
 ○中小企業支援税制(事業承継税制、雇用促進税制等)を強化・
 改善する。
 ○政府系金融機関の中小企業に対する融資について、個人保証
 を撤廃する。
 ○連帯保証人制度について、廃止を含め、あり方を検討する。
民主党に関しては政府系金融の個人補償撤廃は評価出来ます。
中小企業企業憲章を閣議決定したのが、民主党政権だっただけにもう少し
内容深くマニフェストを作成して欲しかったですね。

自民党マニフェストより http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/j_file2012.pdf
   . 経済成長
  「日本経済再生本部」を新たな司令塔に
 「失われた国民所得50 兆円奪還プロジェク
 ト」を展開し、「縮小均衡の分配政策」から「成
 長による富の創出」への転換を図ります。
 デフレ・円高からの脱却を最優先に、名
 目3 % 以上の経済成長を達成します。

 50.中小企業の事業再編・転換への支援、  
  既存基幹・在来産業の底上げ

  国内の生産拠点の減少や国全体の購買力の減退による産
 業の空洞化、相次ぐ大企業の経営不振は、内需に依存してい
 る中小企業にとって死活問題です。また、大震災によってダメー
 ジを受けたサプライチェーンを修復するとともに、足腰の強い
 経営体を作るには、企業内のムダを取り除き、新規事業を開
 拓する必要があります。そのため、企業内の不採算部門を除
 去し、新部門を創設するための専門家との相談体制の強化、
 資金上の支援等を可能とする体制を整備します。オンリーワンな
 中小企業もさることながら、企業群を連携・組織化すること
 で経営資源を補い、企業の経営基盤を強化します。製造業や
 流通業といった在来産業の底上げもあわせて行います。
 さらに、全く新しい分野へ事業転換をする場合においても、
 短期的ではなく、中長期の展望が切り拓けるよう、事業転換
 から経営の安定(経営ノウハウ、商品開発、IT 化等)までトー
 タルな視点で支援できる体制を整備します。
 加えて、中小企業の経営基盤の強化を図るため、創業企業
 への税制上の支援措置や事業承継税制の適用要件の緩和、
 事業主報酬制度など中小企業関係税制の充実・強化を図り、
 中小企業の創業や個人事業主の活性化、事業承継を応援す
 るといった「創業・第二創業」を徹底して促進・支援すること
 により雇用増加に結び付けます。
自民党ですが、マニフェストの経済成長の中で25番目全体で50番目の公約と、
もう少し順番を上にしてもらい、内容をわかりやすくして欲しかったです。
ただし内容をよく読めば何をしたいかは解ります。


公明党マニフェストより  http://www.komei.or.jp/campaign/nipponsaiken/manifesto/policy04.php

6.競争力のある中小企業の育成
1. 中小企業への投資の促進

海外市場の情報提供や販路開拓支援などの海外展開支援、産学連携強化や研究開発促進、人材育成支援など中小企業政策の充実を図り、イノベーションを担う主体である中小企業に対する投資を促進します。

2. 企業の再チャレンジを支援

再生を検討する中小企業へのきめ細かな相談対応や再生計画の策定支援を強化。また、友好的な企業合併を推進するため、必要な資金調達の円滑化や資産査定費用・清算手続き等に対する補助など、企業の再チャレンジを支援します。

3. 中小企業の人材力を強化

中小企業の経営者や職業人を高校、大学など教育機関等に積極的に派遣し、中小企業の魅力を実感してもらう中小企業魅力PR支援制度を創設します。

公明党に関しては2012年政策集の中で中小企業に関する、政策が更に詳しく記載されてます。
こちらの政策集はより具体的で、これが実現できるとかなりの効が出るのが予想されます

http://www.komeito.com/campaign/nipponsaiken/manifesto/policy2012.php?page=result&cd=18

 
みんなの党アジェンダより http://www.your-party.jp/file/agenda201212.pdf 

1.規制改革、税制改革を駆使した未来を切り拓く経済成長戦略から
  地域密着型産業(医療・介護、福祉、子育て、家事支援、教育、農業等)を規制改革、
税制改革によって創出。地域を支える中小企業の活性化、競争力向上を支援するため「中
小企業憲章」及び「中小企業条例」を制定。農業分野では海外進出に向けた攻めの政策
を打ち出す。

2.日銀法を改正して早期にデフレから脱却から
  20兆円の中小企業向けローン債権に政府保証を付与した上で、証券化、地域型投信を促
進する。併せて、地域の産業再生のために、個別の企業価値を見極めた上で、地域密着
型金融を強化。中小企業の銀行からの長期借入金のDES(デット・エクイティー・スワッ
プ)のリスクウェイトをローン並みにする。

5.格差を固定しない、がんばれば報われる雇用・失業対策から
 Х糞て宛や中小企業の経営状況を見極めながら、最低賃金を段階的にアップ。雇用拡大
と子育て支援に効果を発揮するよう、残業割増賃金率を他先進国並みに引き上げ、サー
ビス残業の取締りを強化する。

9.脱“バラマキ”による公共事業で地域のインフラを整備から
公共事業入札への中堅・中小企業参入を促すため、民間金融機関が建設会社の経営審査
を行う「入札ボンド制」の導入を検討。下請け施工業者の実績に評価を加え、下請け業
者にも一般競争入札参加への途を開く。

みんなの党には同友会が推進してた、「中小企業憲章」が記載されてます。
いい所に目を付けました。
公共事業の下請け企業実績評価は実現すると、業界の構造が大きく変わる可能性があります。
前例主義も減っていくでしょう。
後面白かったのが、林業政策に力を入れている事です。
代表が栃木県なのが要因かもしれないです。



 日本維新の会
 http://j-ishin.jp/pdf/honebuto.pdf
 pdfデーターの文章抜粋がうまく出来ませんでした。
 政策実例の中から
 1.経済・財政を賢く強くするの中で経済政策が掲載されています。
 中小企業に対して、特に着目しているというより、競争原理を徹底したい政策のようです

社民党 マニフェスト http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/election/2012/data/manifesto121122_02.pdf
 
 4.地域の経済産業を活性化しますから
 2.中小企業
 1.中小企業憲章の理念で、中小企業予算・施策を拡充します
 ○「シンク・スモール・ファースト」(小企業を第一に考えよ)の理念をもとに、企業の99%を占
 め、雇用の7割を占める中小企業を「経済を牽引する力であり、社会の主役」と位置付けている「中
 小企業憲章」を国会で決議します。また、憲章と車の両輪である「中小企業振興条例」の制定を、
 各自治体に呼びかけます。さらに、憲章の内容を推進し、省庁横断的に取り組むために「中小企業
 支援会議」などを設置し、中小企業が活躍する場を増やし、活力ある地域経済社会を実現します。
 ○大企業優先の産業振興から独立し、中小企業の地位向上と政策の充実をはかるため「中小企業担当
 大臣」を設置します。
 ○中小企業基本法を改正し、中小企業の量的規定を細分化(中堅企業・中規模企業・小規模企業)す
 るとともに、中小企業対策予算を本予算の一般会計において倍増し、きめこまかい予算配分を実施
 します。
 ○公正な下請取引を実現するため、大企業による一方的な下請け単価の決定や不当廉売・優先的地位
 の濫用などの横暴を許さず、運用基準の監視・監督機能などを強化し、不当な利益を吐き出させる
 課徴金の導入を盛り込んだ下請法改正に取り組みます。また、公正取引委員会の下請け取引部門の
 権限を強化します。
 ○官公需法にもとづく中小企業向け発注枠の維持・増大と目標額の増額で、中小零細企業の受注機会
 の増大をはかります。
 ○各地域の実情に応じたきめ細かい雇用対策を実施できるよう、従来の緊急雇用創出事業等の拡充を
  含めた、正規雇用や長期的雇用につながる新たな雇用対策に係る交付金を創設します。
 ○中小企業向けの雇用調整助成金や地域雇用開発助成金を拡充し、支給額の増額、納付時期を早め、
 助成率を引き上げます。人材対策基金の拡充、中小企業雇用創出人材確保助成金の復活、事業承継
 円滑化予算を上積みします。
 ○キャリア形成助成金など教育訓練への助成制度の活用を柔軟化し、高専等活用中小企業人材育成事
 業は高校にも拡充、若年者安定雇用促進奨励金(トライアル雇用制度)の対象年齢と支給額の拡大、
 企業と求職者のマッチング支援を充実します。
 ○大企業の子会社による事業協同組合への加入が、地域の中小企業活動に悪影響を及ぼすおそれがあ
 ることから、加入を制限するなど中小企業等協同組合法の改正を検討します。
 2.中小企業への税制・金融サポートを強化します
 ○中小企業に対する法人税(所得800万円以下は15%)は、税率を11%に引き下げるとともに
 適用所得を1600万円に引き上げます。また人材投資促進税制を復活し、対象を社内研修やOJ
 Tにも拡大します。
 ○2013年3月末に終了が予定される中小企業金融円滑化法に関しては、資金繰り悪化・事業縮小
 ・倒産などの影響が予想されることから再延長を検討します。
 ○二重ローン対策は、事業・生活の再建、地域経済の再生、被災地の復旧・復興に貢献できるよう制
 度を改善します。
 ○民間金融機関による貸し渋り・貸し剥がしを厳しく監視、防止します。担保や個人保証主義から脱
 却し、将来性や地域性、環境重視による融資の促進など資金調達の多様化をはかります。
 ○日本版「地域再投資法」(金融アセスメント法)を創設し、民間金融機関に中小企業、NPO、ベ
 ンチャー企業、中低所得者層、女性などへの公正な融資を義務付けるとともに、金融機関の活動を
 評価し、地域雇用の創出、地場産業の育成、地域経済の活性化につなげます。
 ○日本政策金融公庫や商工中金など政府系金融の民営化を見直し、中小企業の拠りどころとなる公的
 な融資機能を強化します。セーフティネット貸付(日本政策公庫)の融資・返済条件を緩和、緊急
 保証制度(信用保証協会)は全業種に拡大、無担保・無保証枠を拡大、返済期間を緩和します。「信
 用補完制度」は保証料率を引き下げ、責任共有制度は、小口零細企業保証制度の上限引き上げなど
 見直します。
 ○地域の信用金庫・信用組合の健全な育成・発展をはかります。
 ○地域社会や福祉、環境保全に貢献しているNPOバンクについては、貸金業法による厳しい財産要
 件や指定信用情報機関制度の登録、運営などの諸規制を緩和します。市民活動を支え、社会に貢献
 する金融NPOを育成・支援します。
 社民党は中小企業憲章を国会決議するとの内容が記載されてます。前文に「シンク・スモール
 ・ファースト」など中小企業政策にかなり力を入れたいようです。

 日本共産党 http://www.jcp.or.jp/web_policy/data/2012_senkyo-seisaku.pdf
   ●賃下げ政策を転換し、最低賃金を大幅に引き上
 げます……時給1000 円以上に引き上げ、全国一
 律最低賃金制をつくり、「働く貧困層」をなくしま
 す。その際、中小企業への資金援助などの支援を強
 化します。公務員賃金の7.8%もの引き下げに反対
 します。
  ●中小企業と大企業の公正・公平な取引のルール
 を確立します……下請け取引を適正化し、「単価た
 たき」などの不公正な取引をやめさせます。独占禁
 止法を強化します。大型店の身勝手を許さないルー
 ルをつくります。
 ●中小企業予算を増やし、本格的な振興をすすめ
 ます……国の中小企業予算を1 兆円に増額し、技
 術開発、販路拡大、後継者育成、円滑な中小企業金
 融など、中小企業への支援を強化します。「日本の
 宝」、町工場を守るため、固定費補助などの緊急・
 直接支援を行います。生活密着型の公共事業への
 転換、地元企業への発注増を推進します。住宅リ
 フォーム助成を国の制度として創設します。公契約法
 ・条例を制定します。
 日本共産党に関しては、政策集で中小企業にかんする政策が詳しく書いてあります。 
 http://www.jcp.or.jp/web_policy/data/2012_senkyo-seisaku.pdf

日本未来の党  http://www.nippon-mirai.jp/promise/promise.pdf
国民の平均所得を引き上げるために、家計を圧迫する行政の規制・ムダを徹
底的になくすとともに、内発的経済の発展を促進します。それにより、デフレ脱
却と経済の再生を実現します。その結果、円高の是正や、税収の増加、財政
再建も可能になり、消費増税の必要がなくなります。
デフレ、個人所得の低下が続く中での増税は、ますます消費を冷え込ませ、中
小零細企業の倒産などを招きます。したがって、税収はかえって落ち込むこと
になります。この点からも増税法は凍結します。
震災復興の遅れ、復興予算のあきれた流用に象徴されるように、国民の視点
を失った中央の官僚が全てを決めて人々に押しつける仕組みは、人々に多大
な損害を与えています。官僚の暴走を止め、地域のことは地域で決める「地
域が主役の社会」を実現します。
日本は、自立と共生の理念の下で、自ら主張し信頼を築く外交を展開しなけれ
ばならず、独立国家としての責任に基づいた日米関係を構築しなければなりま
せん。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は、単なる自由貿易協定では
ありません。牛肉など食品の安全基準、医療保険などすべてをアメリカのルー
ルに合わせようというものです。だから交渉入りに反対です。
● 必要な財源は、特別会計の全面見直しをはじめとする政治改革、行財政改革、
地域主権改革によって捻出する。
● 業界・業種によって損税・益税が生ずるなどの現行消費税の欠陥を是正する。
中小企業政策に対して、具体的な記載はなかったようです。
消費税増税にスポットを当てて、そこでの中小零細企業の倒産が起きるのを
防ぐためにも、消費税増税凍結を第1に掲げているようです。

国民新党
http://www.kokumin.or.jp/ckfinder/userfiles/files/seisaku.pdf

新党改革
http://shintokaikaku.jp/wp-content/themes/shintokaikaku/pdf/shintokaikaku_manifest2012.pdf

新党日本
http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/nippon2012m.pdf

新党大地
http://www.daichi.gr.jp/images3/pdf/daichi_chikai.pdf

かなりの長文ブログとなりましたが、各政党の政策やマニフェストはホームページを
探せば、見つかりますそれを読めば何をしたい政党かわかると思うので、
内容を吟味して投票先を決めましょう。



yosidadenkou at 14:10|PermalinkComments(0)政治 経済 

2012年12月03日

福岡弾丸ツアー

画像1

12月2日3日と埼玉県電気工事工業組合浦和支部青年部会の、親睦旅行で
福岡に行ってきました。

朝4時半の蕨駅京浜東北線で出発して、6時半の羽田空港からの飛行機を乗り
8時半に福岡空港に到着です。

そのままバスに乗り、柳川に向けて出発です。

画像2

柳川ではライン下りです。この時期はこたつ完備の船となってます。

画像3

画像4

あいにく雨が降ってきましたが、8年前に行ったときと変わらない景色で
川を下っていきます。

画像7


画像6

途中で結婚式を挙げているカップルがいました。

ご結婚おめでとうございます。

画像8

画像9

この地は当時立花家が統治してて、江戸時代参勤交代をした地図がありました。

二つ上の写真の江戸へいくのに、上側のルートが中山道です。

中山道の宿場町に蕨市がありました。

今回の旅行は蕨で会社経営をされている方もいるので、

蕨市の所だけアップした、写真を撮影されてました。

画像10

柳川名物のせいろ蒸しのウナギです。

好みになりますが、焼いてる方が好きな方が多かったですね。

画像3

画像4

昼食終了後時間もあり、太宰府天満宮まで足を運びました。

学問の神様ということで、子供用に鉛筆を買ってきました。

ご覧のように、日曜日なので参拝で列が出来るくらいの混み方です。

受験生の参拝客もかなりいたでしょう。

画像6

博多に到着しました。

画像7

ホテルはキャナルシティに隣接されてた所を予約して宿泊です。

画像9

ラーメン一蘭のラーメンビル。

どんだけラーメン好きなのって感じですね。

画像12

宴会終了後川辺を歩きながら、ホテルに戻りました。

都市の真ん中に川があるのは、情緒があっていい感じです。

松江市もこんな感じで、いい雰囲気だったのを思いだしました。

画像13

画像15

画像16

画像18

キャナルシティではイルミネーションが始まってました。

これだけにイルミネーションだと、迫力があります。

ゆっくり散策しながらの撮影です。

家族連れやカップルも何組かいました。

画像20

翌朝6時に起床して、7時過ぎには福岡空港に到着8時の羽田行で
帰宅です。

画像21

機内で撮影した、富士山です。

Iphoneでも綺麗に撮影できた方ですね。

参加された会員の皆様、支部長様、お疲れ様でした。






yosidadenkou at 18:40|PermalinkComments(0)休日その他