2012年07月

2012年07月22日

中小企業政策はどのように変化するでしょうか?

29f0a15f.jpg






























今朝の日経新聞より紹介します。
上のグラフは、全国の企業数における中小企業、小規模企業の割合です。

日本の会社が421万3千社ある中で、中小零細企業の割合は420万1千社全体の
99.7%が占めています。

下のグラフでは、労働者の総人口の割合です。

中小零細企業の割合は全体の66.4%となってます。

かつての日本は、大企業が成長すればそれに合わせて中小零細企業が成長するのが
国の描いた成長モデルでした。

今や大手企業は海外に生産をチェンジしたり、大手電機メーカーは赤字に苦しむなど今や
どこの企業にスポットを当てて、成長を促していくかはだれの目から見ても明らかです。

政府は、中小企業向けに様々な政策(得に競争での公平さ)が求められます。

戸田市では中小企業振興条例が昨年4月から制定されているので、条例に合わせた
予算配分、制度設計などを企業家自身が声を上げて活用して成果を上げる事が必要です。

繰り返しになりますが、企業家自身が制度活用により「一定の成果を上げるよう
最大限努力していく事でしょう。

国や自治体は成果が上がるのが確認できれば、更なる予算配分や条件緩和などを
行っていくでしょう。

8f776a4e.jpg

こちらの記事は国土交通省が建設業下請け業者の、厚生年金加入率を増やす為
元請企業が下請け企業に厚生年金加入が可能な金額で発注するように、
通達文を出すとの記事でした。

この通達が出た経緯は、建設業労働者の厚生年金加入率が低く、国の年金保険支払いが
厳しさを増す中で、「厚生労働省が狙い撃ち」をした感じもあります。
(当社は厚生年金は加入済みです)

建設業労働者の厚生年金加入が増えない原因は、価格下落の問題もありますがそれ以外には
個人経営が多い、日給月給の制度会社が多い、福利厚生がしっかりした月収の安定収入より、
日当が高い給与制度を望む社員が多いなどの問題もあります。

大手企業は下請け業者が、厚生年金加入業者かを業者選定条件に加えていくとの情報も
あるので、加入率が増えるかもしれないです。

蟲氾津店で言えば、「一人工いくらで保険などは国保で」と社員を雇う形が、
この業界に若い人が入ってこない一番の要因と思っているので、
これを機に、加入業者が増えてくれればと考えます。

厚生年金は企業負担も大きいので、親会社との契約金額交渉で割り増しを求めて、
必ず認めてもらう必要性があります。

この動きの中で、数年後に建築業界に変化が見られる可能性があるので、
自分も情報を集めながらしっかり対応していきたいです。

yosidadenkou at 12:27|PermalinkComments(0)政治 経済 | 吉田電工について

2012年07月15日

今日は墓参り

95b0a10c.jpg

今日は家族で父の墓参りに行ってきました。

お墓は嵐山まであるので、気軽に行ける訳でもないので、行くのは新盆やお彼岸にどうしても偏ってしまいます。

三男が生まれてから、父に合わせてなかったので、まずは安心しました。

暑い中お墓掃除をして、花をいけてお線香をあげて家族や業務の報告をして、帰ってきましたよ。

そろそろお墓のクリーニングもした方がいいので、浦和地区会員の企業さんに依頼しようかと思っております。




yosidadenkou at 16:34|PermalinkComments(0)休日その他 

2012年07月09日

経営指針セミナー始まりました

e6903d21.jpg

b5de9b36.jpg

7月7日(土)より埼玉中小企業家同友会経営指針セミナーが始まりました。

高橋委員長の挨拶後、事例報告などが行われグループ討論へと移ります。

7月7日から理念編を3回、8月から決算書、マーケット分析、9月に戦略編
11月12月で計画書作成、経営指針成分化となって行きます。

今年もスタッフとして参加しますが、グループ長を務めるので、
受講者の方が話す内容をすぐに分析して、そこから議論が深まるようにしていきたいです。

土曜日のグループ討論では出来ないところもありました、

自分自身も今年は理念からすべて作り直して、指針書を作成していきたいと思ってます。

長丁場となりますが、「やるからには完成まで」の精神で頑張りたいです。

yosidadenkou at 18:01|PermalinkComments(0)同友会 | 吉田電工について

2012年07月08日

パエリア、ミネストローネ風ロールキャベツ、季節の果物のテリーヌ

f82bbf19.jpg

一度facebookで紹介した、パエリア、ミネストローネ風ロールキャベツ、季節の果物のテリーヌです。
パエリアは冷凍ではなく、生のイカとアサリ、ボイルしてあるエビを使いました。鍋を少し小さめにして、アサリを下茹でした煮汁で米を炊き上げて行きます。
芯が残ったパエリアにして、味のバランスを上手くいった仕上げとなりました。
ロールキャベツはトマトベースのミネストローネにロールキャベツをオーブンに入れて仕上げました。
味の染み込みを考えると、本当はもっと早い時間に煮込んで、いちど寝かした方が味がつきますね。(^O^)/
テリーヌはオレンジジュースをベースに、果物をたくさん入れて作りした。
パエリアは又作ってみたい料理ですね。

yosidadenkou at 16:37|PermalinkComments(0)手料理