2011年03月

2011年03月30日

経営革新

26e79e99.jpg








































今期前半は同友会で経営指針セミナーに参加をして、経営指針書を作成して、同時に経営革新承認も今月末に取得する事が出来ました。

承認作成までには、中小企業診断士である坂上様を初め、埼玉県庁担当職員の方にも大変お世話になりました。

承認書を取得しても、実行して成果を上げないといけないので、年度末も終わり少し腰を据えて取り組んで行きたいです。

経営革新テーマ

吉田電工 KMシステム(ナレッジマネジメントシステム)の構築〜激動の時代に向けて〜

これから、暗黙知をどれ位形式知に置き換えられるかの挑戦をして行きます。

yosidadenkou at 11:59|PermalinkComments(1)吉田電工について | 当社の自慢

2011年03月28日

中小企業の早期復興を

a3183726.jpg













宮城県気仙沼市の水産業にスポットを当てた、ニュースを見ていました。

被災地の経済、雇用、生活を支える中小企業の早期復興が望まれます。

政府はどんな支援をするのでしょうか?

この際、被災した企業に対して、無担保、無利息、保証金0円で貸付を行うのはもちろんですが、返済期間を12年から最大20年位思い切った事をやった頂きたいです。

貸付限度額は、被災前の売り上げから最大50%までとして欲しいですね。

中小企業を経営している方たちは、「恩義に感じて、それに応えてよう」と、攻撃的な事業展開をしてくれるはずです。

初めに有利な貸付を行って、利益が出たら法人税として返してもらえばいいです。(税率を少し上げても、構わないと思います。)

借金のプレッシャーより、事業者のモチベーションを上げる政策を出して行くことが、復興へのあしががりになるでしょう。

どうも世論では、国が多額の借金をするのを極度に怖がっている感じがします。

はたしてそうでしょうか?

前向きに物事が考えられずに、縮小していくのが帰って借金を増やしていくと思います。

東北の方たちを、ニュースで拝見しましたが、恩義に感じてそれに報いる気質を持った人たちが数多くいらっしゃると感じました。

国はそこに賭けて、思い切った政策を打ち出して欲しいです。

yosidadenkou at 23:47|PermalinkComments(0)東日本大震災 | 政治 経済

2011年03月27日

時限的暫定税率廃止、高速道路無料化を

復興に向けて、通常ではないスピードでの対応を被災者の方たちが求めています。

ここは、思い切って物流車両を限定して次元的高速道路全面無料化をするのもいい気がしてきました。

ガソリンの暫定税率廃止も、時限的でいいと思います。(期間は2年くらいがいいでしょう。)

いずれにしても、復興には政府や地方自治体が財政出動をしないのは、あきらかなので、逆に先に減税をして、物流コストを下げて国や自治体が、仕事を発注していけ結果的にはいい方向に向かう気がします。

景気対策にもなりますし、物流コストをおさえて、復興促進させるのも可能になっていくと思われます。

今NHKで討論をやっていますが(東北地方は車社会)、ガソリン暫定税率廃止により、被災者の方たちの生活側面しえんにもなると思います。

それと被災者の方たちに、早めに見舞金という形で現金給付をした方がいいですね。(当座100万位)

これらは政治決断で時限立法を作って、速やかに実行してもらえれば思います。

いずれにしても、前例が無いなら何でも思い切ってやるのが、国民に対してのメッセージになると思います。

補正予算は10兆円位でお願いしたいです。

赤字国債を大量発行するしかないです。




yosidadenkou at 14:27|PermalinkComments(2)東日本大震災 | 政治 経済

2011年03月25日

安全管理体制

保安院、東電に改善指示=作業員被ばく、再発防止徹底―復旧作業に影響・福島原発

時事通信 3月25日(金)7時54分配信


東日本大震災で深刻な状況が続く東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の復旧作業は、3号機のタービン建屋地下で24日に起きた作業員3人の被ばく事故の影響で、遅れる見通しとなった。経済産業省原子力安全・保安院は25日未明、東電に対し、再発防止のため直ちに放射線管理を改善するよう口頭で指示。東電は作業中に水にぬれたり、携帯用線量計が鳴ったりした場合には即時退避させるよう同原発の責任者に伝えた。
 作業員3人は、地下の水たまりに入ってケーブルを敷設中に大量に被ばく。うち2人が放射線によるやけどの疑いで福島県立医大病院に搬送された。25日に千葉市の放射線医学総合研究所に移り専門的な診療を受ける。
 東電の聞き取り調査によると、作業員らは現場に入って間もなく、全員の線量計のアラームが鳴ったが、誤報と思い作業を続けたという。
 原子力安全・保安院の西山英彦審議官は25日午前の記者会見で、原子炉内の燃料棒が損傷している可能性を指摘した上で「事前調査で作業環境を把握し、適切な装備で行ってほしい」と求めた。放射線管理員が同行しなかった点については「人数に限りがあり、作業員が自分で計測するのもやむを得ない」と述べた。
 復旧作業が再開できれば、東電は原子炉を安定して冷却するため、まず3号機に真水を送る作業を進める方針。敷地内の高台にはダムから真水が供給される原水タンクがあり、ポンプで隣のろ過水タンクに水がためられている。この水を各種ポンプを使うか、落差を利用して原子炉に送り込む。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000039-jij-soci

時事通信より転載

残念な事に、作業員の方3名が被爆してしまいました。

2名の方は、千葉に搬送されて更に治療を受けるとの事ですが、無事に退院する事を祈っています。

今回は安全対策が、充分でなかった為に起きた感じがします。

作業員の方は、東電の協力会社なので、本来は東電担当社員の立会と、経済産業省原子力保安院が、作業立会いと放射線濃度測定を一緒に行わなければいけない物です。

現場の問題を、現場の人間が解決するのは本筋ですが、作業員は冷静に状況確認を出来ない面もあり、監督員立会で作業を行わなければならなければいけません。(原発の事故なら必ずそうなるはず。)

それと、作業に入る前に、東電社員が服装と持ち物チェックをおこなって、チェックシートに記入をして、チェックシート記入内容を確認する人がいます。

それから、初めて現地に行くようにしなければならないと思います。

自分の会社でそこまでしてるかと言えば、そうでは無いですし、事故を起こした事が無いともいいません。

それと、緊急時や繁忙期になると、いつもは出来る事が出来なくなってしまうのは、良くある話です。

今回の作業内容は、いつも以上に慎重に対応して、無事に完成して欲しいと思っています。

冷静な作業分析や、チェック体制が必要なのを、改めて学びました。

自分も気をつけたいと思います。

冷却ポンプの復旧工事ですが、作業制限が更に厳しくなってしまい、しばらく時間が掛かるかもしれないです。

それでも最後はプロの技術者が、作業を成功させると思います。

yosidadenkou at 15:06|PermalinkComments(0)東日本大震災 | 吉田電工について

2011年03月23日

地震発生時はここの橋の上でした

yosidadenkou at 21:29|PermalinkComments(0)東日本大震災 | 吉田電工について

2011年03月21日

冷却水設備復旧工事

 

原発「冷温停止」に道 冷却装置復旧へ着手 二次被害防止に注力

産経新聞 3月21日(月)7時56分配信




東日本大震災による深刻な被害を受けた福島第1原子力発電所では2号機への電源接続が完了したのを受け、炉心や使用済み燃料貯蔵プールを冷やして安定した状態にする「冷温停止」に向けた作業が本格的に動き出した。3号機の原子炉格納容器の圧力が20日に一時上昇するなど不安定な状態が続いているが、漏電による爆発や火災など二次被害を防ぐため、着実に一歩ずつ進めていく。

【フォト】「僕はものすごく原子力に強い」菅首相、緊迫の7日間

 2号機では20日、東北電力の送電線からつないだケーブルで入り口の配電盤まで電気を流し、きちんと送電できることが確認できた。ここから施設や設備ごとに電気を流すため、配線や機器の点検を入念に進めた。漏電や火花で「充満している水素が爆発しかねない」(東電)ためだ。さらに回路がショートして機器が損傷する恐れもある。

 最初に復旧を目指すのは、建屋内の照明だ。窓もなく密閉された建屋は、原子炉をコントロールする中央制御室も真っ暗な状態にある。放射線量の上昇で常駐できない状態になっており、定期的に数値を確認する際も、懐中電灯による困難な作業を強いられてきた。照明が復旧すれば作業効率は格段に向上する。

 次のステップが、制御室の計測機器類の復旧だ。これまで必要最低限のデータを得るためにバッテリーで一部の計器を動かしていたが、「電圧が不安定で狂っている可能性があった」(東電)。復旧すれば、正確なデータを得られ、より早く具体的な対策がとれるようになる。

 最も重要なステップが、圧力容器内や使用済み燃料貯蔵プールの水を循環させる冷却システムの復旧だ。循環させるためのモーターやポンプは微弱な電気を流し正常に動くか点検する。故障があれば、修理や交換を行い、すでに交換用のポンプも一部用意している。

 問題は放射線量が高く作業ができない場所にあるポンプが故障していたり、交換の難しいパイプが損傷していたりした場合だ。

 中央制御室が復旧すれば、監視装置が警報を発するが、どこに損傷があるかは把握できないという。このため、「冷却システムを実際に動かしてみて、圧力などの数値から故障や損傷の場所を探っていく」(同)。修理や交換が困難だと、別系統のルートで代替するなどの対策を迫られ、復旧には時間がかかる。

 そして最後のステップが、循環している水をパイプの外から海水で冷やす熱交換システムの復旧だ。冷却用の水は、炉心やプールの燃料によってどんどん温度が上昇していく。このため、長い管状のパイプを通し外から海水で冷やす。海水も高温になるため、ポンプで海から循環させる。海水循環の設備は、海岸近くにあり、津波の被害を受けている可能性がある。ただ、震災時に停止中で原子炉に燃料が残っていた5、6号機で相次いで復旧し20日に冷温停止の状態になった。東電は1〜4号機でも海水循環設備の点検を急いでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000115-san-soci

産経新聞の記事から転載しました。

解り易く説明していますね、現時点では使える機器を調べながら、少しづつ復旧していって欲しいです。
原発の冷却シテテムだと、汎用品は余り使ってないで、特注品が数多くあるかもしれないですね。(ここはあくまで自分の想像です。)

全てのパーツが現地にストックしてあれば、問題ないのですが特注品をこれから、工場で作るという事態にならなければと思います。

一か所一か所丁寧に調べながら、機器交換をしていけばシステム自体は、必ず復旧するので周りが急かさずに我慢強く待ちましょう。

現場で作業されてる方達は、普段着た事もない防護服と決められた作業時間の中での工事となっているので、中々進みづらいと思いますが、今まで培った技術力で、何とか作業計画を達成して欲しいです。

今回の件でいろいろな事が言われてますが、現場での事は現場で働いている人、経験がある人、技術を持っている人がやらないと、目的は達成出来ない事が改めて解りました。

自分の会社も最後に頼れるのは、現場で作業をしてもらっている方達です。




yosidadenkou at 11:52|PermalinkComments(0)東日本大震災 

2011年03月19日

Jリーグとプロ野球と大相撲

スポーツ報知より転載

日本サッカー協会は18日、29日に大阪・長居スタジアムで行われる慈善試合、日本代表―JリーグTEAM AS ONE(Jリーグ選抜)の日本代表26人を発表。DF長友佑都(24)=インテル=、MF本田圭佑(24)=CSKAモスクワ=ら12人の海外組が選出された。日本協会の原博実技術委員長(52)は「W杯予選に向けた真剣勝負をしたい」と1試合にしては異例の大人数を招集し、ガチンコで挑む姿勢を示した。

 震災復興のチャリティーマッチとはいえ、ザック・ジャパンにお遊びムードは一切ない。アルベルト・ザッケローニ監督(57)は「これまでと同様に高いモチベーションを保ち、全力で試合に臨む。日本という素晴らしい国を代表するにふさわしい試合にしたい」とコメント。アジア杯の優勝メンバーは21人が名を連ね、海外組も12人というベストメンバーだ。

 当初はモンテネグロ、ニュージーランドと2試合を行う予定が1試合に変更。ニュージーランドにも“ドタキャン”を食らうなど状況は二転三転した。さらに国際Aマッチではなくなったため欧州クラブに選手供出の義務はないが、難色を示すクラブは出ていない。原技術委員長は18日までに欧州の12人と電話で連絡を取り、全員から出場を快諾する返事をもらった。長友は「喜んで帰ってきていいプレーを見せたい」と話したという。

 今年は9月からブラジルW杯予選が開始。貴重な強化の機会を無駄にしないため、選手は26日に大阪に集合して試合前日まで3日間のトレーニングを行う。1試合で26人もの大量招集は異例だが、故障者が出ても紅白戦を可能にするための措置。「いい勝負をすることが一番のチャリティーになると思います」と原技術委員長が話したように、アジア杯を超える試合内容を被災地に届けるつもりだ。


記事のURL
http://news.livedoor.com/article/detail/5426243/


地域密着が企業理念である、Jリーグでは3月中の開催はいち早く決定しました。現時点では電力不足と交通網の問題もあり、素早い対応だったと思います。

日本代表のチャリティーマッチも、外国チームがキャンセルしましたが、原発問題が完全収束に向かってない所では、普通の対応だと思います。

日本代表とJリーグ選抜のゲームは開催されるので、プロスポーツ選手にしか出来ない事もあるので、ピッチで体現して欲しいですね。

出来れば今年から始まる(確か秋口開催)、ワールドカップの予選ホームゲームを、ベガルタ仙台のユアテックスタジアムで開催出来るように、サッカー協会には考えて頂きたいです。

入場者は被災地の方のみで、料金は無料でお願いします。
事前に応募をして、当選した方を招待する形はどうでしょうか?
チャリティーマッチより、ワールドカップ出場を掛けたゲームの方が、復興の後押しになると思います。

プロ野球ですが、セリーグが25日開幕に向けて準備を進めているようです。(選手会の反対などまだ流動的ですが。)

自分が思うのは、どうしても開幕したいのならば計画停電が終わる4月末までは、停電が無い地域で限定して試合を行ってほしいですね。
それと野球に関しては、今や国民のNO1人気スポーツでは無いです。
だからどうしても見たいとは思わずに、25日開催を反対する世論が多い気がします。

首都圏でやる場合は、全てデーゲームにしないと賛成派、反対派双方が納得出来ない気がします。

選手会も開催延期だけでなく、試合数を減らしてその分年棒の一律カットを提言すれば、自体はいい方向に行くと思いますが、その意見はあまり聞きませんね。

何れにしても、ファンの支持がないと成り立たないビジネスなので、選手会、野球機構、オーナーが知恵を出して、問題解決当たって欲しいです。(この時期にストライキだけは最悪なので)


自分がプロスポーツで早く開催して欲しいのが、大相撲です。

八百長問題を早めに収束して、夏場所を両国ではなく東北地区で開催するのはどうでしょうか?
入場者は

相撲協会には、春場所中止になった名誉挽回をするのには、一番の近道だと思います。
こちらも巡業より、本割を開催するのに意義があると思います。




yosidadenkou at 15:34|PermalinkComments(0)東日本大震災 | スポーツ

2011年03月17日

地震後初の停電

42a15848.jpg
今日は寒い1日となり、電力消費量が多いので、夜7時から停電となっています。



外に出てみると、真っ暗闇となり、女性や子供がかなり怖がる気がします。




自分のパソコンがノートタイプでないので、今日は何も出来ないので、散らかった書類整理をして、社員の帰りを待っています。



皆さん信号がないので、安全運転で帰宅して下さい。


yosidadenkou at 19:15|PermalinkComments(0)携帯から 

2011年03月16日

道路が空いてました。

今日はいろいろと移動が多い一日でした。

地震発生後の、渋滞に比べたら道路は空いて走り易かったですね。

渋滞かな?と思うと2車線の半分が埋まっていて、スタンドの順番待ちの車が長い列を作っていました。

人間、全部あるより少し足りない方が、工夫をして先の事を考える事ができますね。

弊社でも、ガソリンが底を付きそうな車もありますが、社員が上手くシェアをして今週は何とか乗り切れそうです。

原発の方は、小康状態ですが、今日の枝野さんは落ち着いて対応してたので、悪い結果にはならない予感がしました。

現地作業員の方達が、任務を成功し家族の元に無事帰還が出来る事を祈ってます。

自分のブログですが、ここしばらくは地震での復興策や手順、そいて弊社がどう拘わるのかがいいかを、何日か書いて行こうと思います。



yosidadenkou at 21:45|PermalinkComments(0)東日本大震災 

2011年03月15日

ガソリンは2台分チャージ出来ました。

72946ff6.jpg













東日本大地震の影響で、ガソリン、食料品などの品不足が段々出てきました。

弊社でも、仕入先の電材屋さんやメーカーさんなどが、材料納入が遅れてくるなど、徐々に影響は出始めました。

震災で避難所生活をしてるや、亡くなってしまった方、救援を待っている方に比べたら、大した問題ではないですね。

今日は、弊社が利用させてもらっている、ガソリンスタンドの山共商事蠅気鵑把から並んで、2台分のみガソリンをチャージしてきました。

今日は10時半位には、完売したようです。

次に開店出来るのは、まだ未定との事でした。

不便さを味わうのも、いい経験でしょう。(ケセラセラです)

被災地でない我々は、しっかり労働をして、納税をしましょう。

それが、まず復興に近づく一歩です。

みなさん、食料品は買い過ぎないようにしましょうね。



yosidadenkou at 20:56|PermalinkComments(0)吉田電工について