2020年05月27日

負けるが勝ち

親しい先輩社長から良く言われます。

吉田さん相手を理論で打ち負かすのは簡単だよね。

でもねー社長は負けた方が良いよー

そうじゃないと本当の事を聞く機会を失うからね

俺もこの歳になって良く解ってきた^_^と言ってもらいます。

政治家や評論家や学者じゃないので相手を打ち負かすより、話を聞いた方が良いですね。

経営者はいじられてなんぼです。

それではまた


yosidadenkou at 13:06|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 同友会

2020年05月26日

固定費を確保しよう

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言も昨日解除になりました。徐々に経済も再開されますが通常のように戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。

当社も今月末で決算となり来季に向けて経営指針書つくりの真っ最中です。
来期のスローガンを決め行動目標を作っていきます。

最近会社のお金を考えたときに「固定費の確保」が財務安定、黒字経営を継続するのに重要だと改めて学んでおります。(まあ当たり前のことですが)

固定費には
1.人件費 
2.家賃などの賃借料 
3.福利厚生費 
4.リース代 
5.保険代 
6.税理士社労士の顧問料 
7.退職金 
8.確定拠出年金の会社負担分
9.借入金の利息
10.その他
などがあげられます

新型コロナウイルス発生後感染対策 各社資金繰りに動く中私はまず。
1.会社の現金(普通預金 定期預金)がいくらあるか再度確認
2.固定費が一年間いくらかかるか再度試算
3.緊急の借り入れが必要か判断
4.借り入れをする場合は繰り上げ返済が可能な借入金
と順番を決めて動きました。

企業は売り上げから変動費(材料費 外注費 燃料費 仕掛金の差異)を引いて固定費に当てます。
固定費から出た利益で賞与を払い、法人税を払い借入金を返済します。

毎月の固定費が確保出来るかが永続的に発展できるかのカギです。

工事会社の場合は売り上げのなかに必ず変動費が含まれます。この変動費で利益を大きくするレバレッジをかけれるかが重要です。現場内でコストダウンも図り工具や段取りをよくして生産性を上げるなど、やる事はたくさんありますが一つ一つ解決する積み重ねで大きな成果が生まれます。

一人で作業をするより数人で作業をする方が出来高か大きいです。
社内で出来ないことを外部に委託をして施工してもらえれば出来高は上がります。
受注現場で支給の材料を減らせば1件当たりの受注高は上がります。

顧客にいかに高い価値を与える事が出来るかで価格は決まります。
今後競合他社の研究も怠らず弱みを克服して価値に変える企業つくりをして行きます。

外出を控える中考えたり調べたりする時間が増えて計画を立てやすく社内に解りやすく説明することが出来そうです。

あーでも出かけてないから経済を回してはないなあ。自分の支払いは相手の所得です。これも忘れずに自分だけが良ければいいという考え方にならないようにします。

それではまた。
 


yosidadenkou at 10:43|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 政治 経済

2020年05月05日

手仕事の強み

皆さんこんにちは新型コロナウイルスの対応で各事業者の皆さん大変だと思います。

  いかなる環境におかれても「経営を維持発展させていく」取り組みをFacebook  ブログ You tubeなどでみており私自身も元気をいただいております。

現在「テレワーク」で在宅勤務をしている人、会議もアプリを使った「テレビ会議」が増えていっております。コロナが終息してもこの波は変わらないでしょう。

「テレワーク」や「テレビ会議」が増えると何が起こって行くのか考えてみました。

 

1.大きい事務所などが必要なくなる(今、計画中の新築大型物件を見直す動きが出ます)

2.貸し会議室などの需要が減る

3.テレワークが増えると、都内で住むより地方に住む人が増える(地域経済は発展する)

4.大型マンションなどの需要が減る(わざわざ家賃や分譲価格が高い所に住む人が減りそう)

5.駅前の飲食店より住宅地の飲食店が繁盛する(朝・昼は家で、夕飯を外食で)

6.景気後退により投資案件(マンション・アパート・テナント)などの件数が減る
7.テレビ会議室やライティングを工夫した部屋作りの提案が必要になる。
8.書斎付きの家に住みたい人が増える

などなど、人の価値観がここ数か月で大きく変わって来ています。当社にも少しずつ影響が出ます。受注案件も変わって行くでしょう。

 

例えば…

1)公共工事・インフラ整備関係の工事

2)在宅が増える事による法人顧客の設備投資案件(食品・生活必需品)

3)電気通信業

4)在宅でのセキュリティー対策工事

5)既存オフィスのリニューアル(新しい需要に向けて貸し出す方法を変える)

6)物流関係設備の仕事

 

当社の現場仕事はテレワークでは出来ないです。ここで、テレワークは誰にでも専門性が出ずらい仕事なのではと考えてました。

当社の行う「技術力」「人間力」を前面にだした“手仕事”“現場の最前線での仕事”は、これからも需要があります。技術職は覚えるまでに時間が掛かりますが、覚えれば「一生の力」です。それを束ねる組織体は「社会やお客様から高い評価」を得ます。今まで以上に新しい仕事にも取り組んで行き、技術力を強化して、「同業他社から一歩抜き出た会社」を目指します。

こんなことを妄想して実現に向けて新しい期をスタートします。

代表取締役 吉田雄亮



yosidadenkou at 12:02|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 大切なお客様

2020年01月06日

本日より本格的にスタートです。

1月6日月曜今年は4日土曜なので5日までお休み、今日から仕事始めの方が殆どだと思います。
当社でも4日に出た社員さんは何名かいましたが、実質今日からスタートです。
IMG_4100

スタートはお客様が主催する安全祈願からです。毎年協力会社の社長も集まり30名以上の人数で開催してます。
当社としても今年一年無事故無災害を達成できるように、祈願して参りました。
IMG_4103

IMG_4106

安全祈願の後は挨拶回りです。今日は合計7社回りました、お客様の今年にかける考えも聞くことが出来実りある挨拶回りとなりました。

明日は当社の安全祈願から賀詞交換会、夜は加須でプレ報告と移動が多い1日となります。


yosidadenkou at 18:25|PermalinkComments(0) 大切なお客様 | 吉田電工について

2020年01月05日

初打ち

IMG_4088

明日から実質の仕事始めです。今日は電気屋の社長さんたちと情報交流と親睦を兼ねた初打ちに大宮カントリーまで行って来ました。
 
兄の知り合いから会員を譲っていただき最近行ってなかったですが、今年はクラブの正式なハンディキャップが欲しいので、ここからゴルフの始動です。

IMG_4092


IMG_4091
IMG_4089

昨年の台風19号の影響でしばらくクローズしてましたが、昨年11月から元気に再スタートしてます。

バンカーはまだ修正中になっていたり、ラフに石などが入ってる場所もありますが、コースを回るのにそんな不備は感じなかったです。

IMG_4096

中にはこのように木が流されてる場所もありました、水の恐ろしさが良くわかります。

このコースは冬は風が強くなり、一打一打が難しいので河川敷のコースでも侮れません。

IMG_4095

くれないコースの9番ホールのポプラ並木です。ここが無事だったのは嬉しかったです。

スコアは又も105回

早く100切れるようにまずはパターからですね。

このゴルフ場は社員さんの対応が皆親切なので回っていて楽しいです。

今度は誰と行こうかなぁ^_^


yosidadenkou at 18:04|PermalinkComments(0) 大切なお客様 | 休日その他

2020年01月04日

1月2日腰越漁港

IMG_4054

IMG_4053
皆さん明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします!


さて、1月2日は朝3時から起きて釣りに行ってきました、釣りは昨年11月新木場に行って以来ですこの日は坊主だったので、新年からリベンジなるか?

場所は鎌倉市の腰越漁港東京湾を超えて、三浦海岸まで行きました。

早朝の漁港はこんな感じでいざ出発です。

IMG_4064

IMG_4065

出航してから始めは石鯛、カワハギ、真鯛などを中心に釣りを開始中々ヒットしなく、今日もダメかなぁっと思ったら小さな石鯛がヒット続いて、一緒に同行してくれた方も大きい石鯛 をヒット、長男も小さな真鯛をヒットです。

全員坊主を逃れて安堵しました。
漁師さんが言ってましたがこの時期は海水の温度が低くて、魚の動きが鈍く仕掛けの動かし方が大事だと言ってました。

私も始めたばかりで重りが下に着いてから、しゃくって巻いてオキアミを入れ換えるタイミングなど、釣りは結構奥が深いです。

IMG_4058

IMG_4066

長男もカメラを取りながら釣りをしながら大忙しです。以前は餌を自分でつけれなかったですが、今回は自分で出来るようになってました。子供は成長していきますね。

IMG_4068

場所を変え甘鯛釣りに変更です甘鯛は水深が80メートル前後となり、重りを下に着けたら50センチくらいあげて、釣ります始めは当たりも良く分からなかったですが、甘鯛を2匹、ガンゾウヒラメ1匹、小さい鯛を1匹、後もう1匹釣りました。

長男も甘鯛を1匹釣りました。
甘鯛釣りは難しい分当たりが来ると嬉しい釣りです。

IMG_4069

この日の釣果です。

帰り際に漁港の方からイナダがいっぱい取れたので、あげるといわれ7匹頂いてきました。

嬉しいお年玉です。^_^

朝3時から自宅に戻ったのは16時と長い時間をかけての釣りですが釣果があれば楽しい一日になりますね。

奥さんには朝起こさないなら又言っても良いと言われたので、子供を連れて行く時は段取りしっかりしないとですね。




yosidadenkou at 17:09|PermalinkComments(0) 休日その他 

2019年12月31日

今年一年お世話になりました。

2019年12月31日明日より2020年となります。

今年一年も色々と出来事がありました。

世の中では災害が多い一年でした。


台風19号では戸田市は彩湖が荒川の氾濫を防ぎ災害対策の重要性が再度認識されました。

IMG_3310

私自身は3月にホーチミンに行きました。海外に行くのは2010年依頼です。IMG_2023

IMG_1957

IMG_2019

すさまじい成長をする国の力を実感しました。人手不足や海外に進出できるヒントがあればと
思っての訪越です。現地で日本法人や日本語学校など様々な学びや刺激がありました。

海外に行くと自分がいかに小さい存在で、周りの人に感謝の気持ちが生まれると現地で会計事務所を経営
する日本人経営者に教わりました。

IMG_2562

今年は桶川高校の課題解決型授業の講師として1年生のクラスを担当しました。

当社の課題を半年かけて学生が考えプランを作成します。

高校の教壇で話すのは初めての経験ですが、無事に授業を終えて安堵してます。

教壇に立つのは6月、9月、1月の三回です1月16日のクラス発表会で各班どんな、プレゼンをするか
今から楽しみです。

高校の教壇はこれ以外に6月鳩ケ谷高校で話をしてきました。

IMG_3032

学校関係では中学生の社会体験で2名3日間、工業高校の2年生2名を3日間預かりました。
電気工事を中小企業を知ってもらうように取り組んでます。
来年は大学のインターンも始める予定です。
採用だけでなく今の若い人の思考を学ぶためにも重要な取り組みです。

IMG_2617

経営指針発表会は3回目となりました。毎年更新しながらより良い会社作りをして行きます。
社内向けに私の活動を知らせる「社長通信」も6月からスタート、社員さんが興味を持ってもらえるような
記事を作成して行きます。

IMG_2684

今期新分野として2級電気通信施工管理士の試験に挑戦しました。筆記試験は合格し実技試験の結果は
2020年3月となります。合格の暁には電気通信の建設業許可を取り公共工事の入札に参加をします。
東京オリンピック終了後にも「5%の新規性」を念頭にリスク分散をして行きます。

IMG_3062

9月には初めて男子ゴルフのトーナメントを見に行きました、プロのショットは距離や方向性だけでなく
打感が全く違いました。アマが参考になるレベルではなかったです。

IMG_3491

同友会では埼玉県全県経営研究集会の実行委員長を初めて務めました。
481名と過去最大級の登録を頂き政界となりました、実行委員会一人一人の尽力のおかげです。
改めて感謝申し上げます。

その他全国大会は「東京の定時総会」「滋賀の障全交」「岡山の社員教育大会」に参加分科会、全体会以外にも地元中小企業を視察して「経営のヒント」を少しでも持ち帰られる活動をしました。

俯瞰して先の事に時間を作れるかで「会社の未来」は決まって行きます。

その他にも「社内評価制度」のスタート「電気関係の展示会視察」なども行い、社員さんが安心して働ける
にはどうするかを「行動規範」として1年間を過ごしました。

2020年も建築業界は「人手不足」は変わらないですが、2020年秋以降は少し様子も変わり「中途採用」「協力会社増」など何かしらの策が打てると思います。

今「建築業界」に求められるのは「働きやすさ」「魅力の発信」「未来への展望」です。ここ数年社会保険加入などの「福利厚生」に関して待遇改善が進みましたが来年以降は「時短」を業界全体で行えるかがテーマになります。「全体朝礼」や「KYミーティング」「昼の打ち合わせ」「夕方からの業者間うち合わせ」など会議や情報共有の時間を簡素化させて、AIによる作業効率を上げ「生産性」を上げて時短による単価アップを数多く導入出来る、
企業に人が集まり「スケールメリット」が出て成長して行きます。

現在の社内に目配せしながら先に目を向ける両方を行う事で未来が拓けます。
来年50歳と一区切りとなり成長だけなく未来を見据えて承継の為に人材育成をして行く事が、私の経営者の責任になると思います。

後悔は
IMG_1520

今年も100切りならずでしたやっぱセンスがないです。
来年こそはベスグロ出します。

IMG_4023

IMG_4024

好きなお店だったナインポイントも年内で閉店となりましたこのお店で様々な出会いと経営者としての議論を経て学びがありました。関係者の皆さんありがとうございます。

IMG_1496

現在15時あと9時間で2020年となります、今年一年お世話になりました来年を人を生かす経営以上に
「人がかがやく経営の総合実践」の為残りの経営者人生を捧げる所存です。

皆さんもよいお年をお迎え下さい。




yosidadenkou at 15:01|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 同友会

2019年12月23日

建設業界の未来



「建設
2030サミット」

先週は121816時からお客様との打ち合わせ終了後渋谷でユニオンテック株式会社が主催されてる「建設2030サミット」に参加して来ました。

ユニオンテックさんが協賛企業を募り1日討論会や展示会、ビジネスマッチングを行うイベントで2030年の建築業界のある姿を、参加者と考えるイベントでした。

IMG_3987

 

展示会場では現場管理ソフト、職人の技能大会、上の写真のようなデザイン性に優れた作業服など、建築業界をいかに発信しカッコよく働ける業界かを知ってもらう物が数多く展示されてました。

IMG_3988

IMG_3993

IMG_3989

IMG_3991


パネルディスカッションでは経営者だけでなく女性の大工工事を行っている人も参加をして盛り上げてました。上から3番目のの写真で建設市場はここ数年拡大をしてますが、

下の写真では建設業の従事者数が減り続けている事が解ります。

そこで作業着のブランドをユニオンテックの社長が自ら立ち上げたそうです。これからいかに魅せるかが、業界を盛り上げるキーワードになりそうです。

そこには多様性のある雇用が企業に求められます。

当社も業務を標準化して解りやすくして、今の社員さんこれから入社する社員さんが働きやすい職場作りを進めて行きます。

そして建築現場でもAIを駆使したロボット化が進んで来てます。

大手ゼネコンでは開発が進み様々な建築ロボットが出て来て現場で活用されてます

IMG_3995

これはボードを貼るロボットですロボットが膝を曲げて下の胴縁までボードを貼る動画でした。

今は開発費が高いですが今後は値段も下がっていき、日本中でこういう姿が見れるようになるそれが2030年位だろうとパネラーが予測をしてました。

今後の現場職人さんは最新のテクノロジーを駆使して、「ITエンジニア」として

今よりも更に「スマートにカッコイイ」姿で働く時代が訪れると思います。

私自身も常に新しい事に挑戦したいのと今の社員さんがもっと輝けるように、このような情報収集活動を続けたいです。

IMG_4002

帰り際にお客様と記念写真を撮りました。ユニオンテックさんは入社の競争倍率が高く、お客様がいかに優秀かも改めて理解が出来た展示会視察でした。現場管理ソフトは年明けにデモを何社か行い良いものがあれば、採用して業務効率化と見える化を図って行きます。

下のURLが建築ロボットの開発している状況を知らせるURLです

https://kensetsu-gyokai.com/kessokurobot/



yosidadenkou at 11:08|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 現場の様子

2019年12月02日

地元で雇用

皆さんおはようございます!冬本番となっております各自風邪などひかないように体調管理を十分にしてくださいよろしくお願いします。

先週、先々週と会社を空ける事が多かったですが、大きいトラブルなく実務をこなしてもらいありがとうございます。

先々週は「戸田市中小企業振興会議」に出席「コレワーク」の勉強と登録の準備、先週は岡山から香川に移動をして社員教育全国研修会と香川では10年ビジョンの研究、香川の地域経済を支える中小企業を視察して来ました。

IMG_3775

IMG_3774

戸田市中小企業振興会議は今年より参加をしてます。戸田市は人口が増えていて若い人が多く財務健全度も高い市です、子育て世代がマンションや住宅を購入する方が多いので、地元に住む子供たちを地元の中小業に働いて貰える政策を建ててはどうですかと、提案をしました。

地方自治体は人口減が深刻な地域が多いですが、人口が増える地域こそ若い人が地元中小企業で働きたくなる会社が多いほど活性化をします。

来年から「CSR(企業の社会的責任)認証制度」が戸田市でもスタートする予定です。来年制度がスタートすれば認証取得に向けて準備をします。取得により会社の知名度も上がり採用しやすい状況が生まれる確率が上がるので、その際はご協力をお願いします。

IMG_3821

112829日の午前中は岡山に行ってきました社員教育活動全国研修として、全国の中小企業経営者と交流してきました。

働く事は「生きがい・働きがい」を持つこと「かい」の中に苦労や努力や目標に向かい達成する意味があるそうです。私自身もまず社員さんの話をしっかり聞く事をしてから、自分の考え方を伝えるようにこれからも心がけます。

 

29日の午後から列車で移動をして瀬戸大橋を渡り香川に行きました。

香川同友会の地元経営者が地元を活性化するかに奮闘してます。


IMG_3828


IMG_3829

こちらは徳武産業さんです足がむくんだりして左右足の大きさが違っていても、別々の大きさの靴を販売するなど利用者の目線に建った経営をしており、「日本で大切にしたい会社」にも紹介されています。

靴をファッションではなく「健康に歩く」を第一に考えたお店作りでした。

IMG_3852

IMG_3854

IMG_3853

こちらは香川の若手不動産経営者が海岸沿いの空き家を利用して、「民泊」を作った家です。地方に少しでも人が集い活性化するかを考えた取り組みです。

IMG_3846

こちらも農業を経営する若手経営者が牛乳からアイスやチーズを作りチーズからピザ作りをして、レストランをしてます。

IMG_3856

IMG_3857

お店は古い住宅を改装して若い人向けにお店作りを行っています。

隣接するイチゴ狩りとで「地産地消」を行い観光客は年間4万人が訪れるそうです。働いてる人も若い人が多かったです。

人がいてこその地域作りでした。

沢山の刺激を貰った2週間でした年末に向けてモチベーションアップをして頑張ります。



yosidadenkou at 13:02|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 同友会

2019年11月06日

ベトナムハノイ視察


皆さんおはようございます!
気温が下がり朝布団から出るのをもう少し長くしたい季節となって来ました。111日〜115日までベトナムハノイに行って来ました。以前からベトナム進出をしているお客様の会社を視察したいと仲間の経営者と話していましたが、今回やっと実現しました。

初日から3日間は観光やゴルフなどを行いました。現地法人さんの代表と

交流を深める事により、関係性の強化も同時に行うのも旅の目的です。又日本から同行した協力会社の代表者、お客様の入社10年以上の社員さんとも色々話をしてみたかったです。仕事以外で他社の社員さんのお話を聞く機会は少ないです。

IMG_3601

 

IMG_3604

 

ベトナムハノイで現地法人を立ち上げ8年がたつそうです、現在は日本人スタッフだけでなく現地の人も採用してました。その中の二人のベトナム人は日本で一定期間研修をして現地法人で働いて貰っているそうです。

日本で人材育成を行い、現地で法人会社を設立し日本のビジネスモデルを輸出する。実際には考え方の違いやお客様の意向、働く人の意識などで上手く進まない事もあると聞きました。現在は現地中小企業向けに新しいサービスを展開する為に、開発を進めているそうです。


お客様現地法人視察後に国内大手計装会社の現場を見て来ました。ベトナムでは自動制御だけでなく設備、電気、弱電、計装を全て発注するスタイルだそうです。今回の上記のような受注で設備、電気、弱電などは現地の会社に発注をしてました。

IMG_3606

IMG_3608

建築の運搬用エレベーターです。日本では建物に向かって平行ですが羽だし垂直に取り付けてます。建物本体柱スラブは鉄筋コンクリートで界壁などの間仕切りはレンガを使ってました。躯体構造も日本よりは質素です。

ベトナムは地震が無いので耐震基準も低いので、柱なども細い作りでした。現在建築ラッシュで高度成長期の日本もこんな感じだったのかなあと思います。

 IMG_3609

IMG_3612 (1)

IMG_3613

IMG_3614


天井裏はありますが塩ビ配管をしてIV線の施工でした、共用廊下は共通ダクトを使ってます。

又壁のボックスはレンガを斫り配管とボックスを埋めています。

IMG_3623

 

ボックスの塗代は正方形でしたやはり各国で基準があります

配線器具も長方形ではなく正方形でした仕上げはすっきりとしたデザインでした。

 

IMG_3619

IMG_3620

現地の電気工事屋さんですダクト内の配線工事を行ってました。腰道具はしてなかったです、脚立のデザインも日本とは違いますね。

電工さんの1か月の給与は日本よりかなり抑えられてます。現場作業より現場管理の人はもう少し待遇が良いと聞きました。

日本で電気工事を覚えて国内の電工さんや代理人より高い技術で良い給与がもらえるような、「日本育ち電気屋ブランド」のようなものが出来れば、多くの外国の若者が日本で働きにきてくれて「人手不足」の解消になると思います。現場の安全面は日本の方が上でした各国でお客様の求める物が違ってきます。いかにニーズに合わせて高い評価を得るか企業として価値の提供が高くなる事により良い金額で受注が出来ます。

 IMG_3632

 

IMG_3660

 

海外に行くと食事 考え方 物価など様々な事の違いが解ります。自分自身を見つめ直す良い機会です。今後年に1回か2回は行くようにしたいです。

 

                                代表取締役 吉田雄亮

yosidadenkou at 10:26|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 大切なお客様