2020年06月23日

仕上げの美しさ

当社の経営理念の経営姿勢(科学性)として


プロの工事会社として、納まりと仕上げの美しさにこだわり続け、技術力の向上を目指します

があります。

この理念を作ったのは2010年8月もう少しで10年がたちます。

先日の経営指針全体会議で「納まりと仕上げは同じ意味ではないですか?」との意見がありました。

今までそういう意見を言われたことはなかったです。

皆さんはどう思いますか?

IMG_6695

この写真は照明器具を取り付けた写真曲がってなく取りついてますね。

ここまで行くには過程があります。

IMG_6641

現場の場所は違いますがコンクリートの壁にBOXが入ってます。

BOXが曲がってついていると仕上げの美しさは完成しません。

私は経営理念を作った際顧客に対する姿勢として「隠ぺい(見えなくなる)部分こそきれいに仕事をする」
と書きました。

電気工事で言うと「天井裏」「間仕切り壁」「コンクリートの壁や床」などです。

仕上げの美しさをお客様に提供するにはそれまでの工程が「納まる」事ができていないと
仕上げの美しさに到達しません。

なので当社では「納まりと仕上げの美しさ」両方求める電気工事会社を目指し常に技術向上
を怠りません。

この理念にはもう一つの意味があります。
工事をしてる人にとって「良い仕事をしてる」と言ってもらえるのが一番です。

この良い仕事を表現するのに「納まりと仕上げの美しさ」を使いました。

今日はここまで それではまた



yosidadenkou at 17:49|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 現場の様子

2020年06月22日

6月19日は経営指針全体会議

皆さんおはようございます。6月19日は第32期経営指針書全体会議でした
冒頭専務から経営理念の深堀。10年ビジョン、経営方針、経営計画までを総合的にまとめたのものが「経営指針書」の説明があり内容は完璧でした。埼玉同友会では経営指針書を会員が作成する事を奨励してますが、ここまで完璧に解りやすく説明できる会員はあまりいません。意識の高さを感じました。
IMG_5374

強み 弱みでは様々意見がでましたが強みは継続弱みは克服しながら「価値」に変えていけば成果が上がります。成果は社内に還元すれば良いだけです。
IMG_5377

今まで全体で話し合うことより仕事での売り上げを重視してました。
しかし立ち止まり足元を見直し体制を作れば時間がかかっても強い経営体質になります。

意見が出るだけでなく意見を取り入れて実践をする。

実践の成果を社内で報告する。

更に改善したい意見が出る。

また取り入れて成果を報告する。

言っても会社が変わらないなら意見は出なくなります。

同友会の労使見解にも「社内で今出来る事、時間をかけて行う事」などをはっきりさせるように書いて
あります。

「行動の責任は社員 結果の責任は社長」です

社内の風通しだけでなく課題を解決する意識を上げて企業作りを行います。



yosidadenkou at 11:00|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 同友会

2020年06月16日

ベクトルを合わせる

会社が進む方向を矢印に考えると「ベクトル」になりますね。

進んでいく力は年齢、経験、技術、性格などでそれぞれ違いがあります。

しかし方向性が一緒なら力が合わさるので推進力が増します。

一人一人の「個の力」を高めながら方向性を同じにするのが大事ですね。

ここで考え方に賛同しながら一人一人が「言われた事だけをする」だけでなく「自ら貢献できる事は何か」を
考えて納得して行動をするとさらに成果が出ます。

経営者はその場作りと「責任の取り方」を明確にすれば良いでしょう。

価値判断基準の納得性が大事ですね。

なんでも言われた事をそのまま鵜呑みにせずに「会社としてはこういう価値観だけどそれでも大丈夫ですか?」
と問いかける勇気も経営者には要求されます。

それではまた。




yosidadenkou at 16:57|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 現場の様子

2020年06月13日

成果を最大化にするには

5月31日に株式会社吉田電工第31期が終了しました。

前期の総括や課題抽出も終わり今期の経営指針書も最終段階になってきました。


会社なので毎年成果が欲しいですね。


ところで成果ってなんでしょうか?


「売上 利益 採用 人材育成 評価制度導入 新事業 顧客数 新支店・・・・・・」

あげたらきりがないです。

全部やろうとするとどうなるでしょうか?

「あー何も出来なっかたこれなら普通に仕事してたほうがいいや」となりますね。

これが社内で「今年はまずこれから行う次はこれ、その次これ」と決めていけばどうでしょうか?

少しずつでも結果が出てそれの積み重ねで1年経てば大きな成果となりそうです。

課題を解決すると新たな課題ができます。

同じ課題解決を行いながら課題の内容が進化する会社作りをしていきます。

任して見守りフォローができる経営者に私も変わらないとですね。

それではまた。


yosidadenkou at 14:23|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 現場の様子

2020年05月31日

イトーヨーカドー蕨錦町店閉店

IMG_5263

イトーヨーカドー蕨錦町店本日で閉店で16年半自宅から近くて買い物にも良く行きました。

IMG_5267

IMG_5266
IMG_5265
IMG_5268
IMG_5270


閉店30分前に家族め見に行きました、閉店間際で食料品コーナーは売り尽くしです。

手料理を始めてから日曜日の午後は買い物に行って食材仕入れて料理をしてと、そんな日はいつもイトーヨーカドーにお世話になりました。

閉店は残念ですが次はヤオコーが入るそうなので、開店したらまた利用すれば良いでしょう。

IMG_5285

閉店で店長さんから最後のご挨拶です。

IMG_5289

新型コロナウイルスの影響で閉店セレモニーが出来なかったのは残念でした。

IMG_5293

今は不況の真っ只中なのでこの閉店でどれだけの雇用がなくなり再雇用があるのかは気がかりです。

できれば後数ヶ月閉店を伸ばして雇用の維持はして欲しかったです。

まあ前向きに行きましょう。

お世話になりましたありがとうございました。

それではまた


yosidadenkou at 19:40|PermalinkComments(1) 休日その他 

2020年05月29日

打ちっぱなし

IMG_5262
練習行ってきました。

こっちはいつまで経ってもですね。
 
社内で書類作成ばっかりしてたから気分転換になりました。

明日からまた頑張ります

それではまた


yosidadenkou at 21:25|PermalinkComments(0) スポーツ | 休日その他

2020年05月28日

業務をしているのか先に向けての仕事なのか

午前中は社員さんと現場調査


現場で調べて考えてプラン作って提案して受注できるサイクルは楽しいですね。


んーでもこれが社長の仕事なのか考えてみました。


どうしても暇になると業務や作業したがる自分がいます。



本当は先の事をしないと行けないのですが。



そういえば前社員さんに業務やりすぎだと言われました。



先行き不透明なら益々先の事を考えて動かないと




と言いながら午後も現場で調査です




ここに経営者の自己改革が必要ですね。




今日はここまでそれではまた


yosidadenkou at 12:05|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 現場の様子

2020年05月27日

負けるが勝ち

親しい先輩社長から良く言われます。

吉田さん相手を理論で打ち負かすのは簡単だよね。

でもねー社長は負けた方が良いよー

そうじゃないと本当の事を聞く機会を失うからね

俺もこの歳になって良く解ってきた^_^と言ってもらいます。

政治家や評論家や学者じゃないので相手を打ち負かすより、話を聞いた方が良いですね。

経営者はいじられてなんぼです。

それではまた


yosidadenkou at 13:06|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 同友会

2020年05月26日

固定費を確保しよう

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言も昨日解除になりました。徐々に経済も再開されますが通常のように戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。

当社も今月末で決算となり来季に向けて経営指針書つくりの真っ最中です。
来期のスローガンを決め行動目標を作っていきます。

最近会社のお金を考えたときに「固定費の確保」が財務安定、黒字経営を継続するのに重要だと改めて学んでおります。(まあ当たり前のことですが)

固定費には
1.人件費 
2.家賃などの賃借料 
3.福利厚生費 
4.リース代 
5.保険代 
6.税理士社労士の顧問料 
7.退職金 
8.確定拠出年金の会社負担分
9.借入金の利息
10.その他
などがあげられます

新型コロナウイルス発生後感染対策 各社資金繰りに動く中私はまず。
1.会社の現金(普通預金 定期預金)がいくらあるか再度確認
2.固定費が一年間いくらかかるか再度試算
3.緊急の借り入れが必要か判断
4.借り入れをする場合は繰り上げ返済が可能な借入金
と順番を決めて動きました。

企業は売り上げから変動費(材料費 外注費 燃料費 仕掛金の差異)を引いて固定費に当てます。
固定費から出た利益で賞与を払い、法人税を払い借入金を返済します。

毎月の固定費が確保出来るかが永続的に発展できるかのカギです。

工事会社の場合は売り上げのなかに必ず変動費が含まれます。この変動費で利益を大きくするレバレッジをかけれるかが重要です。現場内でコストダウンも図り工具や段取りをよくして生産性を上げるなど、やる事はたくさんありますが一つ一つ解決する積み重ねで大きな成果が生まれます。

一人で作業をするより数人で作業をする方が出来高か大きいです。
社内で出来ないことを外部に委託をして施工してもらえれば出来高は上がります。
受注現場で支給の材料を減らせば1件当たりの受注高は上がります。

顧客にいかに高い価値を与える事が出来るかで価格は決まります。
今後競合他社の研究も怠らず弱みを克服して価値に変える企業つくりをして行きます。

外出を控える中考えたり調べたりする時間が増えて計画を立てやすく社内に解りやすく説明することが出来そうです。

あーでも出かけてないから経済を回してはないなあ。自分の支払いは相手の所得です。これも忘れずに自分だけが良ければいいという考え方にならないようにします。

それではまた。
 


yosidadenkou at 10:43|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 政治 経済

2020年05月05日

手仕事の強み

皆さんこんにちは新型コロナウイルスの対応で各事業者の皆さん大変だと思います。

  いかなる環境におかれても「経営を維持発展させていく」取り組みをFacebook  ブログ You tubeなどでみており私自身も元気をいただいております。

現在「テレワーク」で在宅勤務をしている人、会議もアプリを使った「テレビ会議」が増えていっております。コロナが終息してもこの波は変わらないでしょう。

「テレワーク」や「テレビ会議」が増えると何が起こって行くのか考えてみました。

 

1.大きい事務所などが必要なくなる(今、計画中の新築大型物件を見直す動きが出ます)

2.貸し会議室などの需要が減る

3.テレワークが増えると、都内で住むより地方に住む人が増える(地域経済は発展する)

4.大型マンションなどの需要が減る(わざわざ家賃や分譲価格が高い所に住む人が減りそう)

5.駅前の飲食店より住宅地の飲食店が繁盛する(朝・昼は家で、夕飯を外食で)

6.景気後退により投資案件(マンション・アパート・テナント)などの件数が減る
7.テレビ会議室やライティングを工夫した部屋作りの提案が必要になる。
8.書斎付きの家に住みたい人が増える

などなど、人の価値観がここ数か月で大きく変わって来ています。当社にも少しずつ影響が出ます。受注案件も変わって行くでしょう。

 

例えば…

1)公共工事・インフラ整備関係の工事

2)在宅が増える事による法人顧客の設備投資案件(食品・生活必需品)

3)電気通信業

4)在宅でのセキュリティー対策工事

5)既存オフィスのリニューアル(新しい需要に向けて貸し出す方法を変える)

6)物流関係設備の仕事

 

当社の現場仕事はテレワークでは出来ないです。ここで、テレワークは誰にでも専門性が出ずらい仕事なのではと考えてました。

当社の行う「技術力」「人間力」を前面にだした“手仕事”“現場の最前線での仕事”は、これからも需要があります。技術職は覚えるまでに時間が掛かりますが、覚えれば「一生の力」です。それを束ねる組織体は「社会やお客様から高い評価」を得ます。今まで以上に新しい仕事にも取り組んで行き、技術力を強化して、「同業他社から一歩抜き出た会社」を目指します。

こんなことを妄想して実現に向けて新しい期をスタートします。

代表取締役 吉田雄亮



yosidadenkou at 12:02|PermalinkComments(0) 吉田電工について | 大切なお客様